【全記事リンク】TRPGダブルクロス3rdのブログです

 

●ブログ概略

現代異能力TRPGシステムの決定版「ダブルクロスthe 3rd edition」の解説をしている、個人の趣味的ブログです。
基本ルールブックをメインにした、ビギナー向けの記事が主軸です。
2022/5/1現在122?記事ほどのボリュームです。

TRPGはかれこれ30年近く遊んでるのですが、特にダブルクロスは本当に面白く、このゲームのおかげで多くの友人を得、楽しい時間をたくさん過ごす事ができました。矢野俊策先生をはじめ制作に関わった皆様には本当に感謝です。
このブログが、ダブルクロスを既に遊んでいる方、これから手に取ってみようかなという方に対して、少しでもお役に立てたら嬉しく思います。




そもそも「ダブルクロスthe 3rd edition 」とは?wikipedia


★コピーライト
本ブログは「矢野俊策」「F.E.A.R.」及び「株式会社KADOKAWA」が権利を有する『ダブルクロス The 3rd Edition』の二次創作物となります。
©矢野俊策F.E.A.R.

公式サイト→ http://www.fear.co.jp/dbx3rd/
サンプルキャラのキャラクターシートが閲覧・ダウンロードできます。


★ルールブックはAmazonで907円~簡単に入手可能です。電子書籍も充実しています。
caunserahomare.hatenablog.com
とりあえず「基本ルールブック1」と「10面サイコロ20個くらい」を揃えれば遊べます。サイコロもダイソーやセリアのダイスセットに2つ10面ダイスが入っているので、2色で20個も揃えれば十分です。
Amazon等でも格安で販売されているので、そちらを利用するのもアリですが、到着に二週間とか平気でかかるので注意が必要です。


●追記1 基本ルルブ→エフェクトアーカイブへの適合について

記事タイトル下のカテゴリータグ【EA適合キャラ有】からリンクした記事では、サプリメント"EA(エフェクトアーカイブ)"で性能変更を受けていないエフェクトを使ったキャラクターデータを紹介しています。

これらのキャラクターは基本ルールのみによる作成ながら、無改造でエフェクトアーカイブを使用した環境でも使用することが可能になっています。

既存ユーザーのほとんどは、EAを導入した環境で遊んでおり、EAを持っていない入門ユーザーが既存のユーザー達と一緒に遊びにくいというのが、残念ながらダブルクロス3rdというゲームの現状です。

このblogは、そこに一石を投じたいとの思いを一つの動機として執筆されています。
 


●追記2 ダブルクロスの魅力

その1 力とリスクとドラマ

最大の魅力は、力にリスクが伴うゲームシステムです。

異能の力を使うほどにそのパワーは高まり、同時に理性を失うバケモノへの変貌に近づいて行きます。
しかし、日常・大切な人を守るためには、異能の力に頼らざるをえません。

そして、命懸けの戦い抜いを切り抜けた先に、バケモノにならず人間として日常に帰還するには、セッション中に培った絆の力を頼る事になります。

葛藤と戦いと絆のドラマがゲームシステムとして、見事に再現されています。

ダイスに翻弄されてままならないリソース(侵蝕率・ロイス)管理の妙味にも、ゲーム的な面白さがあります。


その2 多彩な異能再現力

マンガやアニメや映画で見られるような異能力・魔法・超能力・妖術・変身・メカ等を、柔軟に再現して遊ぶ事ができます。
人間以外の存在(妖怪・宇宙人・アンドロイドその他何でも)も、多彩に表現が可能です。
データが豊富なので、能力を組み合わせてオリジナルの技やキャラクターをあれこれ編み出す楽しみも大きいです。私は様々なコンセプトで、通算で300以上のキャラクターを作成していると思います。トレーディングカードゲームのデッキ作成に近いものがあります。


その3 多彩なステージルール

現代を基本として、ファンタジー、公式ヒーロー、不良街、異能学園、動物世界、戦場傭兵団、平安京伝奇、第2次世界大戦冒険、設定逆転世界、封鎖都市、パニックホラー、時空警察etc
追加サプリメントを使えばさまざまなステージセッティングで遊ぶ事ができます。
詳しくは、ステージ集サプリメント「ディスカラードレルム」「オーバークロック」「レネゲイドウォー」「カッティングエッジ」「バッドシティ」。リプレイ「トワイライト」「カオスガーデン」等をご覧下さい。
(一つ古い2nd editionではMMO世界やスペースオペラも遊ぶ事ができました。→「アウトランド」「アルターライン」)


その4 シナリオクラフトシステム

サプリメント「パブリックエネミー」に掲載されているシナリオクラフトシステム(略してシナクラ)を使えば、ランダム作成でシナリオが無限に創造できます。いちいちシナリオを準備しなくても手軽にTRPGを楽しむ事が可能です。
アルシャードなど他のシステムでもシナリオクラフトシステムが実装されていますが、ダブルクロスは侵蝕率管理にゲーム的面白味があるので、より楽しめるものになっています。


その5 遊ぶ機会に恵まれている

ゲームシステム自体はどちらかといえば簡便ではありませんが、基本ルールブックが文庫で安価に入手可能な事と、オンラインオフライン問わず一定の立卓頻度に恵まれている事が遊びやすさに繋がっています。





【ここを】Amazonで ダブルクロス TRPG を検索【クリック】

【22.5.21】「〈交渉〉攻撃型で何かいいビルドはあるでしょうか?」

マシュマロでタイトルのような依頼を受けまして、対応してみたという記事です。



「◯◯の方がいい」と指摘してくる人がいて、ソレに対してちゃんと反論せにゃならんというタフな環境想定です(私ならブルって環境変えますわ)。

まずは《サイレンの魔女》にどこかで勝たねば話になりませんわよ…

全てのパターンに回答するのはさすがにアレなので、書きたいように書かせて頂きます。

質問への回答に関しましては、記事から読み取ってみて下さい。

 

●〈交渉〉は、〈白兵〉〈射撃〉〈RC〉に、アタッカーとしてはどーしても劣ります。

デフォルトで視界まで射程がある点が〈白兵〉より優れている程度です。


▼ガードを突破できるエフェクトが無い。
ノイマンの《封じ手/重圧/EA》や、ソラリスの《恐怖の一言/強制移動》を駆使して仲間と連係すれば対処自体は可能ですが、手間がかかります。
〈RC〉もガードは苦手ですが、モルフェウス変異種の《ドッペルゲンガー/LM》や、サラマンダー《紅蓮の衣/EA》で、ガードに対抗が可能です。


▼基本的に行動値が低い。
先制殲滅力では、ハヌマーンの《スピードフォース/イニシアチブ行動》《サイレンの魔女》や〈射撃〉アタッカーにはかないません。
Dロイス等を駆使して《加速装置》や《先陣の火/EA》を利用すればなんとか形にはできますが、非効率です。


▼攻撃力固定値を得にくい。
あれやこれやと工夫をすることになります。

・《絶対の恐怖》最大5LVからののリミットエフェクト《神の御言葉》。攻30

・ピュアブリードDロイス【申し子】から《アンプリフィケイション》。攻20

・ブラックドッグの《100%:ポルターガイスト》でアンチマテリアルライフル(攻20)を使う。
ユニークアイテムの原初の混沌(モルフェウス/コスト30/IC)や、Dロイス【財閥援助/HR】から、天の火(攻40の攻撃衛星武器/HR)を使う。

ウロボロスのコピーエフェクトで《マスヴィジョン》《マシラのごとく》《ポルターガイスト》等を持ってくる。

ノイマンを入れて《100%:フェイタルヒット/RW》を使う。攻4D

・Dロイス【対抗種】/ダメージ+2Dでお茶をにごす。

・Dロイス【神速の担い手】/シーン一回だけ攻撃力が+行動値に。

カリギュラ(ファルスハーツのエンブレム/UG)
〈交渉〉技能が交渉攻撃のダメージに加算される。

・金の暴力(ファルスハーツのエンブレム/BC)
攻撃力+財産点×5
1度だけだがバカみたいな攻撃力固定値が出る。



●〈交渉〉攻撃の利点といえば…

▼[社会]の高さを生かした、ミドルフェイズにおける購入判定や情報収集での活躍。
これが〈交渉〉アタッカーの存在意義と断言しても差し支えないです。
(別に支援キャラが担当しても良いのですが)


▼《抗いがたき言葉/ソラリス
シーン持続ダイスペナルティ。
インパクトはあるが、ピュアの威力じゃないと焼石に水なのと、メタ的にもウザいエフェクトなのでGMに嫌われやすいのが欠点。
キャンペーンセッションに持ち込んではならない。


▼《彫像の声/ソラリス/EA》
大きな行動値デバフ。
係数5でピュアなら-30まで可能。


▼《風の渡し手/ハヌマーン
&リミットエフェクト《シルフの詩/BC》による、常時多数(6体とか)遠隔攻撃。


▼《ポイズンフォッグ/ソラリス》《アウトブレイク/シーン攻撃/EA》や《要の陣形/オルクス/3体》《未知なる陣形/ハヌマーン/5体/EA》による複数体攻撃の手軽さ。


…結論として、《サイレンの魔女》に勝るには、バフ・デバフのエフェクトを有効活用しないと、説得力不足となります。


●レギュレーションとコンセプト

ビルドにおける基本コンセプトは以下のとおりです。


▼成長性を重視(依頼内容によるもの)
エフェクトを成長で取得しようとすると、なかなか思うように行かず、もどかしい思いをすることになりやすい。
コンセプト上必要なものは最初に無理をしてでも取得するスタイルを推奨します。
従って130経験点時点での性能は、そこに特化したビルドと比較して性能面で劣る事になります。


▼ちゃんと強い
汎用性より攻撃性能(ダメージを生み出すチカラ)を重視する。
ある程度ハードな戦闘環境を想定する。
Eロイスも複数利用される事を前提とし、多少の燃費の悪さには目を瞑る。


▼ステージ
基本ステージ。


▼使用サプリ
質問主の指定によるもの。

フルサプリ環境から
「ネームレスシティ(強い一般アイテム)」
「ユニバーサルガーディアン(エンブレム)」
リプレイやシナリオ由来のトレイルデータ(RU)等を除く。


▼エフェクトLVをブーストする人権ユニークアイテム「デモンズシード/HR」は任意でご利用下さい。


▼イージーエフェクト
考えない事とする。
(本当は全部取得くらいの勢いが筆者の嗜好だが、それだとデータとしての汎用性を欠く事になるのよさ。)
とはいえ、エキストラを丸め込むのに便利な《竹馬の友》や《真偽感知/EA》を取得しない手はないです。


▼ワークス
《オリジン:サイバー/社会達成値増加》はお好みで。
高経験点環境なら《オリジン:コロニー》でバステ対策をするのも良い。


▼Dロイス
基本的なルールを遵守し、1つまでとします。


▼衝動
[殺戮]で。
アージエフェクトを使うなら《アポトーシス/復活殺し》《殺戮の因子/エフェクトキャンセル》を利用する事になる。


▼使用するシンドローム
〈交渉〉と所縁のあるもの。
ソラリス、オルクス、ノイマンハヌマーンウロボロス


◆0.比較用【天の火ポルターガイスト×サイレン】ハヌマーン×ブラックドッグ

▼Dロイス【財閥援助/HR】
任意のユニークアイテムを入手する。
侵蝕7or3
攻撃力40の「天の火/HR」を利用する。

▼能力値 精神のレネビ
肉体3
感覚2 行動値7
精神3 〈RC〉1+3
社会1 〈調達〉+2
【能力値0】【技能10】

▼エフェクト
4《100%:ポルターガイスト》1LV 攻+40
5《サイレンの魔女》5LV 攻18 シーン装甲無視
+4《ハードワイヤード》5LV 〈RC〉+10
2《オリジン:レジェンド》1+4LV 精神判定+12
2《メカニカルアクション/EA》1LV 
【エフェクト120】

▼60%コンボ
侵蝕5(準備2)/攻撃力15/ダイス4/クリティカル10/修正24/シーン選択/装甲無視

▼100%コンボ
侵蝕5(準備11)/攻撃力58/ダイス6/クリティカル10/修正26/シーン選択/装甲無視

《メカニカルアクション/EA》を利用し、Dロイスで召喚した天の火を即座に《ポルターガイスト》して、シーン中の攻撃力アップに変換する。





◆1.【実験体コンセプトモデル】ソラリス×オルクス

【経験点130】【フルスクラッチ

▼Dロイス
実験体 能力値+4

▼能力値 肉体のワークス
肉体1 HP24
感覚1 行動値4
精神2
社会5+4 〈交渉〉+4 〈調達〉1+1
【能力値0】【技能10】

▼エフェクト
3《絶対の恐怖》5LV 攻6 装甲無視
4《リミット:神の御言葉/EA》3LV 攻20
2《ポイズンフォッグ》1LV 範囲選択
4《100%:力の法則》2LV 攻+4D
2《コンセントレイト:ソラリス》3LV
【エフェクト120】

▼アイテム 常備化22/財産4
クリスタルシールド/15 ガ12 修正-1
ウェポンケース/1
思い出の一品/2

▼60%コンボ
侵蝕5/攻撃力5/ダイス10/クリティカル7/修正3/装甲無視/射程視界

▼100%コンボ
侵蝕11/攻撃力26/ダイス12/クリティカル7/修正4/射程至近/範囲選択/装甲無視


●解説
行動値を捨てているのと、範囲攻撃に《ポイズンフォッグ》を使うのとで、〈白兵〉アタッカーのような振る舞いとなります。

ピュアソラリスでも可能なコンセプトですが、リミットエフェクトの取得しにくさと、能力値に経験点を喰われる兼ね合いで、130点ビルドからの活躍が難しく、クロスブリードによる構成となっています。


●160経験点
《神の御言葉》3⇒4【5】攻25
《力の法則》2⇒3【5】バフ5D(27.5)
《ポイズンフォッグ》1⇒2【5】
《力の霊水/EA》0⇒1【15】バフ2D


●230経験点 
《神の御言葉》4⇒5【5】
《力の霊水》1⇒3【10】バフ4D
《ポイズンフォッグ》2⇒3【5】
アウトブレイク/シーン攻撃/EA》0⇒1【15】
《抗いがたき言葉》0⇒5【35】


※《力の法則》《力の霊水》
100%合計で侵蝕率8/ダメージ+9D(期待値49.5)の威力となります。他者強化ではありますが、これを攻撃のダメージ期待値58と合算すれば、ラウンドあたりのダメージアベレージが("強いアタッカー"の1つの目安となる)100を越えます。



◆試作2.【アンプリフィケイション固定値】ソラリスピュア

【経験点130】【フルスクラッチ

▼Dロイス
【申し子】《アンプリフィケイション/攻撃力固定値ブースト》

▼能力値 交渉のワークス
肉体1
感覚1
精神2
社会7 〈交渉〉1+3 〈調達〉1+2
【能力値20】【技能10】

▼エフェクト
3《絶対の恐怖》7LV 攻8 
4《リミット:神の御言葉》1LV 攻10
2《ポイズンフォッグ》1LV 至近範囲選択
2《コンセントレイト:ソラリス》3LV
5《D:アンプリフィケイション》1LV 攻10
【エフェクト100】

▼アイテム 常備化20/財産4
クリスタルシールド/15
ウェポンケース/1

▼60%コンボ
侵蝕5/攻撃力7/ダイス8/クリティカル7/修正4/射程視界/装甲無視/

▼100%コンボ
侵蝕16/攻撃力28/ダイス10/クリティカル7/修正4/射程至近/範囲選択/装甲無視


●解説
攻撃力固定値特化タイプ。
かなりがんばった方だが、他のタイプのアタッカーには劣る。


●経験点160
《神の御言葉》1⇒5【20】
《アンプリフィケイション》1⇒3【10】
これで100%の攻撃力固定値58(ダメージ期待値80)で、カンストです。
とは言うものの、判定ダイスが少な目なので、〈交渉〉を早めに成長させておくのがオススメです。
ミドル戦や100%前から高火力を発揮できるのも強みのひとつです。


●経験点230
《ポイズンフォッグ》1⇒5【20】
アウトブレイク/シーン攻撃》0⇒1【15】
《力の霊水/ダメージブースト》0⇒5【35】


他のバリエーションとして《抗いがたき言葉/ダイスペナルティ》0⇒7【45】も強い。

最初からの230経験点のビルドなら、《ポイズンフォッグ》《アウトブレイク》ではなく、《タブレット》《多重生成/n体攻撃/HR》を利用する手もある。



◆試作3【ポルターガイスト天の火】ソラリス×ブラックドッグ

▼Dロイス【財閥援助/HR】
任意のユニークアイテムを入手する。
攻撃力40の「天の火/HR」を利用する。

▼能力値 社会のワークス
肉体2
感覚1
精神2
社会7 〈交渉〉1+3 〈調達〉1+2
【能力値30】【技能10】

▼エフェクト
4《100%:ポルターガイスト》1LV 攻40
3《絶対の恐怖》5LV 攻6 装甲無視
4《リミット:神の御言葉/EA》2LV 攻15
2《コンセントレイト:ソラリス》2LV
【エフェクト90】


▼アイテム 常備化20/財産4
クリスタルシールド/15
ウェポンケース/1


▼60%コンボ
侵蝕9/攻撃力15/ダイス8/クリティカル8/修正3/射程視界/装甲無視


▼100%コンボ
侵蝕9(準備4)/攻撃力61/ダイス10/クリティカル7/修正3/射程視界/装甲無視/
天の火は2ラウンド目からの利用となる。


●解説
130点の段階ではただの鈍足単体アタッカー。
固定値攻撃力はあるものの、同じコンセプトなら《サイレンの魔女》の方が圧倒的に強い。


●経験点160
《ポイズンフォッグ》0⇒2【20】
《神の御言葉》2⇒4【10】

●経験点230
《ポイズンフォッグ》2⇒3【5】
《リミット:アウトブレイク/シーン攻撃/EA》0⇒1【15】
《神の御言葉》4⇒5【5】
タブレット》0⇒2【20】
《加速装置》0⇒3【25】



◆試作4【重圧&鈍足化のデバフ特化タイプ】ソラリス×ハヌマーン+ノイマン

【経験点130】【フルスクラッチ

▼Dロイス 
【遺産継承者/蛇王の外套/LM】
《原初の黄:加速装置》
侵蝕率基本値+11
防具装甲7

▼能力値 社会のワークス
肉体1
感覚1 行動値4
精神2
社会7 〈交渉〉1+3 〈調達〉1+2
【能力値20】【技能10】

▼エフェクト
3《風の渡し手》2LV 4体 シーン1回
3《絶対の恐怖》1LV 攻2 装甲無視
3《封じ手/EA》1LV 重圧 LV回
4《彫像の声》2LV 行動値-15
2《コンセントレイト:ソラリス》2LV
2《D:原初の黄:加速装置》1+2LV 行動値+16
【エフェクト100】


▼アイテム 常備化20/財産4
クリスタルシールド/15
ウェポンケース/1

▼60%コンボ
侵蝕5/攻撃力1/ダイス8/クリティカル8/修正3/射程視界/装甲無視

▼100%コンボ
侵蝕17/攻撃力2/ダイス10/クリティカル7/修正3/4体/行動値-15/重圧


●解説
アタッカーというよりデバッファーですが、試作として掲載いたしました。

行動値20から、行動値-15と重圧付きの攻撃を複数体に飛ばします。

重圧により、取り巻きエネミーの(場合によってはボス)の面倒なオートエフェクト…ガード、ダメージ軽減、ターゲットコントロール、判定キャンセル、ダメージブーストetc を封じます。

敵の行動値も激減するので、パーティーの先攻殲滅力もだいぶ向上します。

ダメージはたいして出せませんが、他では真似出来ないタイプの強さを発揮します。

重圧対策や行動値対策はGMサイドでいかようにも可能なので、GMさんによってはプロレスに付き合ってくれない可能性も考えられます。



●経験点160
《風の渡し手》1⇒4【15】6体攻撃
《リミットシルフの詩/風の渡し手無限化/BC》0⇒1【15】
ここからが本領発揮と言えます。

●経験点230
《絶対の恐怖》1⇒4【15】
《神の御言葉/EA》0⇒4【30】100%攻撃力30
封じ手》1⇒2【5】
《コンセントレイト》2⇒3【5】
〈交渉〉4⇒6【4】
残り【11】

ガードエネミーへのダメ押しに、《恐怖の一言/強制移動》入れるのもよいです。
これでガード対象から引き剥がします。
重圧も入るので完全にガードの仕事を潰せます。



◆試作5【起源種でバフ&デバフ】ソラリス×オルクス

▼Dロイス
【起源種】
エフェクトLVブースト

▼能力値 肉体のワークス
肉体1
感覚1 行動値4
精神2 〈知識:〉+1
社会5 〈交渉〉1+2 〈調達〉1
【能力値0】【技能5】

▼エフェクト
2《抗いがたき言葉》1LV ダイス-3
3《絶対の恐怖》5LV 攻7
4《リミット:神の御言葉》1LV 攻15
3《要の陣形》1LV
2《領域調整》3LV +5D
2《コンセントレイト:ソラリス》2LV
【エフェクト125】

▼アイテム 常備化16/財産0
クリスタルシールド/15
ウェポンケース/1
  
▼60%コンボ
侵蝕7/攻撃力5/ダイス9/クリティカル8/修正2/射程視界/装甲無視/

▼100%コンボ
侵蝕16/攻撃力22/ダイス10/クリティカル7/修正2/射程視界/3体/装甲無視/ダイペナ3


●解説
〈交渉〉アタッカーのベンチマーク的ビルドとなった。
バフとデバフをそれなりにこなす大器晩成タイプ。
最終的なダメージアベレージは97。


●経験点160
《抗いがたき言葉》1⇒3【10】
《神の御言葉》1⇒3【10】
〈交渉〉3⇒6【6】
〈調達〉1⇒3【4】

●経験点230
《神の御言葉》3⇒5【10】攻35
《抗いがたき言葉》3⇒5【10】
《要の陣形》1⇒3【10】
《未知なる陣形》0⇒1【15】5体攻撃
《力の法則》0⇒3【25】6D



以下、気が向いたら続くかもしれない。
《狂乱の一声/憎悪付与/EA》辺りにまだ可能がありそうです。