TRPGダブルクロスのススメ

モンハンじゃないよ

【19.4.28加筆5体】レネゲイドビーイングのススメ@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20190418081132j:plain


基本ルールブック2で登場したレネゲイドビーイング(レネビ)についてあれこれ書いてみました。



◆◆◆レネビのロールプレイ◆◆◆

レネゲイドビーイングとは、様々な理由でレネゲイドに意志が宿り活動している、ニンゲンならざる存在達の事です。

神、悪魔、妖怪、AI、機械、アンドロイド、幽霊、九十九神、宇宙人、概念存在、古代人、憑依体etcなんでもありです。

レネゲイドビーイングにすれば、人外の不思議ちゃんや、無垢な存在、超然としたキャラクター等を持ち込むある種の免罪符になります。ただしPC4以外のハンドアウトには適合しにくくなってしまいます。
GMとしてシナリオに出すには、とても使いがいのある便利な存在です。

たまに、レネゲイドビーイング禁止の卓も見かけますが、慣れていないGMさんの卓にレネゲイドビーイングのキャラクターを持ち込むのは、負担になる可能性があるので注意が必要です。使う場合もロールプレイのハメを外しすぎないように意識しましょう。

ちなみに、上級ルールブックのDロイス【奇妙な隣人】を使えば、漫画の寄生獣のように、レネゲイドビーイングに取り憑かれた人間を使うことができます。

ドラゴンやユニコーンなど幻獣の類いなら、リプレイ「楽園のイヴ」掲載のアニマルオーバードルールで作成する事も可能です。



◆◆◆転生した存在もアリ◆◆◆

出自リストの「転生体」、上級ルールブック掲載のレネゲイドビーイング専用Dロイス【転生者】、どちらも他者の記憶や意識を受け継いでいる設定です。これらの設定を使えば、死亡やジャーム化ロストしたキャラクターをレネゲイドビーイングとして復活させる事も可能です。




◆◆◆ゼノスとの関係◆◆◆
f:id:caunserahomare:20190417174326j:plain

ゼノスとは、レネゲイドビーイングの組織です。時に味方、時に敵にもなりうる謎の多い組織です。人間の構成員もいます。ライフパスで都築京香を代表とするゼノス関連のNPCと関係を持っておくと、万が一UGNを頼れない時に役に立つ可能性があります。

サプリメント"インフィニティコード"で、ゼノスはウロボロスシンドロームを敵と見なしているという設定が加わりました。ウロボロスとレネゲイドビーイングを併用すると、なにかとトラブルに繋がる(シナリオのネタになる)可能性があります。




◆◆◆レネビのデータ上の利点◆◆◆

レネゲイドビーイング専用のエフェクトが習得できるようになります。派手さはあまり無いのですが、基本性能の底上げをしてくれるので、役立ち度は高いです。

よく使われるものや、代表的なエフェクトをいくつか解説してみます。


▼《ヒューマンズネイバー》
自動取得エフェクト。侵蝕率基本値+5。意思判定にダイス+LV個。

衝動判定で暴走状態になりたくないキャラクター…ガード・ドッジ・カウンター…等のキャラクターがこのエフェクトを目的に、レネゲイドビーイングを選択する事があります。判定ダイスが1つ増えるだけとあなどるなかれ。

侵蝕率基本値が+5と少なからず上がります。これくらいのリスクがなければ、ただ有利だからという理由でレネビだらけのダブルクロスが散見される結果になりかねなかったと考えています。


▼《オリジン・レジェンド》
伝説や概念上の存在です。
精神判定に2×LVの修正を得られます。

《オリジン》シリーズでは、最もよく利用されるものかもしれません。主に〈RC〉アタッカーの性能の底上げに使います。《サイレンの魔女》を使うときによくお世話になります。精神判定へのボーナスなので、知識判定にも利用できます。


▼《オリジン・プラント》
植物由来の存在です。
感覚判定に2×LVの修正を得られます。

戦闘では〈射撃〉への修正になります。射撃アタッカーなら素で持っていても役に立つのですが、主に使うのはブラックドッグの《ハードワイヤード・リニアキャノン》で《ヴァリアブルウェポン》をするときです。命中修正が-8とかになるので、《オリジン・プラント》と技能4を合わせて、侵蝕率100%時の命中修正をチャラにします。

感覚への修正を当て込んで、エンジェルハイロゥの射撃&感覚ドッジタイプに用いるのも有用です。



▼《オリジン・コロニー》
群体(菌類や群れ、集合意識を持つ生物)由来の存在です。

準備にマイナーアクションが必要ではありますが、LV個のバッドステータス(暴走は不可)を打ち消すまで持続する効果を得られます。他の《オリジン》と違い、侵蝕率コストが4なので注意して下さい。

バッドステータスで性能を大幅に奪われやすいタイプのキャラクター…至近単体アタッカー(硬直・憎悪)や、ガードキャラ(重圧)、オート支援キャラ(重圧)…が、利用する事が多いです。

自動取得枠に選べば、経験点コストを割かずにバステ解除ができるようになるので、特にバステが使われやすくなる高経験点環境では利用価値が高いです。


▼《オリジン・ミネラル》
鉱物や無機物由来の存在です。
装甲値がLV×2上がります。

費用対効果に乏しいので、取得しているキャラは珍しいです。


▼《オリジン・アニマル》
動物由来の存在です。
素手の攻撃力がLV×2上がります。

素手を使うキャラクターならば自動取得枠で攻撃力を上げられるので、利用価値があります。
しかし、これを目的にレネゲイドビーイングを選ぶ程の魅力もありません。


▼《オリジン・サイバー》
機械や電子情報由来の存在です。
社会判定にLV×2の修正を得られます。

情報収集や購入判定に高い効果を発揮します。社会が高く、〈交渉〉を攻撃やドッジに使えるソラリスに適合性が高いです。


▼《オリジン・ヒューマン》
他のオリジンに由来が無く、レネゲイドが人の形を取って活動している存在です。
エフェクトを使った判定の達成値に+LVの修正を得られます。

効果が薄いので、取得しているキャラは珍しいです。



▼《テイクオーバー》
コンボの侵蝕率をまるごと肩代わりします。ロイスの減りにくいガードキャラなら、有効利用できます。


▼《ハザードコール》
エネミー用ですね。〈RC〉攻撃が命中すると、LV分(10とか!)対象の侵蝕率を上昇させます。ボスの攻撃に織り混ぜるとイヤラシイことこの上ありません。


▼《不死生命》
エネミーエフェクト。死んでも次のシーン以降で完全復活してしまいます。対処するには、滅ぼしたり封印するシナリオギミックが必要になります。


▼《フォールダウン》
エネミーエフェクト。シーンに登場しているすべてのキャラは、使用者も含めて常時以外のエフェクトが使えなくなります。《リザレクト》も不可です。劇的な効果です。シナリオギミックに盛り込むと面白いです。




f:id:caunserahomare:20190419125148j:plain
僕と契約して、オーバードになって欲しいんだ





◆◆◆キャラクター例1◆◆◆

▼ブラックドッグ×ブラムストーカー+ノイマン
"射撃マルチ@リニアキャノン"
【コンストラクション】

▼能力値
肉体3
感覚6 〈射撃〉1+3
精神2
社会1 〈調達〉1+2

▼エフェクト
3《マルチウェポン》1LV
3《ヴァリアブルウェポン》1LV
+4《ハードワイヤード:リニアキャノン》3LV
2《滅びの一矢》1LV
2《オリジン・プラント》1LV

▼100%コンボ
侵蝕10(準備2)/ダイス12/修正2/攻撃力24/ドッジ-6D


ミドルから射撃で火力が出るので、かなり頼もしい戦力になります。判定修正がリニアキャノン一つにつき-2になるため、レネゲイドビーイングの《オリジン・プラント》で補助しています。

《滅びの一矢》は後々、範囲攻撃の《血の宴》にコンボする為のものです。

成長させて《バリアクラッカー》をコンボさせたりすると、かなり強力な攻撃が可能になります。↓こんな感じ。

侵蝕17/攻撃力32/ダイス12/修正2/ドッジ-8D/装甲無視/ガード無視/範囲選択

…まず避けられないし、装甲もガードも突破して来る上に、範囲攻撃というえげつなさ!



◆◆◆キャラクター例2◆◆◆

▼キュマイラ×ブラックドッグ+ブラムストーカー
"アニマル白兵@サンプルキャラレギュレーション"
【コンストラクション】
【EA適合】

▼能力値
肉体9 〈白兵〉1+3
感覚1
精神1
社会1 〈調達〉+2

▼エフェクト
6《完全獣化》1LV +3.4D
4《渇きの主》1LV 
3《破壊の爪》1LV 9.10
1《ハンティングスタイル》1LV 
3《オリジン・アニマル》1+2LV 6.8

▼100%コンボ
侵蝕6(準備12)/攻撃力18/ダイス16/装甲無視/HP8回復

・武器作成以外の攻撃力の上がるエフェクトは2つまで。
・単体攻撃キャラなら最大攻撃力は21まで、
・市販武器はなるべく使わない。
…という、サンプルキャラのレギュレーションに則ったキャラクターです。

レネゲイドビーイング《オリジン・アニマル》は、《破壊の爪》《ハンティングスタイル》との相性が抜群です。エフェクト枠に余裕がうまれるので《完全獣化》を取得できました。とは言えダイスは元々十分なので、カバーリングエフェクト《軍神の守り》に変えてもいいですね。

ブラックドッグは能力値の為に入れたようなものですが、成長で《バリアクラッカー》を使えるようになります。



◆◆◆キャラクター例3◆◆◆

▼ブラックドッグ×ハヌマーン+バロール
"サイレン使い達成値ブーストタイプ"
【コンストラクション】

▼能力値 レネゲイドビーイングC
肉体3
感覚2
精神6 〈RC〉1+3
社会1 〈調達〉+2

▼エフェクト
2《オリジン・レジェンド》1LV
5《サイレンの魔女》1LV 6
2《雷の槍》1LV 8
+4《ハードワイヤード》3LV RCブースタ×3
1《黒の鉄槌》1LV 6
2《コンセントレイト・ブラックドッグ》2LV

▼100%コンボ
侵蝕8(準備2)/攻撃力20/ダイス8/cr10/修正14/シーン/装甲無視/至近不可

▼運用
オリジンに変身して、鉄槌+雷+サイレンを放ちます。必中回数の限られるハヌマーンピュア仕様よりも地力で当てに行ける分継戦能力が高いです。

追加でエフェクトを取得するなら、間合いをとるための移動エフェクトや、攻撃力を上げる《マシラのごとく》《MAXボルテージ》、RCドッジの《見えざる僕》、行動値を伸ばす《加速装置》等がオススメです。



◆◆◆キャラクター例4◆◆◆

▼キュマイラ×モルフェウス
"攻防兼務"
【EA適合】

▼能力値 レネゲイドビーイングD
肉体5
感覚2
精神1 〈意志〉1+2
社会4 〈調達〉1+3

▼エフェクト
3《インスタントボム》1LV
2《砂の結界》1LV
3《イージスの盾》3LV
4《80%:フルパワーアタック》1LV
4《オリジン・コロニー》1LV
+5《ヒューマンズネイバー》1LV

▼100%コンボ
侵蝕9/攻撃力14/ダイス8/修正-1/装甲無視
侵蝕3/ガード12+4D(クリスタルシールド)

ディフェンダー兼アタッカー。ガチのスペックにはなれませんが、カスタム次第で多様なビルドが楽しめるブリードです。衝動判定対策と重圧回復の為にレネゲイドビーイングにしてあります。




◆◆◆キャラクター例5◆◆◆

▼キュマイラ×ハヌマーン
"レネビビースト"
【コンストラクション】
【EA適合】

▼能力値 レネゲイドビーイングA
肉体8 〈白兵〉1+3
感覚1
精神1
社会2 〈調達〉+2

▼エフェクト
2《一閃》1LV
3《破壊の爪》1LV
6《完全獣化》1LV
2《80%:神獣撃》3LV
2《コンセントレイト・ハヌマーン》2LV
3《オリジン・アニマル》1LV

▼100%コンボ
侵蝕6(準備12)/攻撃力14+6D/ダイス15/修正4

基本ルールコンストラクションビルド最強キャラの一角です。攻撃判定分も含めたダメージ期待値が70に達します。

2回攻撃の《ライトスピード》、一撃必殺《マシラのごとく》、×5係数《フルパワーアタック》、【賢者の石】×《リミットリリース》…等でまだまだ強化可能です。







◆関連記事
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com