ダブルクロスのススメ

クトゥルフサプリ「クロウリングケイオス」は年末に発売延期。バッドシティの電子書籍配信開始しました!

【20.10.21加筆6体】《要の陣形》《異形の祭典》三体攻撃アタッカー@TRPGダブルクロス

f:id:caunserahomare:20190630070706j:plain


▼コンセプト 
オルクスの《要の陣形》を利用して三体を同時攻撃します。
範囲選択攻撃と違い、バラバラのエンゲージを対象に出来ます。
アンチ範囲攻撃エフェクト…バロール《孤独の魔眼》、エンジェルハイロゥ《ミスディレクション》の影響を受けません。
正直、範囲攻撃より便利です。実際使うとその便利さに唸るはずです。

ちなみにエフェクトアーカイブ環境なら、《要の陣形》のリミットエフェクト《未知なる陣形》を使うことで、最大4回まで5体攻撃が可能になります。ほぼシーン攻撃です。めちゃくちゃ強いです。

似た性能のエフェクト、エグザイルの《異形の祭典》についても取り扱います。


 

◆《要の陣形》キャラ

射程は至近で使うより、長射程で使う方が強みを生かせます。
《要の陣形》は[技能:シンドローム]なので、起点エフェクトとして《形なき剣》を利用します。

1.【射撃/マスヴィジョン】エンジェルハイロゥ×オルクス

【EA適合】

▼能力値 UGN支部長B
肉体1 〈回避〉1
感覚7 〈射撃〉1+3 〈知覚〉1
精神2
社会2 〈調達〉1+2 〈情報:UGN〉1

▼エフェクト
2《コンセントレイト:エンジェルハイロゥ》3LV
2《小さな塵》1LV 攻4
2《形無き剣》1LV ドッジ-2D
3《要の陣形》1LV 三体攻撃
4《100%:マスヴィジョン》2LV 攻15

▼100%コンボ
侵蝕13/ 攻撃力24(大型拳銃)/ダイス10/クリティカル7/修正2/三体攻撃/ドッジ-2D

▼アイテム  常備化10/残1
大型拳銃/7
ウェポンケース/1
コネ:UGN/1


▼運用
シンプルです。複数体の敵に銃弾を打ち込んでください。初回プレイでは《要の陣形》が二回しか使えないので、クライマックスまで温存しましょう。

▼成長
まずは《要の陣形》のレベルを上げて回数を確保しましょう。
装甲無視の《ピンポイントレーザー》と、ガード無視の《光速の剣》も早めに揃えたい所です。
射撃と調達も優先的に伸ばすと良いです。お好みで感覚の能力値を伸ばすのもよいです。

将来的には、常備化10のボルトアクションライフル(近接不可)と、エンゲージ離脱用の《光芒の疾走》を揃えれば万全です。安価な近接射撃武器であるところのナイフを持てば《光芒の疾走》無しでも、何とかライフル持ちの運用が可能です。

攻撃力を上げるなら《要の陣形》との併用が前提となりますが、《滅びの光》が攻撃力+LV×3なのでオススメです。

せっかくのオルクスですから、判定ダイスを回す《妖精の手》や、仲間のダメージダイスを追加する《力の法則》等を取得するのも面白いです。

近接範囲にクリティカルペナルティーを与える《奈落の法則》を覚えれば、ダイスペナルティー・ドッジ・判定キャンセル等を使う仲間との、強力なシナジー効果を得られます。

このブリードだと、イージーエフェクトも便利なものが揃っています。《不可視の領域》《うさぎ耳》《天使の外套》など感覚を判定に使うエフェクトも、射撃ビルドだと優位に運用できます。せっかく隠れても、判定で負けて見つかるのは悔しいですからね!

あと、このビルドの特色として、バッドステータスへの耐性の高さがあります。どのバッドステータスも、このキャラクターの性能を大して妨害することはできません。まあ、LVの高い邪毒は痛いですがね^^;


▼カスタム
射程距離を重視したため大型拳銃を選択していますが、より威力の高いショットガンでも良いです。
《小さな塵》を、ダイスが増える《天からの眼》にするのも良いです。
ついでに感覚6/社会3に変更して、ボルトアクションライフルを常備化するのもアリです。この場合、至近距離に対応するために、セッション中の購入判定でショットガン(購入11)を手にいれておく必要があります。ショットガン用のウェポンケースは事前に常備化しておきます。


2.【射撃/灼熱の砦】サラマンダー×オルクス

▼能力値 UGNエージェントB
肉体2
感覚5 〈射撃〉1+3 〈知覚〉1
精神2 〈RC〉1
社会3 〈調達〉1+1 〈情報:UGN〉1

▼エフェクト
3《氷神の悲しみ》1LV +3D HP-3
3《灼熱の砦》3LV 攻12 動かない
3《要の陣形》1LV 3体
2《形なき剣》1LV ドッジ-2
2《コンセントレイト:サラマンダー》2LV

▼アイテム 常備化10/財産2
ショットガン/7 攻7
ウェポンケース/1

▼60%コンボ
侵蝕8/攻撃力16/ダイス8/クリティカル8/修正2/HP-3

▼100%コンボ
侵蝕13/攻撃力19/ダイス11/クリティカル7/修正2/3体/ドッジ-2/HP-3

かなりクセがありますが、ミドルフェイズから攻撃力が高いタイプです。



3.【白兵/ワイヤーウイップ】オルクス×キュマイラ

▼能力値
肉体7 〈白兵〉1+3
感覚1
精神1
社会3 〈調達〉1+2

▼エフェクト
2《獣の力》1LV 攻4
2《形なき剣》1LV ドッジ-2D
3《要の陣形》1LV 3体
4《80%:フルパワーアタック》3LV 攻20
2《コンセントレイト・キュマイラ》2LV

▼100%コンボ
侵蝕13/攻撃力30(ワイヤーウイップ)/ダイス10/修正1/三体攻撃/射程10m/ドッジ-2D

シンプルな構成ですが、10m届くワイヤーウイップと《要の陣形》を活かした高い制圧力があります。攻撃力自体の伸び代は少ないので、成長は《力の法則》を習得する方向がオススメです。
敵を強制移動させる《吹き飛ばし》で、エネミーエンゲージや封鎖を分解するのも面白いです。



4.【RC/プラズマカノン】オルクス×サラマンダー

▼能力値
肉体2
感覚1
精神6 〈RC〉1+3
社会3 〈調達〉1+2

▼エフェクト
1《蕀の戒め》1LV 攻2 硬直
1《要の陣形》1LV 3体攻撃
4《100%プラズマカノン》2LV 攻15
3《アニマルテイマー》1LV +3D
2《コンセントレイト・オルクス》3LV

▼100%コンボ
侵蝕11/攻撃力17/ダイス12/三体/硬直/

ミドルフェイズの攻撃力が低いので、Dロイス【対抗種】【動物使い】等で強化したい所です。
支援キャラが仲間にいるなら、ダイス増加用の《アニマルテイマー》を、攻撃力の上がる《灼熱の砦》に変えます。





f:id:caunserahomare:20201021082343p:plain

◆《異形の祭典》キャラ

攻撃力は要の陣形バージョンに劣りますが、《異形の祭典》は使用回数制限が無く、最大7体攻撃まで出来るのが強みです。
とはいえ攻撃力-10はさすがに重いのでDロイス【対抗種】あたりで強化したいですね。

エフェクトアーカイブでは《異形の祭典》の性能が大きく変わっています。⇒シーン1回のみ、攻撃-10なしに。

1.【射撃/異形の祭典】エンジェルハイロゥ×エグザイル

▼能力値 UGNエージェントB
肉体2 〈回避〉1
感覚7 〈射撃〉1+3
精神1 〈RC〉1
社会2 〈調達〉1+2 〈情報:UGN〉1

▼エフェクト
2《小さな塵》1LV 攻4
4《100%:マスヴィジョン》2LV 攻15
2《オールレンジ》1LV +2D 
3《異形の祭典》1LV LV+1体攻撃 攻-10
2《コンセントレイト・エンジェルハイロゥ》3LV

▼100%コンボ
侵蝕13/攻撃力24-10(大型拳銃)/ダイス12/三体

攻撃力的に《異形の祭典》は殆んどクライマックス専用ですが、攻撃力をDロイスの対抗種で補ったり、成長でエンジェルハイロゥ《滅びの光》等を取得すれば、かなりの戦果を上げられます。



2.【白兵/フルパワーアタック】キュマイラ×エグザイル

▼能力値
肉体8 〈白兵〉1+3
感覚1
精神1
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
2《伸縮腕》1LV -1D 視界
2《獣の力》1LV 攻4
3《異形の祭典》1LV 攻-10 3体
4《80%:フルパワーアタック》3LV 攻20
2《コンセントレイト:エグザイル》2LV

▼100%コンボ
侵蝕13/攻撃力34(両手剣)-10/ダイス10/修正1/射程視界/三体

クライマックス戦ではかなり強いのですが、ミドルフェイズで《異形の祭典》を使うと攻撃力がショボいので、そこは注意です。
引き寄せエフェクトの《妖の招き》をコンボに入れると、ボスを一本釣りしたり、邪魔なガードエネミーを引き剥がしたりと、応用力が上がります。
《異形の祭典》は、範囲攻撃の《ジャイアントグロウス》にしても強いです。