TRPGダブルクロスのススメ

モンハンじゃないよ

【18.5.21更新4体】エフェクトアーカイブ環境で使える、基本ルールキャラ@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20180522141620j:plain



「基本ルールブックしかない人でも、エフェクトアーカイブを使っているセッションに参加できるようにしたい。」

 

 というわけで、

 

 エフェクトアーカイブで性能変更を受けたエフェクトを使わずに、実用性が高いキャラクターを考えてみます。

 コンストラクションです。

 

 

 一つ前の記事↓で、ルールブック1と2の中から、変更のあったエフェクトを洗い出しました。

caunserahomare.hatenablog.com

 

 これらのエフェクトを使わずに、キャラクターデータをビルドしていきます。

 

 

 

◆◆このレギュレーションの特徴◆◆

 

▼基軸エフェクトが抜けた、支援タイプとガードタイプはビルドが難しいので、アタッカーを組むことにします。

 

 ・支援はオルクスの《導きの華》がレギュレーション落ち。

 

 ・ガードはサラマンダーの《氷盾》《氷雪の守護》が、レギュレーション落ちしています。

 

 

▼RCアタッカーは、ただでさえ強くなかったのが、さらに厳しくなりました。

 

 ・エンジェルハイロゥの感覚RC《光の手》がレギュレーション落ち。

 

 ・バロールはマイナー移動の《斥力跳躍》がレギュレーション落ちです。

 

 

▼《マルチウェポン》が使えません。

 定番ビルドのノイマン多刀流がビルドできません。

 

 

▼範囲攻撃ができてナンボ@射撃ビルドのガード無視は、実質《バリアクラッカー》頼みになります。

 

 ハヌマーンのガード無視《浸透撃》も射撃と組めますが、範囲攻撃と装甲無視のできるシンドロームモルフェウスとの射撃ビルド相性がイマイチ悪く、実用火力が伸ばしにくいのです。

 

 射撃の勇エンジェルハイロゥは、このレギュレーションでは範囲攻撃ができません。

 そして、ガード無視エフェクトを持つハヌマーンとブラックドッグは射撃を範囲化できません。

 

 したがって、エンジェルハイロゥが火力の《マスヴィジョン》と、ガード無視エフェクトをコンボさせる場合、単体アタッカーとして割り切る事になります。

 

  

 

◆◆◆◆ ビルド例紹介 ◆◆◆◆

 

 別ページになりますが、本ブログ既存のビルドデータでそのままエフェクトアーカイブ環境において使用できるものは、データ欄の頭に【EA対応】の表記を付けてあります。

 

 ブログ記事タイトルの下にある、小さな灰色の文字 "EA対応キャラ有" タグを選択すると、EA対応のビルドを紹介している記事の一覧を検索できます。

 

 特にルールブック1しか持っていない方は、↓のページがオススメです。 

caunserahomare.hatenablog.com

 

 

 

 それでは以下に、レギュレーションに特化したビルドをいくつか紹介いたします。

 

 

 

◆◆◆◆ 射撃アタッカー ◆◆◆◆

 

▼範囲攻撃タイプ 【EA適合】

ブラムストーカー×ブラックドッグ

 

能力値 3621

 

エフェクト

《滅びの一矢》1

《血の宴》1

《ブラッドバーン》3

《バリアクラッカー》1

 

100%/侵蝕15/攻撃力21(大型拳銃)/ダイス12/範囲/装甲無視/ガード無視/HP-7

 

 

▼解説

 

 速攻範囲射撃×装甲ガード無視…だとこのビルドになります。

 

 フルコンボの燃費は悪いですが、範囲アタッカーとしての性能は高いです。

 また、80%からフルコンボを使えるのは、侵蝕管理の上で一つの強みになります。

 

 攻撃力を伸ばそうとすると、さらに燃費が悪くなるので悩ましいところです。

 …《ハードワイヤード》&《ポルターガイスト》や、《MAXボルテージ》を利用する事になります。

 

 侵蝕が80%より低いときの攻撃力も伸ばしたい所ですが…ブラムストーカーの攻撃力×2エフェクト《赤き弾》が利用できない為、頼りにできるエフェクトはブラックドッグ邪毒の《雷の残滓》くらいです。

 バッドステータスはボスに効かない事もありますので、雑魚用と割りきって使うか、《コンセントレイト》を3LVにしてから射撃技能を地道に伸ばしましょう。

 

 《冥府の柩》でバステ対策もできるので、万全なキャラに成長できます。

 

 

 

//////////////////

 

 

▼範囲攻撃タイプ 【EA適合】

エンジェルハイロゥ×ブラムストーカー

 

能力値 1722

 

エフェクト

《滅びの一矢》1

《血の宴》1

《小さな塵》1

《マスヴィジョン》3

 

100%/侵蝕13/攻撃力29/ダイス13/範囲/HP-2

 

 

▼解説

 

 ガード無視は諦めて、火力で勝負するビルドです。

 単発セッションなら、このビルドで十分です。

 ダイスも十分、社会も十分でセッション耐性が高いです。

 

 武器は大型拳銃を用います。

 

 範囲攻撃をしないなら《滅びの一矢》をコンボしなくても攻撃力が落ちないので、クライマックスでの侵蝕コントロールが楽なキャラです。

 

 成長させる場合は、装甲無視の《ピンポイントレーザー》、さらなる攻撃力の《ブラッドバーン》を確保しす。 

 

 

 

◆◆◆◆ 白兵アタッカー ◆◆◆◆

 

▼単体→範囲攻撃タイプ 【EA適合】

キュマイラピュア

 

能力値 8112

 

エフェクト

《ハンティングスタイル》1

《破壊の爪》1

《銘無き刃》1

《フルパワーアタック》3

 

100%/侵蝕7(準備3)/攻撃力33/ダイス11/単体

 

 

▼解説

 

 レギュレーション落ちの影響が少ないキュマイラをピュアを使います。

 

 範囲攻撃の《増腕》

 MAXダイス+8Dの《完全獣化》

 MAX8D攻撃力Upの《神獣撃》

 

 等の優秀な攻撃エフェクトで、戦い抜きます。

 

 ガード対策は、ガード相手に係数×5ダメージ上乗せの《鬼の一撃》で、行います。鍛えればMAX40点乗せられるので、まあ何とかなるでしょう^^;

 

 

//////////////////

 

 

▼範囲攻撃タイプ 【EA適合】

ブラムストーカー×ブラックドッグ

 

能力値6321

 

エフェクト

《鮮血の一撃》1

《血の宴》1

《ブラッドバーン》3

《バリアクラッカー》1

 

 100%/侵蝕15/攻撃力26(両手剣)/ダイス12/装甲ガード無視/範囲/HP-7

 

 

▼解説

 

 範囲攻撃と攻撃力を確保しやすいブラムストーカーと、《バリアクラッカー》のブラックドッグのクロスです。

 射撃タイプと同様の安定感です。

 



caunserahomare.hatenablog.com