TRPGダブルクロスのススメ

モンハンじゃないよ

【19.3.17加筆1体】基本ルルブしかないけどドッジ(回避)したい!@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20181102023353j:plain

 ダブルクロスのシステムに慣れてくると、ドッジ(回避)は費用対効果に劣るので、あまり選択肢には入らない事が分かります。

 本項は、そんなドッジを基本ルールブック環境でなんとか有効活用してみたい!という記事であります。



●まずドッジはなんでダメなのか

 ロイスを削ってくるボスの攻撃をドッジできてナンボなのですが、そもそもボスは侵蝕の高さに比例してダイスが多いので、PCが判定値で競争するのは基本的に不利です。

 また、ドッジには《リフレックス》と《ドッジエフェクト》の二つのエフェクトが必要になり、その分のリソースを、敵を倒す為の力に廻せなくなる不利が生じます。

 ダブルクロスは戦闘が長引くほどに・行動するほどに侵蝕率が上がり不利になるゲームなので、攻め手が衰えるという不利は看過できません。
 …その"長引いた戦闘"に仲間全員を巻き込む事になるからです。

 ドッジ用のコンボは侵蝕コストにして4~5ですが、これはダメージを受けて倒れてから《リザレクト》した場合の侵蝕上昇期待値と大差ありません。

 上手くドッジ出来ればよいですが、失敗した場合でも侵蝕率は上がります。そこに加えてフォローのために《リザレクト》や、タイタス昇華も必要になったりします。
 …ドッジが成功しないと、ドッジに回したコスト・リソースが全てムダになり、自分の首を締めて来ます。ドッジは分の悪い賭けなのです。



●ドッジする事の価値とは?

・ボス以外のエネミーの攻撃をドッジする場合なら、成功率も悪くないはずなので、愚策とは言えません。しかし、この場合往々にして同じコスト(経験点・侵蝕率)をガードエフェクトにつぎ込んだ方が安定します。
 

・当たらなければどうという事はない。
 痛いのはイヤですよね。キャラクターの心情を思いやるなら、当たって死んでもどうせ生き返るんだから良いだろ…とは言えません。


・コストとしてのHPを守る。
 避けてしまえばHPは減りません。ブラムストーカーの《ブラッドバーン》、サラマンダーの《終末の炎》、バロールの《時間凍結》など、HPをコストにするエフェクトを使う場合は、《リザレクト》するよりは戦いやすくなります。


・ロイス消費をおさえる。
 クライマックス戦においては、ロイスひとつの侵蝕率の価値が、バックトラックの倍振りに比例して上がります(5.5→11→16.5)。
 バックトラックを二倍や三倍で行うようなシビアな戦闘を想定するなら、侵蝕率5上昇でもドッジを試みる価値が出てきます。
 一倍振りでバックトラック成功できる見込みがあるような戦闘なら、避け損ねてリソースを無駄にする可能性があるドッジは、選択肢に入りません。



●ドッジをするキャラのビジョン
 
 経験点が潤沢にあり、戦闘性能も充分なキャラが、選択肢のひとつとして修める。…ここら辺が妥当なラインかと思います。



●とは言え最初からドッジできるキャラを使いたい!
 
⇒ドッジに使えるダイスはクライマックスで14は欲しい。
⇒ 回避技能もなるべく高く。
⇒攻撃力も仲間からクレームが出ないレベルで欲しい(20以上)。

…これらを満たすラインを探ってみます。


 
●エグザイル×サラマンダー
"白兵ドッジ"
【コンストラクション】

▼能力値
肉体8 〈回避〉1+3
感覚1
精神1
社会2 〈調達〉1+1

▼エフェクト
3《炎神の怒り》2LV
2《リフレックス:サラマンダー》2LV
3《100%:命の剣》1LV 8
5《100%:ジャイアントグロウス》1LV 2D

▼100%コンボ
侵蝕13/攻撃力13+2D(日本刀)/ダイス15/範囲選択/HP-3

▼100%ドッジ
侵蝕5/ダイス15/HP-3/期待値35.2+〈回避〉


 白兵アタッカーとしての攻撃力を確保すると共に、ドッジを行おうとすると、行動値を伸ばすまでリソースが残りません。
 …素早く避ける事はできますが、行動が敵の後手に回ってしまうという、ちょっと残念な形になってしまいます。

 エフェクト枠を節約するために、攻撃にもドッジにも使える《炎神の怒り》をチョイスしました。このエフェクトは、FSシーンや一般判定にも使えるので、とっさの力仕事・肉体判定での活躍も可能です。
 全体的な侵蝕上昇の高さもあるので、ドッジは極力成功させたい所です。
 回避技能はなるべく伸ばしていきましょう。



●基本ルルブのドッジビルド総評

 スピードと言えばハヌマーンですが、ハヌマーンのドッジビルドは、コンストラクション初期ビルドでは安定した攻撃力が確保できないので、向いていません。

 その他のドッジエフェクトのあるシンドロームだと、初期段階ではボスに通用するレベルのドッジ力が確保しにくいです。ほぼダイス増加にまでリソースが廻せません。

 …GMが手加減してくれれば通用するとは思いますが…

 自分的には、やはり成長させる前提のセッションでなら、運用可能という感触です。

 ソラリスの《抗いがたき言葉》などのダイスペナルティエフェクトや、特にオルクスの《奈落の法則》を使うキャラとコンビで戦うと、ドッジの成功率は跳ね上がります。試してみても面白いと思います。



サプリメント導入環境でのドッジ

 エフェクトアーカイブにて、ドッジエフェクトの侵蝕率が軒並み下がりました。

 エンジェルハイロゥには、仲間の代わりにドッジするエフェクト《鏡の中の人形》。ドッジクリティカルを下げる《ミラーイメージ》。
 ブラムストーカーにも、ドッジクリティカルを下げる《血霧の盾》。
 一般エフェクトには、ドッジ成功時に追加行動を得る《朧の旋風》。
 等々のエフェクトが追加され、だいぶテコ入れされた観があります。

 上級ルールやリンケージマインドもあれば、能力値を上乗せできる【実験体】などのDロイスも使えます。

 サプリメント導入環境では、総じてドッジが運用しやすくなると言えるでしょう。




◆関連記事
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com


以上!