ダブルクロスのススメ

TRPGだよ。モンハンじゃないよ。

【20.5.21更新4体】上級ルールのDロイス解説その7/邪眼/時使い/雷帝/機械化兵/吸血鬼@TRPGダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181110204049p:plain
 [邪眼/時使い/雷帝/機械化兵/吸血鬼]

上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その7です。

【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。

 

◆No.31 邪眼(イーヴルアイ)

【LM変更あり】

バロール専用。
厨二御用達の名称ですが、効果はかなり微妙です。使っている人は恐らく皆無です。

バロールの指定エフェクト7種(LMで+1種)に「ラウンド中のダイスペナルティ1」効果を付与します。コンボさせれば、その分累積します。
代わりに"自動成功"のダイスボーナスエフェクト…具体的には《ダークマター》…の効果が-1Dになります。全てのダイスボーナスエフェクトではない点に注意です。例えば《瞬速の刃》で得られるダイスボーナスは普通に得られます。

ラウンド中の効果なので、先手で効果を与えないと殆ど意味がありません。
故に行動値が低い〈白兵〉は邪眼ビルドの考慮に入りません。
〈射撃〉か〈RC〉ビルド推奨となりますが、頑張ってもピュアブリードでなければ3コンボの-3Dがせいぜいで、効果としてはこれまた微妙です。
これでは雑魚ならともかく、ボス相手には殆ど意味がないです。
射撃の場合なら、同じ効果を【秘密兵器・フォールンライフル】で得た方がよほど有効です。

【射撃/ダイスペナルティ攻撃】バロール@邪眼

【コンストラクション】【EA適合】

▼能力値
肉体1
感覚5 〈射撃〉1+3
精神4
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
3《D:巨人の斧》3LV 12 -2D
3《D:瞬速の刃》1LV +3D
3《因果歪曲》1LV 範囲
2《D:ピュア:黒星の門》1LV +3D
2《コンセントレイト:バロール》2LV

▼100%コンボ 行動値14
侵蝕13/攻撃力19(ショットガン)/ダイス12/範囲選択/ダイスペナルティ・ラウンド3


成長では《巨人の斧》を5LVにすると、アタッカーとしてはひとまず完成形です。大火力にはなりませんが、ミドルフェイズでの攻撃力が強みになります。

さらに載せられるダイスペナルティエフェクトには《斥力の鎚》があります。これは、ボスエンゲージのカバーリングエネミーをぶっ飛ばして、白兵アタッカーを切り込ませたり、白兵キャラの為にボスを引き寄せたり、ボスと人質を分断したり、2つの敵エンゲージを1つにまとめたり、敵だけ動かして仲間をエンゲージから救い出したり、走っている車を壁にぶつけて事故らせたりするのに使えます。

これ以上の強化となるとあとは、《孤独の魔眼》《時の棺》《赤方偏移世界》等で支援方面を強化して行く流れですね。
 


 

◆No.32 時使い(クロノトリガー)

バロール専用。
自分の判定ダイスの出目を±1操作します。
シナリオ三回まで。
侵蝕+1D 。

素で攻撃に使っても、たまにクリティカルの出目を作れるくらいで、アテにし難く、コストの割りにあまりおいしくない効果です。
使っている人は殆んどいないと思います。

キャンセルエフェクトの達成値ブーストで、役に立つ可能性はあります。
ドッジの達成値ブーストとしても使えますが、代償が高いので非推奨です。

いずれにせよ、普通のエフェクト…オルクスの《妖精の手》や、ノイマンの《勝利の女神》…のほうが安定して頼りになります。

ネタの領域を出ませんが、一番生かせるのはいわゆるロイスボム(クリティカル2攻撃)の時です。
「1が出たら2に変える」の操作で、達成値をかなり伸ばす役に立ちます。

NEW【射撃/ロイスボマー】バロール×ハヌマーン@時使い

▼能力値
肉体1
感覚6 〈射撃〉1+3
精神3 
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
3《瞬速の刃》1LV +3D
3《電光石火》1LV +3D HP-1D
3《巨人の斧》2LV 攻9 -2D
6《100%:リミットリリース》1LV クリティカル-1
2《コンセントレイト:バロール》3LV

▼アイテム 常備化10/財産0
ショットガン/7 攻7 修正-1
ウェポンケース/1
コネ:UGN/1
コネ:噂/1

▼60%コンボ
《瞬速の刃》《巨人の斧》
侵蝕8/攻撃力13/ダイス7/クリティカル7/修正3

▼100%コンボ
《瞬速の刃》《巨人の斧》
侵蝕8/攻撃力16/ダイス10/クリティカル7/修正3

▼100%ロイスボム 
《瞬速の刃》《電光石火》《リミットリリース》
侵蝕14+3D/攻撃力7/ダイス15/クリティカル2/修正3/HP-1D/ロイス3昇華

15D/クリティカル2 期待値313 攻撃力176
1D/クリティカル2 期待値90×3回 攻撃力55
合計達成値583 攻撃力期待値324


Dロイス枠を【時使い】に充てた上で、ハヌマーンの100%エフェクト《リミットリリース/クリティカル-1/下限値5》を使う関係上、バロールとハヌマーンのクロスブリードでビルドする事になります。
大きくダイスを増やしてくれるエフェクトが無いのが残念です。

【時使い】を利用し追加で3回、1Dのクリティカル2判定で達成値を伸ばしていく事ができます。

ざっくり1回の使用で達成値100程は稼げるので、合計の達成値600程は見込めます。

ここまでの侵蝕率コストは、基本コンボ14+時使い3D(期待値16.5)の30程です。
残ロイス3を三倍振りした場合のバックトラックは49.5(残ロイス2なら33)なので、復活等にロイスを浪費していなければ、Eロイス補助分のダイスボーナス無しでも生還のチャンスはあります。

↓のアプリでダイスロールのシミュレーションができます。気になる方は試してみると面白いと思います。
●だぶくろーる
https://play.google.com/store/apps/details?id=appinventor.ai_pm116kzn.DX3rd_Dice



◆No.33 雷帝(サンダーロード)

【LM変更あり】

ブラックドッグ専用。
侵蝕4/攻撃力3D/ダイス-2
(LMでは、侵蝕6/ダイスペナルティー無し)
…のエフェクト《ミカヅチ》を取得します。

ミドフェイズから高い攻撃力が出せるのは良いのですが、ダイスペナルティーが嵩みがちなRCキャラでは使いにくいエフェクトです。

使うなら射撃か白兵で、ダイスボーナスエフェクトの《アームズリンク》とコンボして使うのが良さそうです。 

もっとも、費用対効果から考えるとこの【雷帝】より、【対抗種】に軍配をあげたくなりますね…

【白兵/ミカヅチブースト】ブラックドッグ×エグザイル@雷帝

【コンストラクション】

▼能力値
肉体8 〈白兵〉1+3
感覚2
精神1
社会1 〈調達〉1+2

▼エフェクト
2《アームズリンク》1LV +2D
5《100%ジャイアントグロウス》1LV 攻2D 範囲
3《100%:命の剣》1LV 攻8
+4《ハードワイヤード》1LV
  アームブレード 攻9
4《D:ミカヅチ》1+1LV 攻+3D -2D
2《コンセントレイト:ブラックドッグ》3LV

▼60%コンボ
侵蝕8/攻撃力9+3D/ダイス8/クリティカル7/修正3/ガード-5

▼100%コンボ
侵蝕16/攻撃力18+5D/ダイス11/範囲選択/ガード-5

《ミカヅチ》はミドル戦闘の火力不足に良く効きます。3レベルにして、ミドル1回クライマックス3回…くらいの配分で使う事になるでしょうか。



 

◆No.34 機械化兵(フルボーグ)

受けるダメージが常に-10。
ブラックドッグ専用。

分かりやすい効果です。フレーバーもいい感じです。
とは言え、これ単体ではそれほど役に立たないので、鎧やガードエフェクトとの併用が必須です。

ちなみに、ブラムストーカーの各種エフェクトや、サラマンダーの《終末の炎》など…HPを消費する…HPを失う…エフェクトのHPコスト低減の役には立ちません。"ダメージ"のみが軽減されます。

NEW【白兵/ガード】ブラックドッグ×ブラム=ストーカー@機械化兵

▼能力値 UGNエージェントA
肉体6 〈白兵〉1+2 〈回避〉1
感覚3
精神2 〈意志〉+2 〈RC〉1
社会1 〈調達〉1+1 〈情報:UGN〉1

▼エフェクト
2《コンセントレイト:ブラム=ストーカー》2LV
4《渇きの主》1LV HP回復8 装甲無視
2《マグネットフォース》1LV カバー
+3《サイバーアーム》1LV 攻4 ガード5
3《磁力結界》3LV ガード+4D

▼100%コンボ
侵蝕6/攻撃力4/ダイス9/クリティカル7/修正3/装甲無視/HP回復8

▼100%ガード
侵蝕3/ガード5+4D+10(期待値37)

遠隔カバーは出来ませんが、ディフェンダー兼サブアタッカーとして渋い活躍が可能です。



◆No.35 吸血鬼(ヴァンパイア)

ブラムストーカー専用。
侵蝕3/シーン一回/セットアップ/戦闘不能を回復…てな感じのエフェクトを取得します。
代償として従者を使えなくなります。

復活用エフェクトとしては、かなり侵蝕率が低いです。うまく使えば《リザレクト》とタイタス消費を何回か賄えます。HPもかなり回復するので、ガードキャラとの相性が良好です。

効果は悪くないのですが、シーン1回と使用頻度が少ないうえに、自分に使う事もできない(戦闘不能になると、そもそもエフェクトが使えない)ので、イマイチありがたみがありません。
フレーバー的には自分に使えて然るべきなので、GM次第では自分に使うことを許可してくれるかもしれません。

セットアップタイミング(ラウンド開始時)の使用なので、《リザレクト》のように倒れてすぐには使えない事に注意です。
不用意に戦闘不能のまま放置してしまうと、次のダメージでうっかりコロされてしまう事になりかねません。