TRPGダブルクロスのススメ

モンハンじゃないよ

【18.11.12更新1体】ジャーム化しにくいキャラクターが気になります!@TRPGダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20180522134559j:plain

 

生還率の高い、省侵蝕率キャラクターについて考えてみました。

ビルドを工夫していくら省燃費なコンボを組んだ所で、それでパーティーへの貢献度が低ければ、戦闘を長引かせてしまう事になり、より多くのタイタスを消費し、結果的に生還率が下がる事になります。

ドッジにリソースを割り振るキャラが歓迎されないのは、攻撃に割り振ればパーティーに貢献できるはずのリソースを、自分だけが助かる手段に割り振っていると見なされるからです。特にダブルクロスは、自分の力不足=仲間の行動回数増加(侵蝕増加)=仲間の生還率低下…という残酷な天使のテーゼが実存するシステムです。

 …思わずカタイ話になってしまいましたね^^;

ビルド作例に移ります。少ない侵蝕で、戦いの早期終結とロイスガードに貢献できるキャラクターを目指します。

 

◆◆◆キャラクター例1◆◆◆

▼キュマイラピュア

"白兵アタッカー兼ディフェンダー"

【コンストラクション】【EA適合】

 

▼能力値

肉体7 〈白兵〉1+2

感覚1

精神1 〈意志〉+1

社会3 〈調達〉1+2


▼エフェクト

2《獣の力》1LV

4《80%:フルパワーアタック》3LV

3《増腕》1LV

2《軍神の守り》1LV

 

▼100%コンボ

侵蝕11/攻撃力30(ワイヤーウイップ)/ダイス10/修正1/範囲選択/射程10m

 

▼常備化ポイント/12

ワイヤーウイップ/8

ウェポンケース/1

コネ・UGN/1

思い出の一品/2

財産ポイント/0

 

一見何の変哲もないビルドですね^^;

設計・運用思想は以下の通りです。

 

▼ワイヤーウイップ

単純な威力なら両手剣です。こちらは、射程が長いので硬直を喰らっても攻撃機会を逃さずにすむ可能性を担保できます。他の武器に比べてかさばらないのもいいです。

 

▼社会を強化

効率良く情報を取得、無駄なシーン登場=侵蝕上昇を防止します。

 

▼ガードとカバーリングの効用

登場によるミドルフェイズの侵蝕増加は、ダイス目次第なのでコントロールがままならないです。ゲーム進行に変化を生み出す面白い要素ではあるのですが、思いのほか侵蝕が進んでしまい、クライマックスで実力が発揮しきれない事もままあります。

そんなときに頼りになるのがカバーリングガードが可能なディフェンダーキャラです。強力なものの燃費の悪いコンボを使う仲間や、侵蝕のヤバい仲間を守る事で、侵蝕率・残ロイス的余裕を生み出し、間接的に仲間の実力を引き出します。 ラウンド毎の与ダメージレート上昇→戦闘の早期終結→タイタス消費減少ロイ=生還率Up…という流れを作り出ができます。

 

▼ピュアブリードなので

将来的に《フルパワーアタック》だけで効率よく攻撃力30を確保できます。省燃費高効率を目指すならピュアブリードがオススメです。特に《フルパワーアタック》は80%から使えるので、ラウンドカウントが少ない内に大ダメージを狙えます。戦闘の早期終結に貢献し、結果それが省エネ・帰還率向上につながります。

 

▼メタですが…

装甲無視もガード無視も無いキャラです。バステ耐性も低いです…そこらへんのエネミーデータ調整について、GMの忖度を引き出せる可能性に少しだけ期待します。GM視点だと、ミドル戦闘に限らず事故率を下げてくれるキャラの存在は、正直ありがたいです。

 

▼行動値が低いということは…

行動値が低い白兵キャラは、行動値が高いキャラよりも、実のところクライマックスでの行動回数が少なく済む可能性が高いです(小賢しい!)。自分より早く動くキャラの攻撃で、ボスが倒れる可能性が比較的高いです。自分の攻撃で倒して、やっと仲間と同等行動回数(侵蝕上昇)になります。取りも直さず、最初に行動する(行動値の高い)射撃アタッカーは、いずれかの自分の手番でボスを倒した場合、他のキャラより一回多く行動したことになります。

このキャラクターはカバーリングを行いますし、セットアップフェイズで予約的に《フルパワーアタック》を仕込む為、侵蝕上昇は少なくないです。

白兵キャラが、より侵蝕率上昇をおさえたいなら…

 ・ガードなどオートアクションエフェクトを使わず

・《フルパワーアタック》や《神獣撃》など事前に準備するエフェクトを使わず

 …攻撃エフェクトをメジャーアクションタイミングに寄せる事で、侵蝕上昇をおさえやすくなります。自分の手番になってから侵蝕上昇させればいいので、事前準備的に使うエフェクトの様に無駄になる可能性が無く、効率がよいのです。代表的なところでは、サラマンダーの《クロスバースト》や、ブラムストーカーの《ブラッドバーン》が、癖はあるものの高効率と言えます。

 

▼成長

・《イージスの盾》でガードUp

・〈調達〉Up、手頃なシールドを購入

・〈白兵〉Up

・既存エフェクトの強化、ミドル攻撃力の確保

 

 


caunserahomare.hatenablog.com