TRPGダブルクロスのススメ

モンハンじゃないよ

キュマイラ×サラマンダー白兵攻撃力特化@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20180406120318j:plain

▼コンセプト 【EA適合】
 基本ルールブック・コンストラクションレギュレーションで、攻撃力固定値の高さを追求したビルドです。
 侵蝕100%時に、コンスタントに発揮できる攻撃力が52になります。


▼シンドローム
 キュマイラ×サラマンダー


▼推奨ワークス
 何でも屋・支部長Aなど。
 肉体と白兵があるもの。
 調達もあると尚良し。


▼能力値
肉体8・感覚1・精神1・社会2


▼エフェクト
●《炎の刃》1LV
侵蝕2/攻撃力+LV×2

●80%《終末の炎》1LV
侵蝕2 / 攻撃力+LV×5 / HPをコストにする

●80%《フルパワーアタック》3LV
侵蝕4 / 攻撃力+LV×5 / 行動値0に

●100%《クロスバースト》1LV
侵蝕4 / 攻撃力+LV×4 / ダイス-2


▼コンボ
"通常攻撃" 
侵蝕4/ダイス8/cr8/修正0/至近単体
攻撃力12

"100%攻撃"
侵蝕14/ダイス9/cr7/修正0/至近単体
攻撃力52


▼技能
白兵1+2 調達1+3 他


▼アイテム  常備化ポイント12/残0
両手剣(攻撃10/命中-3/常備化9)
ウェポンケース
コネ UGN
コネ うわさ


▼カスタム~最大攻撃力にこだわらないなら

 攻撃力が4下がりますが、武器をワイヤーウィップにすれば、射程が10mになります。
硬直やエンゲージ封鎖の影響を受けづらくなるので運用上の安定性が増します。
常備化ポイントにも余裕ができます。
こちらの方が断然オススメです。

 マイナーアクションを使う=移動と同時に使えない《終末の炎》が運用を面倒にしている側面があるので、攻撃力+LV×2エフェクト《獣の力》や、指定敵への攻撃力を+LV×3上げる《ターゲットロック》等に差し替えてしまっても良いです。
 成長で《ハンティングスタイル》を取得すれば問題なしです。


 


▼運用
仲間が突破口を開いてくれるのを待って、ボスに特攻をかける戦闘スタイルです。

ボスの方から白兵距離に来てもらえると、移動の手間が省けて楽になります。
この場合はマイナーアクションを移動に使わなくて済むので、初手から《終末の炎》を使うことも可能になります。

《終末の炎》のコスト支払いは、主にタイタス復活で回復したHPを充当するという運用です。


▼成長
装甲無視エフェクトなし。
ガード無視は単発の《獣の王》のみ。
範囲化エフェクト無し。
オートタイミングのバステ回復は単発の一般エフェクト頼み。
…という、攻撃力以外は不安だらけのブリードです。


攻撃力固定を上げるなら、《クロスバースト》+2、《終末の炎》+1、…経験値15点の投入だけで、攻撃力65に達します。
《終末の炎》はHPをコストにする関係上、3LV以上にしても活かし切れません。


まず成長させるなら、攻撃力は十分に高いので、白兵や調達技能を伸ばし、戦闘時や情報収集時の安定性確保を優先させると良いでしょう。


コンセントレイトを3LVにするのも、ミドル戦闘の安定に大きく寄与するので、優先度は高いです。


新たにエフェクトを取得するなら《ハンティングスタイル》を取得して、エンゲージ離脱&接敵しながら《終末の炎》を使えるようにするのが、安定した攻撃性能発揮に寄与できるのでオススメです。


硬直や憎悪等のバッドステータスが致命的なので、《揺るぎ無き心》で回復できるようにするのも良いです。ただマイナーアクションを消費するので、移動力を確保するために《ハンティングスタイル》との同時運用が必要になります。


《炎陣》などのカバーリングエフェクトも非常に有用ですが、衝動判定を安定して乗り切る為に、意志技能も4LVくらいまでは伸ばす必要が出てきます(3D10+意志の判定で目標値9なので)。
まあ、ここにコストを廻すより、攻撃性能を伸ばして暴走上等で敵に突撃するスタイルが、このキャラクターには似合いそうです。


ミドル戦闘やボスに攻撃系の取り巻きを良く出して来るGMが相手なら、前述の様な衝動判定対策に加えて、《氷盾》や《イージスの盾》等、ガードエフェクトも優先度が高くなります。


以上!



caunserahomare.hatenablog.com