TRPGダブルクロスのススメ

モンハンじゃないよ

【全記事リンク】TRPGダブルクロスのサポート記事です

f:id:caunserahomare:20180411000244j:plain


◆ブログ概略◆

TRPGダブルクロス3rdの初心者ユーザー向けに、

・基本ルールブック1と2で使ったキャラクター
 
・遊ぶ上でのセオリー

…を主に紹介しています。


ダブルクロスとは?wikipedia
 異能力バトルストーリーを遊ぶ、アナログゲームです。



◆特記事項◆

 キャラクターデータはフルスクラッチではなく、コンストラクションによる作成がメインです。

 自動取得のエフェクトや細かい技能などは、得に必要な場合を除き、表記していません。

 ブログ内には、合計140を越えるビルド例が掲載されています。



◆後発サプリへの適合◆

 記事タイトル下のカテゴリータグ【EA適合キャラ有】からリンクした記事内には、タイトルに【EA適合】と記してあるビルドを紹介しています。

 これらのビルドは、サプリメント"EA(エフェクトアーカイブ)"で変更されていないデータで組まれており、基本ルールのみによる作成ながら、無改造でエフェクトアーカイブを使用した環境でも使用することが可能です。

 既存ユーザーのほとんどは、EAを導入した環境で遊んでおり、入門ユーザーが既存ユーザーと一緒に遊びにくいというのが、残念ながらダブルクロス3rdというゲームの現状です。

 このblogは、そこに一石を投じたいとの思いを一つの動機として執筆されています。

 これについて詳しくは、上のカテゴリータグ[エフェクトアーカイブ]からの記事をご参照下さい。
 




◆◆◆◆セオリー解説記事◆◆◆◆
caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com


◆◆◆シンドローム解説◆◆◆

効率重視の視点から解説しています。

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com



◆◆◆◆セオリービルドキャラ◆◆◆◆

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com




◆◆◆◆コンセプトビルドキャラ◆◆◆◆

caunserahomare.hatenablog.com


caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com




◆◆◆◆Dロイス解説◆◆◆◆

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com



◆◆◆ルルブ・サプリ関連◆◆◆

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com



以上!


【18.11.30更新4体】ダイスペナルティー祭り@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181128190057j:plain
 
 判定のダイスを減らす…ダイスペナルティー効果で、敵をどんだけ押さえ込めるか考えてみました。

 結論から言って一番の使い方所は、GMするときにPCに対して使う。です。
 PCが頑張って使っても、費用対効果に劣る上に無効化されやすくて頼りにできません。

 



●ダイスペナルティーはボスに効きにくい

 《放心》ならともかく、ダイスペナルティーはバッドステータスではないので、ボスでも《異常耐性》などで無効化できません。

 しかしダイスペナルティーには、専用の無効化エフェクト(ノイマンの《カリキュレーション》等)が存在するので、結局ボスをダイスペナルティーで完封するのは不可能です。
 
 ⇒しかも上級ルール環境なら、Eロイス《あり得ざる存在》を使ってシンドローム関係無く持たせる事も可能です。



※ダイスペナルティー無効化エフェクトを、エグザイルの《デビルストリング》で妨害するという手もあるにはあります。

※PCならタイタス効果"不利な効果を消す"でダイスペナルティー解除が可能です。




●ダイスペナルティーの効力
 
 ダイス20(クリティカル7)をダイス10に減らした場合、期待値は38.9⇒30.2になります。

 この程度では普通のキャラでは結局ドッジが困難ですし、ダメージ期待値もダイス1つ分(5.5)落とせるかどうかです。 

 例えボスがダイスペナルティー無効化エフェクトを使って来なかったとしても、ボス相手にはあまり意味がないということです。

 たとえダイスペナルティーエフェクトをパーティーレベルで協力してガン積みしても、無効化エフェクト1つでパーです。
 やるにしても、GMが"それくらいなら受けてやろう"と思えるラインを狙うのが賢いです。

 ディスってばかりですが、仲間に達成値勝負をするドッジキャラやキャンセルエフェクト使いがいる場合だけは、良い援護効果が期待できます。




●雑魚を封殺しよう

 というわけで実質の所ダイスペナルティーは、ミドル戦闘で役立てたり、ボスの取り巻きを妨害するのが主眼となります。

 ダイスゼロで判定不能。そこに届かなくても達成値を下げて、回避や小ダメージ化を狙います。

 公式データ的に言えば《コンセントレイト》を持たない雑魚エネミーなら、ダイスペナルティー10もあれば、ほぼ判定不能にできます。ここら辺が狙いどころと言えるでしょう。

 ちなみに、オルクスの《奈落の法則》をセットアップで使って、クリティカル+1のペナルティーをばらまいたり、《隆起する大地》でダメージ減少をしたり、《サイレンの魔女》や《要の陣形》アタックで吹き飛ばしたりした方が、結局手っ取り早いのは秘密です。
 



●チョイスするエフェクトについて

 ドッジを妨害する必要はほぼないので、敵の攻撃判定を鈍らせる事を主眼に考えます。というわけで…

・シーン中持続
・セットアップから有効
・オートアクションで妨害

 …等の性能を持つエフェクトからチョイスする事とします。

 バッドステータスの"放心"を与えるものを含む、「メジャーアクション使用でシーン持続しないエフェクト」は、先手を取って使わないと役に立たない…汎用性が低い・行動加速にリソースを割かれる…ので除外します。
 ダイスペナルティーは、そうまでして使う程の効果ではないという判断です。
 バロールの《80%魔神の心臓》が涙目です。



●チョイスしたエフェクト
 効果は最大LV・侵蝕100%の目安です。


ソラリス《抗いがたき言葉》
 メジャー・シーン持続・効果6
 《ポイズンフォッグ》《タブレット》や《領域調整》《要の陣形》のコンボでバラまきます。
 行動値が低いビルドになりやすいのがネックです。


★オルクス《ジャミング》
 オート・効果4


★オルクス《絶望の領域》
 ピュア・セットアップ・シーン選択・ラウンド持続・効果3(EAでは8、極めれば12、Dロイス超血統なら16!)
 EA版じゃないと、パワー不足です。


★オルクス《奈落の法則》
 クリティカルペナルティー1の効果です。ダイスペナルティーエフェクトではないですが、実質ダイスペナルティー10相当の威力です。
 セットアップに至近範囲・自分以外に効果を及ぼします。
 

★エンジェルハイロゥ《80%フラッシュゲイズ》
 オート・効果8
 オートタイミングでは、これが最強です。


★キュマイラ《魔獣の咆哮》
 オート・効果4


★一般《カームダウン》
 セットアップ・シーン無差別・ラウンド持続・効果8・使用回数制限無し

 無差別ですが、任意のタイミングで切る(ルルブ1P325)事ができるので、使い方次第です。たとえば、自分のメインプロセスやリアクションのタイミングで切る。とか。
 大概のボスはPC達より行動値が高いので、この運用であまり問題無いはずです。
 とはいえ、利用には仲間の了解をとっておきましょう。



▼参考・サプリメント掲載
 
・【上級】古代種《ルーラー》
 セットアップ・シーン選択・効果6


・【EA変更】ハヌマーンアースシェイカー
 メジャー・シーン持続・効果4
 《サイレンの魔女》でシーンにバラまけます。




●ダイスペナルティーエフェクトの運用

 ドッジやキャンセルエフェクト使いを生かす為のパーティー戦略として採用します。

1・シーンや多数にペナルティーをばらまく係

2・ここぞというときオートアクションのエフェクトを打ち込む係

3・ドッジやキャンセルエフェクト使い

 一人でやると侵蝕負担が重くなるし、ペナルティーだけのキャラクターでは汎用性に問題が出ます。なるべく分業した方が良いです。

 とりあえず、ダイスペナルティーエフェクト2つ合わせて、ペナルティー10ちょい、達成値で-10辺りを狙います。

 




◆◆◆キャラクター例1◆◆◆
エンジェルハイロゥ×モルフェウス
【コンストラクション】
"レイディアントアイ"

▼能力値
肉体1
感覚8 〈射撃〉1+3
精神1
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
2《小さな塵》1LV 4
4《100%マスヴィジョン》1LV 10
3《ペネトレイト》1LV
3《フラッシュゲイズ》3LV ダイペナ8

▼100%コンボ
侵蝕11/攻撃力19(大型拳銃)/ダイス10/装甲無視

 単体アタッカー兼《フラッシュゲイズ》の援護キャラです。




◆◆◆キャラクター例2◆◆◆
キュマイラ×ハヌマーン
【コンストラクション】
"プロガノケリス"

▼能力値
肉体8 〈白兵〉1+3
感覚1
精神1
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
2《獣の力》1LV  4
4《フルパワーアタック》1LV  10
3《竜鱗》1LV 装甲20
3《カームダウン》3LV ダイペナ8

▼100%コンボ
侵蝕4(準備4)/攻撃力20(ワイヤーウィップ)

 単体アタッカーをしながら、セットアップにシーン無差別ダイスペナルティーの《カームダウン》を使うキャラクターです。シーンにバラ蒔くならこのエフェクトが手っ取り早いです。

 ダイスが減ってヘロヘロになった雑魚の攻撃は《竜鱗》で凌ぎます。
 オルクスとのクロスにして、《奈落の法則》を使えればさらにエグイのですが、《カームダウン》はコンボ出来ないので不可能です。残念。

 ダイスペナルティー効果は、任意のタイミングで切れるので、《フルパワーアタック》で満を待して、自分の番が来たら《カームダウン》を切って敵に襲いかかります。

 この作戦に敵が対応して[待機]してきても、それで先手が取れればオーケーとしましょう。←待機相手でもフルパワーアタックの行動値0が早い処理になります。





◆◆◆キャラクター例3◆◆◆
ソラリス×ブラックドッグ@実験体
フルスクラッチ】【上級ルール】
"コードギアス"

▼能力値
肉体2
感覚1
精神2
社会5(+3実験体) 〈調達〉1+3
【能力10】【技能6】

▼エフェクト
3《絶対の恐怖》1LV
2《抗いがたき言葉》4LV
2《ポイズンフォッグ》1LV
4《100%ポルターガイスト》1LV
1《加速装置》1LV  最大行動値12
2《コンセントレイト・ソラリス》2LV
【エフェクト110】

《ez竹馬の友》《ezタッピング&オンエア》
【イージーエフェクト4】


▼100%コンボ
侵蝕11(準備4)/攻撃力22(ポルターガイスト)/ダイス11/装甲無視/至近範囲選択/ダイスペナルティー5/


 基本るるぶのコンストラクションでは、十全な機能性を発揮できないので、今回は例外的にDロイスを利用しています。【実験体】で能力値をかさ上げしているので、経験点でいうと160点のビルド相当になっています。

 常備化ポイント24点全てを、攻撃力20のアンチマテリアルライフルの調達に回します。これを《ポルターガイスト》で使います。

 あと15経験点あれば《加速装置》や《抗いがたき言葉》を最大LVにして、ポテンシャルを発揮できます。
 《ポイズンフォッグ》の射撃を視界にする《タブレット》も、早めに習得したいところです。 

 リンケージマインドを導入すると、【実験体】の性能向上により、さらに経験点に10の余裕がでます。
 また、固定ロイス"黒"の昇華で達成値-20という効果を、Sロイスも含めれば三回使えるようになります。

 エフェクトアーカイブを導入すると、《加速装置》の燃費は悪くなりますが、《ポイズンフォッグ》をシーン化する《アウトブレイク》や、《絶対の恐怖》に30ダメージを上乗せできる《神の御言葉》なんかがあり、かなりのパワーアップが可能になります。

…^^;



◆◆◆参考キャラクター「判定キャンセラー」◆◆◆

ノイマン+オルクス
"バレットオブイージス" 
【コンストラクション】【EA適合】

能力値1443

4《勝利の女神》2LV 達成値Up
3《コンバットシステム》1LV ダイスUp
5《守りの弾》1LV 攻撃キャンセル
2《リフレックスノイマン》2LV
2《オリジン・プラント》1LV

100%守りの弾/侵蝕10+4(準備2)/ダイス10/修正4-1+4+9=16/期待値46.9

 スキあらば《守りの弾》でボスの行動をキャンセルします。

 武器は修正-1の小型拳銃を想定しています。《コンバットシステム》を使えば攻撃も可能です。

 ダイスを増やす《コンバットシステム》は、メジャーアクション・リアクション両方に使えるので攻守で活用できます。
 さらにエフェクトアーカイブでは、リミットエフェクト《エクスマキナ》が登場し、侵蝕4で達成値+10という効果を得ることができます!

 ちなみに精神能力値で射撃ができる《コントロールソート》は、リアクションにコンボできません。ノイマンピュアで《守りの弾》を使うのは難しいです。

 《勝利の女神》の成長で、達成値を+18までブーストできます。
 →大きくダイスを増やすモルフェウスの《サポートデバイス》より、高効率で達成値をブーストできます。

 ロイスを複数守れる公算があるなら、タイタス効果でクリティカルを下げて使いましょう!達成値40~50なら余裕で行けます(ダイス期待値56.8)。
 リンケージマインドありのレギュレーションなら、固定ロイスは敵の達成値を20!下げる「黒」が鉄板です。

 燃費が悪い…一倍振り前提のロイスを三つ使わせるレベル…なので、ボスも納得(?)してキャンセルされてくれると思われます^^;

 オルクスのクリティカルペナルティーエフェクト《奈落の法則》や、各種ダイスペナルティーエフェクトを使ってくれる仲間とコンビ打ちできると強力ですね。

 成長性を考慮して、後々《妖精の手》などで、射撃達成値を伸ばし易いオルクスとのクロスブリードにしてあります。




caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

Dロイス。リンケージマインドの概要及び上級ルールとの差異について@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181123050648j:plain

 サプリメント"リンケージマインド"では、上級ルールから登場していたDロイスルールが、バランス調整でデータ変更を受けたものが結構あります。
 概ね使いやすくなっています。
 まとめてみました。


▼戦闘用人格 
 +5dに

▼実験体
 能力+3から+4に
 基本侵蝕は+3から+5に

▼伝承者
 1シーン一回 クリティカル-1 三回に

特異点
 達成値値+20に

▼精鋭
 基本侵蝕上昇3から2に

▼奇跡の血
 侵蝕-3から-4に

雷帝
 ダイスペナルティーなし 侵蝕+2に

▼羅刹
 攻撃力+ 6から+8に

▼異形
 -lvから-LV+2に

▼器物使い
 ボーナス・ペナルティー共に2から3へ

▼動物使い
 攻撃力レベル×3から×4へ

▼究極のゼロ
 コンセ・リフレ選択不要。どちらでも可に

▼変異種
 破邪の瞳 侵蝕4から5へ
 コキュートス ダイペナ3から2へ
 ハードラック 最大レベル3から5へ
 ピアシング ダメージ-10か-5へ
 ウロボロスと 80% 100%の 三種追加
    
▼古代種
 《クレンジング》追加 エフェクト効果解除
 《コマンド追加》 トループ殲滅
 《リザレクション》追加 他人の戦闘不能回復
 
▼申し子
 《アキュラシー》追加 達成値アップ
 《インターセプト》追加 イニシアチブ行動
 《ストレングスン》追加 オートの効果アップ
 
▼秘密兵器
  経験点で三個まで持てるように
 レイジングブレイド 命中ペナ-3から-2へ
 フォールンシールド 侵蝕2から1へ
 特殊装甲義肢 攻撃+4から+6へ
 レジェンドウェポン 攻撃+3から+5へ





★その他、上級には無かった新Dロイスや、ウロボロス専用・ステージ専用の等Dロイスが追加で51種!紹介されています。


★Eロイスが大幅に増えました!
 基本が11種から23種へ(+12)
 衝動別が2種から6種へ(+52)
 さらにステージ専用が3種登場


★固定ロイスに特殊効果が付くようになりました。関係性によって8種類あり、Sロイスならそのどれでも使えます。
 いずれもDロイスやSロイス効果に比肩する高い効果です。Dロイスを持たないビルドでも、使い方次第で勝るとも劣らない活躍が可能です。
 もしこのルールを導入するなら、ゲームバランスが大きくかわるので注意しましょう。特に達成値を減らす効果により、《守りの弾》等のキャンセルエフェクトが強力になるので、考えなしに導入するとボスが完封されかねません。
 リンケージマインドは導入するけど、固定ロイスの特殊効果は使わないというレギュレーションで、卓を開く人もいるくらいです。

 


 以上、リンケージマインドは遊びの可能性を大きく広げてくれるサプリメントと言えますね。
 オンラインセッションの募集などを見ていても、上級ルールブックやエフェクトアーカイブと共に、頻繁にレギュレーションに組み込まれているのも頷けます。
 



ダブルクロス The 3rd Edition ルール&データブック リンケージマインド (ゲーム関係単行本)

電子書籍版も出ています。
ダブルクロス電子書籍化が進んでおり、仕事の合間にブログを書くのに助かっております。
エフェクトアーカイブだけは頻繁に検索するので、物理本の方が良いですが。




Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

スマホでも見られますが、大きく見たいならこれがオススメです。
メモリが少ないモデルですが、メモリーカードでいかようにも増やせます。たまにセールで2000円OFFの4000円位になるので、その時が狙い目です。



caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【19.1.10追記8体】上級ルールのDロイス解説その10/達人/黄金領域/動物使い/永遠の炎/究極のゼロ/記憶探索者/優しい奇跡@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181110204251p:plain
[達人/黄金領域/動物使い/永遠の炎/究極のゼロ/記憶探索者/優しい奇跡]

上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その10、Dロイスの全てではありませんが、上級ルールブックで紹介されているものとしては最終回となります。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。



◆◆No.46 達人(アデプト)◆◆

 ノイマン専用。
 選んだエフェクト一つの攻撃力+5、判定ダイス+2、侵蝕コスト+2。

 ノイマンのアタッカーが使うDロイスですが、専ら使われる《マルチウェポン》なら攻撃力に不足は無いので、このDロイスより【実験体】【複製体】【申し子】【精鋭】他、のDロイスを用いた方が効率良く強化できます。

 このDロイスは、ノイマン得意の[精神]を生かしつつ、ミドルフェイズの攻撃力とダイス不足を補う必要のある、RCビルドで光ります。


▼サンプルキャラ1
ノイマン×モルフェウス@達人
【コンストラクション】
"鎖刃の達人"

能力値 1272

2+2《D達人・砂の刃》1 8.9 +2D
2《パラライズ》1 範囲選択 硬直
4《100%クリスタライズ》2 9
2《生き字引》1 精神で情報判定
2《コンセントレイト・モルフェウス》3

100%/侵蝕12/攻撃力18/ダイス12/範囲選択/装甲無視/ガード-5/硬直

 派手さは無いですが、非常にバランスの良い、使いやすいキャラクターになります。

 成長させる場合、火力の伸び代は少ないので、オートアクションの《砂の加護》や《勝利の女神》を使う、範囲アタッカー兼支援のマルチキャラを目指す事になりそうです。



▼サンプルキャラ2
ノイマン×バロール@達人
【コンストラクション】

▼能力値
肉体1
感覚1 〈射撃〉1+2
精神8
社会2 〈調達〉1+3

▼エフェクト
2+2《達人・コントロールソート》1 5
3《巨人の斧》3 12
10《100%:時の棺》1
3《因果歪曲》1


▼100%コンボ
侵蝕12/攻撃力22(大型拳銃)/ダイス11/範囲選択

 総合性能は上のキャラクターにこそかないませんが、それでもRCキャラとして見れば十分な性能です。
 成長で《孤独の魔眼》《支援射撃》《赤方偏移世界》《ファンアウト》《勝利の女神》等々、オートアクションやセットアップ系のエフェクトを揃えると、支援兼任で面白い動きができるようになります。
 



◆◆No.47 黄金領域(エリュシオン)◆◆

 オルクス専用。
 セットアップ/侵蝕3/ラウンド中攻撃力+10/最大レベル3(回数)/ただし放心(-2D)になる…というエフェクト《ディクタトル》を取得する。

 領域を展開すると、周りがピカピカになるフレーバーが付きます。

 ちなみにディクタトルとは、古代ローマの役職"独裁官"のことです。

 便利だけど便利過ぎない、なんとも絶妙なバランスのエフェクトです。

 成長無しでも攻撃力は発揮できるので、コンストラクションの単発セッションにも向いています。

 元々火力の足りないオルクスピュアで使うには、残念ながらパワー不足なので、クロスやトライで使い道を探る事になります。

 ちなみに、同じオルクスのDロイス【動物使い】も、回数制限付きで攻撃力を伸ばすという、似たような効果が得られます。こちらは、RCと交渉専用で、成長させれば攻撃力が12くらいまで伸びます。
 【黄金領域】は成長無しでも使えるのと、白兵や射撃とも組み合う応用制に強みがあります。



▼サンプルキャラ1
オルクス×サラマンダー@黄金領域
【コンストラクション】【EA適合】
"黄金竜の息吹き"

能力値 2163

1《棘の縛め》1LV 2 硬直
3《要の陣形》1LV
3《アニマルテイマー》1LV 3D
4《100%:プラズマカノン》2LV 15
3《D:ディクタトル》2LV 10 放心

100%/侵蝕16/攻撃力27/ダイス13-放心/三体/硬直

 ダイス増加エフェクトで放心をカバーしつつ、100%前のしょぼい攻撃力を《ディクタトル》で補います。
 クロスブリードで使うDロイスなら、一回だけ攻撃力と達成値が+10の【超侵蝕】よりも、使いでがあります。
 とはいえ、キャラクター運用上無くてもそんなに困らない(≒その分ボスのHP が増えるだけ)レベルの強化です。
 これを言ってはオシマイてすが、侵蝕を上げなくて済む&使用回数制限が無い分だけ【対抗種】の方が手軽で便利すね^^;



▼サンプルキャラ2
オルクス×エンジェルハイロゥ@黄金領域
【コンストラクション】【EA適合】
"黄金の弾丸"

能力値 1722

2《形無き剣》1 ドッジ-2D
3《要の陣形》1 三体
2《天からの眼》2 +3D
4《100%:マスヴィジョン》2 15
3《Dディクタトル》1 10 放心

100%/侵蝕16/攻撃力30(大型拳銃)/ダイス13-放心/ドッジ-2D /三体

 射撃バージョンです。キャラクター性能上、無くても困る効果はではありませんが、攻撃性能がしっかり底上げされてはいます。



▼サンプルキャラ3
オルクス×モルフェウス@黄金領域

能力値1713

1《形無き剣》1 ドッジ-2D
3《要の陣形》1
2《カスタマイズ》2 +3D
4《100%:クリスタライズ》2 9 装甲無視
3《Dディクタトル》1 10 放心

100%/侵蝕15/攻撃力24(大型拳銃)/ダイス13-放心/三体/装甲無視/ドッジ-2D

 攻撃力がやや不足するモルフェウスとの相性がベストマッチですね(^^)b
 装甲無視も可能なのでお得感があります。
 


▼サンプルキャラ4
オルクス×ソラリス@黄金領域
【コンストラクション】【EA適合】

能力値 1128

3《絶対の恐怖》1
2《領域調整》1 +2D
3《要の陣形》1
2《抗いがたき言葉》1
3《Dディクタトル》1+2

100%/侵蝕15/攻撃力12/ダイス13-放心/装甲無視/ダイスペナルティー2/三体/

 交渉アタッカーバージョンです。攻撃力不足を完全にはカバーしきれてないですが、選択肢のひとつにはなります。


関連記事
caunserahomare.hatenablog.com




◆◆No.48 動物使い(マスターテイマー)◆◆
【LM変更あり】

 オルクス専用。
 侵蝕2/RC・交渉/最大LV3/攻撃力LV×3/三回
 …というエフェクト《アニマルアタック》を取得。
 動物を使って攻撃します。
 
  
 半端な性能の為、フレーバー重視以外で取得する意味は、ほぼありません(LM版は攻撃力LV×4にパワーアップした為、火力強化に頼れます)。

 ピュアなら18まで攻撃力を伸ばせますが、【申し子】の《アンプリフィケイション》の方が効率も良く強いです。
 クロスかトライのオルクスアタッカーならば、前出の【黄金領域】や【対抗種・2Dダメージ上乗せ】の方が、成長コストも侵蝕コストも無く、効率が良いです。
 


◆◆No.49 永遠の炎(エターナルブレイズ)◆◆

 サラマンダー専用。
 侵蝕4/最大LV3/セットアップ/サラマンダーエフェクトの攻撃力+LV×4/行動値-5…てな感じのエフェクト《エターナルブレイズ》を取得する。

 
 始めに書くのもナンですが、費用対効果(成長コストや侵蝕コスト)を鑑みるに、対抗種より優れているとは言い難いDロイスですね^^;

 侵蝕率制限と、特に「使用回数制限が無い」のでミドルフェイズから強力な攻撃をお構い無しで使えます。ここが最大の強みです。

 行動値が落ちる為、射撃や特にRCビルドの場合、先制の露払い攻撃が行い難くなるのが残念です。それを補って余りある攻撃力にはなりますが、仲間との連携が崩れないように考えておかないといけません。

 サラマンダーエフェクトのコンボ専用なので、おおむねRC なら《焦熱の弾丸》、白兵なら《炎の剣》《炎神の怒り》等、起点となるエフェクトを習得しておく必要がある点も注意しましょう。←これらのエフェクトを強化できるエフェクトと考えておくとビルドがしやすいです。

 白兵だと行動値がかなり低くなるので、接敵に難が出る可能性が出てきます。ここら辺はキュマイラの《フルパワーアタック》と同じです。長射程白兵武器のワイヤーウィップ等でカバーすると良いでしょう。


【19.1.1new】
▼サンプルキャラ1
サラマンダー×ハヌマーン@永遠の炎
"ブレイジングバイパー"
【コンストラクション】【EA適合】

▼能力値
肉体7 〈白兵〉1+3
感覚1
精神2
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
3《炎神の怒り》1LV ダイス+3
2《吠え猛る爪》1LV -3 装甲無視
4《獅子奮迅》1LV 範囲
2《80%:終末の炎》1LV 10 
4《D:エターナルブレイズ》3LV 16

▼100%コンボ
侵蝕17/攻撃力29(ワイヤーウイップ)/ダイス13/範囲選択/装甲無視/HP-13

▼59%以下コンボ
侵蝕11/攻撃力14(ワイヤーウイップ)/ダイス9/cr8/装甲無視/HP-3

 
 《エターナルブレイズ》の特徴を最大限生かすため、ミドル戦闘が得意なビルドにしてみました。
 まあ、燃費は悪いですけどね!
 
 ダイスが増える《炎神の怒り》は、後々《マシラのごとく》や《クロスバースト》など、ダイスペナルティがキツイエフェクトを運用できるようにチョイスしてあります。


▼サンプルキャラ2
サラマンダーピュア
"レーヴァティン"
【コンストラクション】【EA適合】

▼能力値
肉体4
感覚1
精神5 〈RC〉1+3
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
4《D:エターナルブレイズ》2LV 12
4《100%:プラズマカノン》1LV 10
4《ピュア:結合粉砕》2LV 
3《灼熱の砦》1LV 6
1《焦熱の弾丸》1LV 4

▼100%コンボ
侵蝕16/攻撃力32/ダイス11/装甲無視

▼59%コンボ
侵蝕12/攻撃力14/ダイス7/装甲無視

 
 基本ルール環境のコンストラクションで《焦熱の弾丸》を使おうとすると、範囲攻撃を組み込みにくいです。なので、単体特化にしてみました。
 ミドルでの火力が出しやすく、さらに伸び代は大きくなります。…まあ、なくても充分強いですが^^;





◆◆No.50 究極のゼロ(アブソリュートゼロ)◆◆
【LM変更あり】

 サラマンダー専用。
 《コンセントレイト・サラマンダー》もしくは《リフレックス・サラマンダー》を選択。
 そのエフェクトは追加+3D・侵蝕+1の修正が乗る。
 (LM版は、コンセ・リフレ選択の必要なし)

 …ほとんど【実験体】の下位互換な性能です。
 フレーバー以外で、このDロイスを選択する意義は無いですね…寒い…




◆◆No.51 記憶探索者(メモリダイバー)◆◆

 ソラリス専用。
 オートアクション。タイタスをロイスに戻す。昇華されたものでも可。自分には使えない。1セッション1回。侵蝕コストは1D。

 支援的にSロイスを復活させるのに使うものと言っても過言ではないです。
 完全復活・ダメージ+5D・エフェクト回数回復…どれかを選んで使える。破格の効果です。
 昇華した後すぐロイスを復活させてまた昇華…という荒業で、ダメージ+10Dや《時の棺》連射も可能です。

 支援ソラリスなら、単純に効果を上げる【起源種】より、工夫して使う楽しみがある分、こちらの方がプレイングが面白いかもしれません。

 フレーバーも良い感じです。リプレイメビウスで、ダブルクロスのデザイナー矢野さんのキャラも使っていました。



【19.1.10追記】
◆◆No.52 優しい奇跡(カインドマジック)◆◆

 ソラリス専用。
 侵蝕+1D/最大レベル3(回数)/ダメージを半分請け負う

 使いにくいDロイスです。ボス戦で使う場合、タイタス昇華で起き上がったHP…ソラリスだと11点とか…では、仲間の半分のダメージを請け負ったトコロで共倒れが目に見えています。

 ソラリス専用としては【記憶探索者】が強力な事もあり、取得者はかなり稀だと思われます。

 色々検証してみたのですが、"ダメージを半分なら生き残れる仲間の身代わりになるエフェクト"と割り切って運用するのがいいようです。
 複数回を射程視界で使えるカバーリングエフェクトと考えれば悪くありませんし、両者生き残れたら十分に元がとれます。
 
 (身代わり…支援エフェクトついでに自分も回復できる状況をつくり難いので、仲間が助かって自分は倒れるという状況が発生しやすい為)

 ボスの初期設定基準は"PCを一撃で倒せるくらい"…具体的には、装甲無視で攻撃力20+達成値分4Dの期待値42点…なので、ボスがこの基準に則っていれば《ディヴィジョン》でダメージを半分にして生き残れる目があります。

 ダメージ半分…21点…なら生き残れる。という条件を満たすためには、《癒しの水》で常に仲間達の("可能なら"自分も含め)HPを、タイタス復活分(11~19)よりは多くに維持しておく必要があります。

 どんなキャラクターにこのDロイスを持たせるか?ですが、支援エフェクトと一緒に《要の陣形》で三人に《癒しの水》を飛ばせる、サンプルキャラクター"深緑の使徒"の構成がピッタリです。調整するなら《癒しの水》のLVはもうちょい上げたい所です。

 さらに、ハヌマーンの《波紋の方陣》や、サラマンダーの《氷雪の守護》《閃熱の防壁》、オルクスの《隆起する大地》などのダメージ軽減エフェクトを仲間にでも頼めれば、だいぶ実用性が上がります。



caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.11.19更新5体】上級ルールのDロイス解説その9/神速の担い手/音使い/錬金術師/砂使い/天才@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181110204134p:plain
[神速の担い手/音使い/錬金術師/砂使い/天才]

上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その9です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。




◆◆No.41 神速の担い手(スピードスター)◆◆
【LM変更あり】

 セットアップに宣言。
 行動値を1ラウンド中ダメージに乗せる。
 そのラウンド中リアクション不可。
 シーン一回。
 侵蝕3。
 エフェクト名《スピードスター》

 
 手軽に大きく攻撃力を上げてくれる優秀Dロイスです。射撃ビルドならコンストラクションのポン付けでも、16~20も攻撃力に上乗せされます。

 「ラウンド中有効」なので、ラウンド中に複数回攻撃すれば、その全てに行動値分の攻撃力が足されます。
 ハヌマーン《ライトスピード》、キュマイラ《復讐の刃》、ソラリス《更なる力》、ノイマン《ラストアクション》、バロール《時間凍結》、Dロイス【触媒】…等が使いどころとなります。

 行動値を伸ばすエフェクト…ハヌマーン《先手必勝》、ブラックドッグ《加速装置》、エンジェルハイロゥ《戦いの予感》…等があれば、更に攻撃力が伸ばせます。

 データがリリースされた当初は、シーン攻撃の《サイレンの魔女》に、エンジェルハイロゥの《戦いの予感》で爆上げした行動値をダメージに乗せ、しかも《ライトスピード》の複数回行動でそれを撃ち込む速攻殲滅コンボが、マンチ(強データ愛好家)界隈で思考実験的に流行り、悪名を轟かせました。

 結局戦闘がワンパターンになり飽きるのが明白なのと、GM への負担となったり、仲間キャラの見せ場や持ち味を損なうのとで、実際のセッションに持ち込む人は殆どいなかったと思います。

 上記を受けてリンケージマインドでデータが改善され、侵蝕コスト5、ラウンド中ではなく攻撃一回にしか適応されないものとなりました。それでも充分強いです。



▼サンプルキャラ1

ハヌマーン×エンジェルハイロゥ@神速の担い手
【コンストラクション】
"スピスタサイレン"

能力値 1461 (行動値14)

2《戦いの予感》3 行動値+40
5《サイレンの魔女》1 攻撃3→6
4《80%:光の衣》1 リアクションクリティカル+1
5《100%ライトスピード》1 二回攻撃、クリティカル+1
5《D:スピードスター》1
2《オリジン・レジェンド》1 精神達成値+4

100%フルコンボ/侵蝕5×2(準備18)/攻撃力60/ダイス9/修正8/クリティカル11/シーン/装甲無視/二回攻撃/リアクションクリティカル+1
   
【注意】このキャラクターは、リンケージマインドを適応してません。

 侵蝕28で攻撃力60の装甲無視シーン攻撃を2連発。…コンストラクションでコレです。
 


▼サンプルキャラ2

ハヌマーン×ブラムストーカー@神速の担い手
【コンストラクション】【基本ルール】
"射撃スピスタ"

能力値 2721 行動値16

2《音速攻撃》1 +2D
2《赤き弾》1 +4
3《血の宴》1 
4《ブラッドバーン》3 +16
3《Dスピードスター》1

100%/侵蝕16/攻撃力41(大型拳銃)/ダイス12/範囲選択/HP-7

 真っ当な射撃タイプです。シーン一回、侵蝕3、攻撃力+16。先制攻撃が捗ります。
 基本ルールのコンストラクションで射撃ビルドをしようとすると、エンジェルハイロゥに範囲攻撃が無いため、必然的にブラムストーカー《血の宴》の利用率が上がります。
 《音速攻撃》は、《リザレクト》後に《赤き弾》が使えない可能性へのフォローと、将来的に《マシラのごとく》とコンボさせるためのものです。



▼サンプルキャラ3
ハヌマーン×エンジェルハイロゥ@神速の担い手
【コンストラクション】【EA適合】
"スピードスターダストレイン"

能力値 2721 (行動値16)

3《振動球》1 攻撃力2
2《光の手》1
4《マスヴィジョン》3 攻撃力20
6《スターダストレイン》1 攻撃力-10
3《Dスピードスター》1

100%/侵蝕20/攻撃力28/ダイス10/装甲無視/シーン選択

 真っ当にシーン攻撃するなら、こちらのビルドです。リンケージマインドにも適合しています。
 もちろん成長で《戦いの予感》を取得すれば60オーバーの大ダメージも叩き出せます。
 エンジェルハイロゥ《陽炎の衣》など、隠密エフェクトも使えば、キャンセルエフェクト《時の棺》も怖くありません。




関連記事
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com




◆◆No.42 音使い(ソニックマスター)◆◆

 ハヌマーン専用。
 組み合わせたハヌマーンのメジャーアクションエフェクトのレベルを全て+1にする《音界の王》を取得する。侵蝕6/最大レベル3。

 【神速の担い手】の影に隠れて、全く存在感の無いD ロイスです。
 一見凄そうな効果ですが、実のところかなり地味です。

 《音速攻撃》    +1D
 《吼えたける爪》  攻撃力+1
 《サイレンの魔女》 攻撃力+3
 《エンジェルボイス》+1D
 《さらなる波》   攻撃力+2
 《マシラのごとく》 攻撃力+10

 実質、これら良く使うエフェクトのいくつか分が乗るだけです。
 Dロイス枠と侵蝕6の代償としては、イマイチ感が拭えません。


 

◆◆No.43 錬金術師(アルケミスト)◆◆

 モルフェウス専用。
 《インフィニティウェポン》をはじめとする武器や防具作成エフェクト各種の性能が向上します。武器なら攻撃力+5です。
 ただし、エフェクトの侵蝕コストも2上がります。

 《ダブルクリエイト》で二つ作ってから、ノイマンの《マルチウェポン》で使えば、侵蝕+2で攻撃力+10となり、お得感があります。
 逆を言えばこの使い方をしないと、お得感はありません。


▼サンプルキャラ
モルフェウス×エンジェルハイロゥ+ノイマン@錬金術
【コンストラクション】【基本ルール】

能力値 1911

3+2《ハンドレッドガンズ》2 11.12
3《ダブルクリエイト》1 各+1.2
3《マルチウェポン》1
3《ギガンティックモード》1
2《コンセントレイト・ノイマン》3

100%/侵蝕5(準備8)/攻撃力28/ダイス12
 
 侵蝕5で攻撃力28が出るので費用対効果に優れています。
 範囲攻撃の《ギガンティックモード》で武器を使い潰す運用の場合、準備に侵蝕8が必要になり、燃費が悪化するのが難点です。

 ちなみに、白兵武器の《インフィニティウェポン》のビルドの場合、移動用エフェクト…キュマイラの《ハンティングスタイル》や、一般の《クイックダッシュ》…等がエフェクト枠を使う為、攻撃性能がどこか犠牲になります。




◆◆No.44 砂使い(サンドマン)◆◆

 モルフェウス専用。

 侵蝕1Dで対象一人、被ダメージをゼロに。ゲーム中一回…な感じのエフェクト《砂塵の城壁》を取得します。
 代償として《インフィニティウェポン》と《ハンドレッドガンズ》が使えなくなります。

 …ロイスを一つ守れるエフェクトですが。費用対効果が微妙すぎます。
 それでも、本当にギリギリの戦いならば役に立つ事はあるでしょう。
 遠くの仲間でも守れるDロイスなら、【特権階級】も選択肢に入ります。

 HPが守られるので、HPを温存したいタイプのガードキャラに使うのが一番生きる使い方です。


 


◆◆No.45 天才(ジーニアス)◆◆

 ノイマン専用。
 侵蝕1D、オートアクション、自身の達成値を精神の分だけ上げるエフェクト《天才》を取得する。
 最大レベル3(=回数)

 効果だけでいうならノイマンの100%エフェクト《勝利の女神》の方が優秀ですが、《天才》にはラウンドの使用制限・侵蝕率制限・ブリード制限…が無いので、そこをどう生かすかがこのエフェクトの価値を決めます。


▼サンプルキャラ
ノイマンピュア@天才
【コンストラクション】【EA適合】

能力値 1362

5《守りの弾》1
2《リフレックスノイマン》2
4《勝利の女神》1
3《コンバットシステム・射撃》2
1D《D天才》1
2《オリジン・プラント》1

100%守りの弾/侵蝕10(準備2)/ダイス10/修正7(小型拳銃)/期待値37.9(侵蝕4で追加6/侵蝕1Dで追加6)

100%拳銃^^;/侵蝕5/攻撃力3/ダイス10/修正7

 《守りの弾》による、判定キャンセラーです。ボスの攻撃を止める役に立つなら、《天才》のコストも悪くありません。

 フルスクラッチできるなら《コンセントレイト》をオミット・感覚を下げて、《勝利の女神》と《コンバットシステム》のレベルを伸ばすのも良いです。ピュアブリードなので、ガッツリ伸ばせます。




caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【19.1.2更新5体】上級ルールのDロイス解説その8/黄昏の支配者/野獣本能/羅刹/異形/器物使い@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181110204113p:plain
[黄昏の支配者/野獣本能/羅刹/異形/器物使い]

上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その8です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。




◆◆No.36 黄昏の支配者(マスターオブトワイライト)◆◆

 ブラムストーカー専用。
 侵蝕5/セットアップに《赤色の従者》を使える/従者は未行動で召喚される。
 …てな感じのエフェクト《従者の行進》を取得します。
 
 他のエフェクトと組み合わせ不可なので《血の絆・シーン越え持続》《100%愚者の軍団・複数同時召喚》の効果は乗せられません。どー頑張っても一回に一体だけしか召喚できないわけです。

 自分のメジャーアクションを従者召喚に使えるビルド……従者の自爆特攻《闇夜の呪い》がメインだったり、従者ガードのビルド……なら、このDロイスは必要ではありません。
 単純に第一ラウンドに動く従者を《血の絆・シーン越え持続》で、あらかじめ召喚しておけば良いからです。
 -3のダイスペナルティーで衝動判定が難しくなる欠点はありますが。Dロイス枠は別のモノにしたほうが性能向上につながります。
 コンストラクションの追加経験点無しのレギュレーションなら、多分《血の絆》を取得する余裕は無いのでこのDロイスも生きます。

 この《従者の行進》はセットアップで召喚を行えますが、どんなに従者の行動値を鍛えても、ボスが《加速する刻》などでイニシアティブ行動をしてくる場合、従者が行動する前に破壊されてしまう可能性が常に残ってしまいます。

 ガチで従者を攻撃に使うなら、従者をカバーリングで守る必要がどーしても出てきます。


●このDロイスを生かすには?

・従者を使い捨てのカバーリング要員として使う!
 一番効率よく使うならこれです。
 未行動なので、カバーリングエフェクト無しでも普通にカバーリング可能です。
 ボス戦において、侵蝕5でロイス一つを守れるなら、割に合います。
 《声なき者共》で、ラウンド中の召喚可能数を上げておくと良いですね。

・従者と自分で二回攻撃!
 ロマンですね。使用者にダイスペナルティーは来ますが、不可能なビルドではありません。
 しかし、性能は微妙な上に燃費も相当悪くなるので、とてもオススメできません。



●しかしエネミーが使うと面白い。

・セットアップの《血の戦馬》とコンボさせて、従者エフェクトによる戦闘体制をすぐ整える。
 
・アクションを消費せずに、ほぼ毎ラウンド従者を召喚できる。実質の二回行動が可能です。
 …これは便利!!攻撃させてよし、カバーリングさせてよし。超うざいです!
 従者との連携攻撃《クロスアタック》なども使って、PC達をおちょくりましょう!


▼サンプルキャラ
ブラムストーカー×エンジェルハイロゥ@黄昏の支配者
【コンストラクション】【EA適合】

能力値 1722

5《赤色の従者》1LV
+7《声なき者ども・召喚可能数増加》1
2《小さな塵》1LV 2.4
4《100%マスヴィジョン》2LV 15
5《D従者の行進・セットアップ召喚》2LV

100%/侵蝕8/攻撃力24(大型拳銃)/ダイス10

 最低限は仕事をできる単体アタッカーをしながら、従者(最大三体)にカバーリングさせて身を守ります。→質量のある残像だと言い張る事も可能ッ!

 従者が倒れてダイスペナルティーが消えてから、自分が行動するようにします。
 後々、高ダメージカウンター《鏡の盾》をカバーリング従者に使わせるようにすると面白いですね。


【関連記事↓】
caunserahomare.hatenablog.com




◆◆No.37 野獣本能(ビーストハート)◆◆

 キュマイラ専用。
 キュマイラのマイナーアクションエフェクトをセットアップタイミングで使用可能。侵蝕+5。シーン一回。

 《完全獣化》《破壊の爪》《鷹の翼》《ハンティングスタイル》《セントールの足》などをラウンド前に使えるわけです。

 主なメリットは…

・セットアップタイミングの《ハンティングスタイル》で接敵する事により、相討ち攻撃《復讐の刃》を使うタイミングが確保しやすくなる。

・《完全獣化》《剛身獣化》等による装甲やドッジ力アップがラウンド始めから受けられる。

・《フルパワーアタック》の前に《ハンティングスタイル》を使えば移動力が落ちない。

…といった感じです。微妙ですね!
 
 ちなみに、一般エフェクトの《クイックダッシュ》や、ハヌマーンの《スタートダッシュ》でも、エンゲージ突破は出来ませんが、セットアップ移動が可能です。

 結果として、あまり使っている人のいない微妙枠のDロイスです。


▼サンプルキャラ
キュマイラピュア@野獣本能
【コンストラクション】【EA適合】

能力値 8112

2《獣の力》1 2.4
4《80%フルパワーアタック》2 10.15
1《ハンティングスタイル》1
6《復讐の刃》2 
2《コンセントレイト・キュマイラ》2

100%/侵蝕8/攻撃力29(両手剣)/ダイス11
100%《復讐の刃》/侵蝕6+4/攻撃力25/ダイス11

 コンストラクションで【野獣本能】を使うならこんな感じです。
 Dロイス効果で《ハンティングスタイル》を使ってから《フルパワーアタック》を使えば、行動値ゼロによる移動距離短縮の影響を受けません(それでも8mですが^^;)。
 第一ラウンドから、ボスが攻撃してくる毎にガンガン鉄塊をブチ込んでやりましょう!




◆◆No.38 羅刹(タイラント)◆◆
【LM変更あり】

 キュマイラ専用。
 白兵攻撃力+6(LMでは+8)。
 素手以外の武器を使うと壊れる。

 デメリットもほぼ無く、使いやすくはあるのですが、爆発力というかロマンに欠けるので、面白みは今一つです。

 成長無しで十全に性能を発揮できるので、経験点ゲタ無し、単発セッション、コンストラクションへのポン付けが、最適な使い道です。

 一応ルール上、素手も武器も使わない〈白兵〉攻撃である、モルフェウスの《インスタントボム》にもダメージが乗ります。


▼サンプルキャラ1
キュマイラ×モルフェウス@羅刹
【コンストラクション】【EA適合】

能力値 7212

3《インスタントボム》1 2.4
4《フルパワーアタック》2 10.15
3《ギガンティックモード》1
2《砂の結界》1
2《コンセントレイト・モルフェウス》3

100%/侵蝕12/攻撃力19+6/ダイス10/範囲選択/装甲無視/

 コンストラクションへのポン付けです。
 ミドル戦闘でも、侵蝕5/攻撃力8/ダイス7/クリティカル7/装甲無視…なので、結構戦えます。


【19.1.2new】
▼サンプルキャラ2
キュマイラ×ハヌマーン@羅刹
【コンストラクション】【EA適合】
"クロウオブストーム"

能力値 8112

4《80%:フルパワーアタック》3LV 20 
2《破壊の爪》1LV 10
2《かまいたち》1LV -5
4《獅子奮迅》1LV

100%/侵蝕12/攻撃力25+6/範囲選択/射程視界

 ハヌマーンのエフェクトで攻撃力低下のかかるもの…射程を伸ばす《かまいたち》や、装甲無視の《吠え猛る爪》が使いやすくなりますね。




◆◆No.39 異形(フリークス)◆◆
【LM変更あり】

 エグザイル専用
 最大LV3/メジャーアクション/コンボ侵蝕-LV/HP-5/3回
 (LM版は侵蝕-[LV+2])
 …といった感じの、侵蝕率低減エフェクト《聖痕》を取得します。

 ピュアなら、経験点20の最大6LV×3回=18(LMなら24)の侵蝕を低減できます。
 クロスなら、経験点10の最大4LV×3回=12(LMなら18)の侵蝕を低減できます。

 こうして見ると、エフェクトアーカイブのルール「メモリー(経験点15/侵蝕-10)」より、お徳と言えばお徳に見えますが、Dロイスとしてロイス枠を使っている時点で、バックトラックが三倍振り期待値の16.5もマイナスになっているのでご破算です。

 上級ルールの「Eロイス」、エフェクトアーカイブの「メモリー」、レネゲイズアージの「アージエフェクト」などに由来する、高侵蝕戦闘が推奨されている現状に、真っ向から反するエフェクトでもあります。

 頑張って使って、絆ひとつ分を補うという使用感がいい感じです。




◆◆No.40 器物使い(ツールマスター)◆◆
【LM変更あり】

 エグザイル専用。
 道具を使った判定にダイス+2、ガード+5。
 素手の判定には逆にダイス-2ペナルティー
 (LMは判定ダイス+3の-3)

 データの観点から見ると性能が中途半端です。フレーバーも微妙で、後付け感が否めません。

 ダイスが欲しいなら、能力値を上げる【実験体】の方が有利です。

 ガード値が欲しいなら、【起源種】【機械化兵】などの方が有利ですし、ガードキャラならダイス増加効果は無用です。

 武器白兵アタッカーの場合、射程が伸びてダイスが減る《伸縮腕》との相性は良好です。しかし、半端にガードを上げる位なら、その分のリソースを攻撃力に廻したい所です。
 
 そもそもエグザイルは《伸縮腕》《骨の剣》が優秀な上に、ブラムストーカー《乾きの主》とコンボする事が多い為、主に素手で戦うシンドロームです。←それをいっちゃおしまい^^;

 このDロイスが生きるのは、「追加経験点無し・コンストラクション・武器白兵アタッカーに、珍しモノとしてポン付け」という感じになります。
 厳しくない戦闘で、低めの数値修正の有利を引き出す形です。


▼サンプルキャラ
キュマイラ×エグザイル@器物使い
【コンストラクション】【EA適合】
"ストームブリンガー"

能力値 8112

2《伸縮腕》1 -1D
4《80%フルパワーアタック》2 15
5《100%ジャイアントグロウス》1 範囲攻撃
2《崩れずの群れ》1 カバーリング
2《コンセントレイト・エグザイル》3

100%/侵蝕13/攻撃力25+2D(両手剣)/ダイス10+2/範囲選択/射程視界
ガードは3+5

 地味に、じみーに効いています。無くても困らないけど、ある分の有利さは感じるというレベルです。



caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【19.1.1更新2体】上級ルールのDロイス解説その7/邪眼/時使い/雷帝/機械化兵/吸血鬼@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181110204049p:plain
 [邪眼/時使い/雷帝/機械化兵/吸血鬼]

 上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その7です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。



◆◆No.31 邪眼(イーヴルアイ)◆◆
【LM変更あり】

 バロール専用。
 厨二御用達の名称ですが、効果はかなり微妙です。

 バロールの指定エフェクト7種(LMで+1種)に「ラウンド中のダイスペナルティ1」効果を付与します。コンボさせれば、その分累積します。
 代わりに"自動成功"のダイスボーナスエフェクト…具体的には《ダークマター》…の効果が-1Dになります。全てのダイスボーナスエフェクトではない点に注意です。

 ラウンド中の効果なので、先手で効果を与えないと殆ど意味がありません。
 故に行動値が低い〈白兵〉は邪眼ビルドの考慮に入りません。
 〈射撃〉か〈RC〉ビルド推奨となりますが、頑張ってもピュアブリードでなければ3コンボの-3Dがせいぜいで、効果としてはこれまた微妙です。
 これでは雑魚ならともかく、ボス相手には殆ど意味がないです。
 射撃の場合なら、同じ効果を【秘密兵器・フォールンライフル】で得た方がよほど有効です。


【19.1.1new】
●キャラクター例 
バロールピュア@邪眼
"イーヴルシューター"
【コンストラクション】【EA適合】

▼能力値
肉体1
感覚5 〈射撃〉1+3
精神4
社会2 〈調達〉1+2

▼エフェクト
3《D:巨人の斧》3LV 12 -2D
3《D:瞬速の刃》1LV +3D
3《因果歪曲》1LV 範囲
2《D:ピュア:黒星の門》1LV +3D

▼100%コンボ 行動値14
侵蝕13/攻撃力17(大型拳銃)/ダイス12/範囲選択/ダイスペナルティ・ラウンド3


 成長では《巨人の斧》を5LVにすると、アタッカーとしてはひとまず完成形です。大火力にはなりませんが、ミドルフェイズでの攻撃力が強みになります。

 さらに載せられるダイスペナルティエフェクトには《斥力の鎚》があります。これは、ボスエンゲージのカバーリングエネミーをぶっ飛ばして、白兵アタッカーを切り込ませたり、白兵キャラの為にボスを引き寄せたり、ボスと人質を分断したり、2つの敵エンゲージを1つにまとめたり、敵だけ動かして仲間をエンゲージから救い出したり、走っている車を壁にぶつけて事故らせたりするのに使えます。

 あとは、《孤独の魔眼》《時の棺》《赤方偏移世界》等で支援方面を強化して行く流れですね。
 


 
◆◆No.32 時使い(クロノトリガー)◆◆

 バロール専用。
 自分の判定ダイスの出目を±1操作します。
 シナリオ三回まで。
 侵蝕+1D 。

 素で攻撃に使っても、たまにクリティカルの出目を作れるくらいで、アテにし難く、コストの割りにあまりおいしくない効果です。

 キャンセルエフェクトの達成値ブーストで、役に立つ可能性はあります。
 ドッジの達成値ブーストとしても使えますが、代償が高いので非推奨です。

 いずれにせよ、普通のエフェクト…オルクスの《妖精の手》や、ノイマンの《勝利の女神》…のほうが安定して頼りになります。

 一番生かせるのは、いわゆるロイスボム(クリティカル2攻撃)の時です。
 「1が出たら2に変える」の操作で、達成値をかなり伸ばす役に立ちます。…明らかにやり過ぎになりますが^^;




◆◆No.33 雷帝(サンダーロード)◆◆
【LM変更あり】

 ブラックドッグ専用。
 侵蝕4/攻撃力3D/ダイス-2/最大レベル3/レベル回
 (LMでは、侵蝕6/ダイスペナルティー無し)
 …のエフェクト《ミカヅチ》を取得します。

 ミドフェイズから高い攻撃力が出せるのは良いのですが、ダイスペナルティーが嵩みがちなRCキャラでは使いにくいエフェクトです。
 (LM版では、この欠点が解消されています。)

 使うなら射撃か白兵で、ダイスボーナスエフェクトの《アームズリンク》とコンボして使うのが良さそうです。 

 もっとも、費用対効果から考えるとこの【雷帝】より、【対抗種】に軍配をあげたくなりますね…


▼サンプルキャラ
ブラックドッグ×エグザイル@雷帝

能力値 8211

2《アームズリンク》1 +1D/2D
5《100%ジャイアントグロウス》1 範囲選択
4《80%MAXボルテージ》1 10/-1D
+4《ハードワイヤード》1 アームブレード
4《Dミカヅチ》3 +3D/-2D

100%/侵蝕17/攻撃力19+5D/ダイス10/範囲選択/ガード-5/

 《ミカヅチ》はミドル戦闘の火力不足に効きます。3レベルにして、ミドル一回クライマックス3回…くらいの配分で使う事になるでしょうか。
《バリアクラッカー》《伸縮腕》も習得すれば、燃費はともかく万全な白兵アタッカーになります。




 
◆◆No.34 機械化兵(フルボーグ)◆◆

 受けるダメージが常に-10。
 ブラックドッグ専用。

 分かりやすい効果です。フレーバーもいい感じです。
 Dロイスを攻撃に廻さなくて良いガードキャラなら一考に値します。

 ちなみな、ブラムストーカーの各種エフェクトや、サラマンダーの《終末の炎》などのコスト低減の役には立ちません。ダメージのみが軽減されます。





◆◆No.35 吸血鬼(ヴァンパイア)◆◆

 ブラムストーカー専用。
 侵蝕3/シーン一回/セットアップ/仲間一人の戦闘不能を回復…てな感じのエフェクトを取得します。
 代償として従者を使えなくなります。

 復活用エフェクトとしては、かなり侵蝕率が低いです。うまく使えば、仲間の《リザレクト》とタイタス消費を何回か賄えます。HPもかなり回復するので、ガードキャラとの相性が良好です。

 効果は悪くないのですが、シーン一回と使用頻度が少ないうえに、自分に使う事もできない(戦闘不能になると、そもそもエフェクトが使えない)ので、今一ありがたみがありません。自分に使えたらかっこ良かったのですが…

 セットアップタイミング(ラウンド開始時)の使用なので、《リザレクト》のように倒れてすぐには使ってあげられない事に注意です。
 不用意に戦闘不能のまま放置してしまうと、次のダメージでうっかりコロされてしまうので注意しましょう。





caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.12.6更新9体】上級ルールのDロイス解説その6/亜純血/奇跡の血/業師/光使い/闇使い@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181110204015p:plain
[亜純血/奇跡の血/業師/光使い/闇使い]

上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その6です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。



◆◆No.26 亜純血(デミブリード)◆◆

 クロスブリード専用。ピュアブリード専用エフェクトを一つ習得できます(成長不可)。

 デメリットとして、もう片方のシンドロームの100%エフェクトを取得できなくなります。

 成長無しで、実質タイタス以上の仕事が出来るピュアブリードエフェクトは限られています。

 さらには、クロスブリード相方の100%エフェクトをオミット可能という条件で成り立つキャラクターでなければなりません。

 このDロイスを生かすビルドは中々に狭き門となります。


▼サンプルキャラ1

ハヌマーン×キュマイラ@亜純血
【コンストラクション】
"ファルコンソード"

▼能力値 8112

▼エフェクト
2《一閃》1LV 移動攻撃
4《80%フルパワーアタック》3LV 20
4《獅子奮迅》1LV 範囲攻撃
5《100%ライトスピード》1LV 二回攻撃
4《D:スピードフォース》1LV イニシアティブ行動

▼100%コンボ
侵蝕16/攻撃力30(両手剣)/ダイス11/範囲選択/イニシアティブ行動

 武器利用タイプのキュマイラで《フルパワーアタック》を使うと割りきれば、100%エフェクトに頼らなくても強みを生かせます。
 Dロイス取得の《スピードフォース》のお陰で、イニシアティブタイミングの速攻攻撃が二回可能になっています。
 これにより、行動値ゼロタイミングの行動となるはずの《フルパワーアタック》のデメリットを、全力移動攻撃(10m)の《一閃》と共に補完します。
 パワーとスピードを両立できる、珍しいタイプの白兵キャラクターになりました。



▼サンプルキャラ2

サラマンダー×バロール@亜純血
【コンストラクション】
"グラヴィティクラッカー"

▼能力値 2172

▼エフェクト
1《黒の鉄槌》1LV 6 至近不可
3《因果歪曲》1LV 範囲選択
1《斥力跳躍》1LV 飛行移動
4《100%プラズマカノン》3LV 20
4《D:結合粉砕》1LV 装甲無視 +2D

▼100%コンボ
侵蝕15/攻撃力26/ダイス12/範囲選択/装甲無視

 ダイス増加と装甲無視が可能な《結合粉砕》をチョイスしました。
 バロールの判定キャンセル《時の棺》を諦めれば、隙のないRCアタッカーとして完成します。



▼サンプルキャラ3
サラマンダー×オルクス@亜純血
【コンストラクション】
"バルログ"

▼能力値 2163

▼エフェクト
1《棘の戒め》1LV 2 硬直
3《要の陣形》1LV 三体攻撃
1《焦熱の弾丸》1LV 4
4《100%プラズマカノン》3LV 20
4《D:結合粉砕》1LV 装甲無視 +2D

▼100%コンボ
侵蝕15/攻撃力26/ダイス11/装甲無視/三体

 前出のキャラと同じコンセプトのオルクス《要の陣形》バージョンです。100%エフェクトはダメージダイス支援の《力の法則》を諦める事になります。

 エフェクトアーカイブでオルクスの100%《完全なる世界》に、LV×3の攻撃力が付くようになったため、この構成は魅力が減りました。




◆◆No.27 奇跡の血(ミラクルブリーディング)◆◆
【LM変更あり】

 トライブリード専用。3つのシンドロームを使ったコンボの侵蝕上昇を-3(LMでは-4)します。

 微妙ですね!このコンボを5回使ってようやく【生還者】の効果に追い付くレベルの効果です。
 
 侵蝕率を大きく下げる"メモリー"ルールが存在するエフェクトアーカイブ環境では、価値が薄いと言わざるを得ない効果です。
 
 上記の理由もあり、所持者が珍しいので個性付けの一環としてはありかもしれません。


▼サンプルキャラ1
キュマイラ×ハヌマーン+バロール@奇跡の血
【コンストラクション】

▼能力値 8112

▼エフェクト
3《巨人の斧》2 6.9 -2D
2《音速攻撃》1 +2D
2《獣の力》1 2.4
4《80%フルパワーアタック》2 15
2《コンセントレイト・キュマイラ》3

▼コンボ
79%以下/侵蝕9-3/攻撃力14(ワイヤーウィップ)/ダイス9/クリティカル7

100%/侵蝕13-3/攻撃力34(ワイヤーウイップ)/ダイス11

 使用頻度を確保して、とりあえずロイス一つ分は元がとれそうな構成にしてみました。
 《獅子奮迅》や《マシラのごとく》で強化可能です。



▼サンプルキャラ2
ブラムストーカー×バロール+ブラックドッグ@奇跡の血
【コンストラクション】

▼能力値 1371

▼エフェクト
2《雷の槍》1LV 6.8 -1D
1《黒の鉄槌》1LV 4.6
1《紅の刃》1LV 2.3 
4《80%ブラッドバーン》2LV 4.8
2《コンセントレイト・ブラムストーカー》3LV

▼コンボ
79%/侵蝕6-3/攻撃力12/ダイス7/クリティカル7/至近不可

100%/侵蝕10-3/攻撃力25/ダイス9/至近不可/HP-5

 単体攻撃ですが、間合いさえとれればかなり燃費効率の良い攻撃が可能です。
 《雷神の鎚》や《MAXボルテージ》で、まだまだ攻撃力は上げられます。


▼サンプルキャラ3
キュマイラ×サラマンダー+エグザイル@奇跡の血
【コンストラクション】【EA】【LM】

▼能力値 8112

▼エフェクト
2《魔獣の本能》1LV 肉体RC
2《魔獣の衝撃》1LV 5 +1.2D
1《無機なる四肢》1LV 5.6 避け-1D 
4《災厄の炎》3LV 9.12 至近範囲選択

▼コンボ
79%/侵蝕11-4/攻撃力19/ダイス10/範囲選択/至近/ドッジ-1D

100%/侵蝕11-4/攻撃力23/ダイス13/範囲選択/至近/ドッジ-1D

 エフェクトアーカイブとリンケージマインドを適応すると、こんな感じになります。上の2つと比べると、ちょっとずるい強さです^^;
 《終末の炎》で強化可能です。




◆◆No.28 業師(スペシャリスト)◆◆

 トライブリード専用。100%エフェクト(もしくはオプショナルの80%エフェクト)を一つ習得します。

 燃費は悪化しますが、決定力不足のトライブリードを救ってくれます。トライブリードビルドの軸になってくれるDロイスです。


▼サンプルキャラ1
キュマイラ×ブラックドッグ+ハヌマーン@業師
【コンストラクション】

▼能力値 8112

▼エフェクト
4《80%:バリアクラッカー》1
4《80%:フルパワーアタック》1 5.10
3《獅子奮迅》1
2《音速攻撃》1 
5+2《D:80%:マシラのごとく》1+2 30.40

▼100%コンボ
侵蝕22/攻撃力60(両手剣)/ダイス8/範囲選択/装甲ガード無視

必殺技の風格!ロマンがあります。



◆◆No.29 光使い(ライトブリンガー)◆◆

 エンジェルハイロゥ専用。
 ダイスが大きく増える(ピュアなら最大+8)エフェクト《光の指先》を習得する。

 燃費良好で攻防両方に活かせる高性能エフェクトです。
 しかし、Dロイス枠を使ってまで習得するかどうかは微妙な所です。
 比較的ダイスが不足しやすい…《光の手》を使わない[精神]RCビルドなら有用かもしれません。
 リアクションでも使えるので、ドッジのダイスを増やしたいという名目でも、取得候補に入るかもしれません。



▼サンプルキャラ
エンジェルハイロゥピュア@光使い
【コンストラクション】

▼能力値
肉体1
感覚6
精神4 〈RC〉1+3
社会1 〈調達〉1+2

▼エフェクト
2《破壊の光》3LV  2
3《滅びの光》1LV 6
4《マスヴィジョン》1LV 10
1《光芒の疾走》1LV
2《光の指先》1LV +4D

▼100%コンボ
侵蝕13/攻撃18/ダイス11/範囲選択

 エンジェルハイロゥで《光の手》を使わないRCキャラです。
 スタート時点ではあまりパっとしないスペックですが、このままピュアブリードの強みを生かして成長させるだけで、侵蝕コスト変わらずに攻撃力50/ダイス15とかになります。
 そのままシーン攻撃《スターダストレイン》もコンボ可能です。

 


◆◆No.30 闇使い(ダークロード)◆◆

 エンジェルハイロゥ専用。
 オートアクションで対象の判定クリティカル値を+1するエフェクト《闇の指先》を習得します。

 侵蝕上昇が高い上に、単独で使うだけでは殆ど役に立ちません。
 他のクリティカル値ペナルティーエフェクト…オルクスの《奈落の法則》と合わせつつ、判定キャンセルエフェクト…ノイマン《守りの弾》、サラマンダー《氷壁》使いと共闘する事で活きるエフェクトです。



▼サンプルキャラ
【コンストラクション】
エンジェルハイロゥ×ノイマン@闇使い
"ブラインドテンパランス"

▼能力値
肉体1
感覚6 〈射撃〉1+3
精神4
社会1 〈調達〉1+2

▼エフェクト
5《守りの弾》1
3《コンバットシステム》1
2《リフレックスノイマン》2
4《100%勝利の女神》2
2《オリジン・プラント》1
7《D闇の指先》1


▼100%コンボ 《守りの弾》キャンセル

●普通コンボ
侵蝕10(準備2)/ダイス12/修正7(小型拳銃)
期待値39.8

 《D闇の指先》を使えばダイス20cr8修正14に拮抗する性能となる。
 「ダイス20cr7修正"10"」は、オフセッションにおいて、実際のボスに搭載する性能の最大値に近い(ダイスが20より多いとプレイアビリティに支障が出てくる)ので、このコンボの性能ならキャンセルエフェクトの実用性を伺う事ができる。さらにダメ押しで《勝利の女神》も積める。

 《D闇の指先》を使わず《勝利の女神》を使う場合の期待値は48.8で、「ダイス20cr7修正10」とほぼ拮抗する性能となる。ボスを相手にした場合、確実性には欠けると言わざるを得ない。





caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.11.12更新1体】上級ルールのDロイス解説その5/神格/転生者/申し子/超血統/超侵蝕@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181109044404j:plain
[神格/転生者/申し子/超血統/超侵蝕]

 上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その5です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。



◆◆No.21 神格(ディエティ)◆◆

 構造物一つ or ヴィークル一つ or トループ1エンゲージ を、イニシアティブタイミングで破壊します。
 ワークス制限「レネゲイドビーイング」です。

 …ビミョーな効果です。ネタDロイスです。
 フレーバーは"神に匹敵"とあるのですがね…

 GMがシナリオに工夫を盛り込んで、有効活用出来るようにしてあげましょう。

 例)
 めちゃくちゃ強いトループを出す。
 ワーディングに特別な演出を許す。
 コネの使用に特別な演出を許す。
 戦場を崩壊させて、ミドル戦闘から離脱する。
 陽炎の戦場ステージでイージス艦をどーん。
 ボスをヴィークル使いにする。
 敵をアジトごと叩き潰す。
 etc




◆◆No.22 転生者(リインカーネイション)◆◆

 要約すると「7LVのエフェクト一つを侵蝕+4、100%制限で取得する」です。おおよそ、侵蝕5/攻撃力+10の効果を得られます。
 ワークス制限「レネゲイドビーイング」です。

 効果はビミョーですが、単発セッションやコンストラクション縛りなら、特に気にならないレベルです。

 転生した記憶を持っている存在なので、ロストしたキャラクターを再登場させるギミックとして機能します。

 フレーバーが最高にエモいので、ぜひシナリオに生かしたいところです。
 何度倒しても再登場してくる敵としても、設定できますね。



●推奨エフェクト一覧
 対象のエフェクトは自分のシンドローム以外から選びます。なので、最大10レベルのエフェクトでも「技能:シンドローム」のものは除外してあります。
 ロイス枠一つの代償として、あまりに非効率なものも除外しています。 

 全体的にRCに使いやすいものが多いです。
 白兵は素手やマイナーアクションを要するものが多く、使いやすさは今一つです。
 射撃に使えるものは、マイナーアクション仕様の三種類しかないので、こちらも今一つです。
 

●エンジェルハイロゥ
《シャインブレード》【EA変更アリ】
マイナー/侵蝕6/武器攻撃力+8/シーン持続
射撃や白兵ならこれが最高効率です。

《光の弓》
RCメジャー/侵蝕5/攻撃力10/至近不可


●ブラムストーカー
《紅の刃》
RCメジャー/侵蝕5/攻撃力9


●キュマイラ
《破壊の爪》
マイナー素手変化/侵蝕7/攻撃力16

《銘なき刃》
白兵メジャー/侵蝕5/攻撃力9/素手


●エグザイル
《無機なる四肢》【EA掲載】
RCメジャー/侵蝕5/攻撃力12/ドッジ-1D
RCならこれが最高効率です。

ハヌマーン
《狂乱の一声》
交渉メジャー/侵蝕6/攻撃力8/憎悪


モルフェウス
《砂の刃》
RCメジャー/侵蝕6/攻撃力10/ガード-5


ノイマン
オウガバトル
マイナー/侵蝕6/攻撃力+10

《急所狙い》【EA変更アリ】
射撃白兵メジャー/侵蝕6/攻撃力+10


●オルクス
《棘の戒め》
RCメジャー/侵蝕5/攻撃力8/硬直

《大地の牙》
RCメジャー/侵蝕5/攻撃力10/ドッジ-1/至近不可


●サラマンダー
《焦熱の弾丸》
RCメジャー/侵蝕5/攻撃力10


ソラリス
《毒の刃》
マイナー/侵蝕5/攻撃力+8

《罪人の枷》【EA掲載】
白兵射撃メジャー/侵蝕7/ラウンド中達成値-16


ウロボロス【EA掲載】
《餓えし影》
RCメジャー/侵蝕5/攻撃力10





◆◆No.23 申し子(セレクティッド)◆◆
【LM変更あり】

 専用エフェクト5種の中から一つ習得できます。
 ピュアブリード専用です。

 LMでは、選べるエフェクトが3種類増えました。

 「100%制限エフェクトのような効果を、侵蝕制限なしで使える」ようなラインナップです。ミドル戦闘で無双できたりしますが、侵蝕率上昇もバカになりません。

 はっきりパワー寄りの強力なDロイスですが、リスクも高いです…ロイスを一つ潰した上で、コンボ前提の少なくない侵蝕上昇を複数回行う事になりますので。

 バックトラック2・3倍振り覚悟の環境や、キャンペーンセッション、フルスクラッチビルドでこそ生きるDロイスと言えます。
 
 

●《アンプリフィケイション》
 ピュアブリードアタッカー御用達の攻撃力固定値ガッツリUPエフェクト。
 侵蝕5の攻撃力20を三回繰り出せるようになります。
 【申し子】の中で最も多用されるエフェクトです。


●《エナジーシフト》
 ダメージ0化エフェクトですが、これはビミョーです。バックトラック三倍環境でなら生かせますが、これを取得するなら普通のタイタスで充分です。リンケージマインドを導入してるなら、固定ロイス効果「白」で充分です。


●《セレリティ》
 メジャーアクションを二回連続で行います。ハヌマーンの《ライトスピード》と違ってクリティカルペナルティーはありません。結果、侵蝕率もガッツリ上がりますが、言わずもがなの制圧力を発揮します。華のあるエフェクトです。


●《ランナウト》
 エフェクト一つのレベル+2、最大4回。使用回数は増えない。侵蝕6。
 攻撃力なら《アンプリフィケイション》ですし、支援なら【起源種】で安定です。
 リスクに見会うほどの効果では無いエフェクトと言えます。


●《リミットブレイク》
 組み合わせたメジャーアクションのエフェクトを侵蝕制限なしで使います。最大4回です。

 回数制限の無いサラマンダーの《プラズマカノン》や、キュマイラの《フルパワーアタック》を利用できれば効率的です。

 サプリメント"レネゲイズアージ"の120%エフェクト群と合わせても面白い事が出来そうです。

 ブラムストーカーの《赤色の従者》使いがこれを利用して、複数召喚《愚者の軍団》、持続召喚《血の絆》のコンボ(侵蝕合計17)を発動させれば、ミドルから複数の従者を常時連れ歩くという離れ技が可能になります。


●《アキュラシー》【LM】
 攻撃の達成値を最大で+12。

●《インターセプト》【LM】
 イニシアティブで行動。

●《ストレングスン》【LM】
 ダイスロールで効果を決めるオートアクションエフェクト(力の法則やガード系など)の効果を最大+12。




◆◆No.24 超血統(フルブラッド)◆◆

 エフェクト一つの最大レベルを+2、現在のレベルを+1。
 基本取得のエフェクト三種と《リフレックス》以外の一般エフェクトが使えなくなります。
 ピュアブリード専用です。

 専ら100%制限エフェクトなどをさらに強化させるのに使います。
 エンジェルハイロゥ《マスヴィジョン》や、サラマンダー《プラズマカノン》、キュマイラ《フルパワーアタック》が、侵蝕4で最大8LV攻撃力40とかになります。

 【申し子】の《アンプリフィケイション》コンボには一歩及ばない威力ですが、侵蝕も必要経験点も控え目で済みます。
 省リスクで安定した攻撃力を発揮できるようになる、オススメのDロイスです。
 
 


◆◆No.25 超侵蝕(ディープエロージョン)◆◆

 2つのシンドロームを組み合わせた特定のコンボに、一回だけ攻撃力と達成値+10が乗せられます。
 クロスブリード専用です。

 ロイスひとつ分として見れば効果的には充分に優れており、使用のリスクも無く使いやすいDロイスです。

 ただし、派手さと成長性が無い、工夫ほぼ不要で使える分面白みに欠ける、ビルドの軸にできない、戦闘力を底上げしてくれるわけでもない…"いい人だけどつまらない"感じです。
 
 コンストラクション環境や、単発セッションで使うのがオススメです。
 
 ハヌマーン《マシラのごとく》の命中補助に向いているので、検討に値します。


▼サンプルキャラ
ハヌマーン×キュマイラ@超侵蝕
【コンストラクション】

能力値 8112

5《80%マシラのごとく》3  40
2《音速攻撃》1  +2D
4《80%フルパワーアタック》1 10    
2《獣の力》1  4

100%/侵蝕15/攻撃力60(ワイヤーウィップ)+10/ダイス8/修正2+10

【超侵蝕】は《音速攻撃》と《獣の力》に設定しておきます。
 



caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

上級ルールのDロイス解説その4/特異点/奇妙な隣人/組織の助力/指導者/精鋭@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20181108214637j:plain
[特異点/奇妙な隣人/組織の助力/指導者/精鋭]

 上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その4です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。



◆◆No.16 特異点(シンギュラリティ)◆◆
【LM変更あり】

 ゲーム中一回だけ、成功判定のダイス1振り分の出目を全部10にできます。

 …上記はただの演出です^^;

 要は成功判定ロールの出目による達成値で「10」を保証するという効果です。
 クリティカルしない状況も起こりうるので、単純に達成値+10ではないのがややこしいですね。
 (LMでは達成値+20という効果になりました。しかしこちらも、固定ロイス効果と大差無いので微妙です^^;)

 Dロイスとしては…ビミョーな効果です。まあ、素のタイタスだと1Dという不安定な増加なので、アテにできる分強いと言えば強いのですが。

 達成値勝負が必要になる、ドッジやキャンセルのエフェクトを活用したいキャラなら、持っていても良いかもしれません。

 ゲーム的効果がビミョーな分、フレーバーは強力です。
 シナリオ中に確率的にあり得ないような偶然が発生しても、全てこのDロイスで説明をつける事ができるからです。

 ロールプレイ好きの玄人プレイヤーが選ぶ印象です。また、GMサイドからも活用しがいがあります。

 2nd時代のリプレイ"ストライク"シリーズの主人公(田中天さん!)が、このDロイスを持っていて酷い諸星がアタっていました。
 



◆◆No.17 奇妙な隣人(ストレンジネイバー)◆◆

 《オリジン:~》のエフェクトを一つ取得する。また、レネゲイドビーイング専用エフェクトを習得出来るようになる。

 ストレートにレネゲイドビーイングになる場合との違いは、《ヒューマンズネイバー》の自動習得が無い点です。その分侵蝕基本値+5もありません。

 このDロイスは、ほとんどデータ的付加価値が無いので、フレーバーの為だけのDロイスと言っても過言ではありません。

 相棒レネビとのロールプレイを楽しんで下さい。

 初心者プレイヤーに、解説サポートお目付け役NPCを付けるという機能も発揮できます。

 利用する場合は、得意分野の固定値を伸ばす機能に期待する事になりますが、〈白兵〉だけは素手の攻撃力アップ効果になります。
 白兵武器利用のキャラの場合は、《オリジン:サイバー》あたりにして、調達や情報収集に役立てると良いです。戦闘力アップにはなりませんが、思いの外便利に使えるはずです。


 

◆◆No.18 組織の助力(バックアップ)◆◆

 ダイス10、修正5の判定をゲーム中3回使えます。ワークス「UGNエージェント」専用です。

 専らミドルフェイズで利用します。主に情報収集判定に。余ったら購入判定に。機会があったら弱いエネミーの攻撃をドッジしたり…といった感じです。

 あえて取得するほどの価値は、正直無いですね^^;

 サプリメント"インフィニティコード"に掲載されている「フォーカス判定…連続した成功判定で緊迫したシーンを展開させる」のルールを良く利用するなら、かなり役に立つので取得候補に上がります。




◆◆No.19 指導者(リーダーシップ)◆◆

 クリティカル-1、ダイス+5の効果を自分以外に一回だけ。ワークス「UGN支部長」専用です。

 必ず役には立つので、他に必要なDロイスが無いのなら取得しても良いかもしれません。

 フレーバーとして"特に優れた支部長"という肩書きがつくので、仲間やNPCにイジられやすくなります!



◆◆No.20 精鋭(トゥルーボーン)◆◆
【LM変更あり】

 一つの技能にレベル+5の上乗せが付きます。基本侵蝕率が+3(LMでは+2)になります。ワークス「UGNチルドレン」専用です。

 一見とても地味ですが、さにあらず。メインの攻撃技能をスタート時点で9にできます。これは、実質ダメージダイスが+1ということです。

 達成値が増えるので、判定値ペナルティーのきついノイマン《マルチウェポン》《ヴァリアブルウェポン》多刀流コンボとの相性も良好です。

 また、実感はしにくいのですがダブルクロスの判定システムは、クリティカル値7の場合、ダイス12以上から、ダイスを1つ増やすより、技能を1レベル上げた方が達成値期待値が高くなるシステムになっています。
 実質ダイスプラス5以上の効果にもなりうるわけです。

 達成値を伸ばすエフェクトとの相性が良好です。
 ブラックドッグの《ハードワイヤード》《アタックプログラム》等と合わせて特化すれば、汎用性はともかく、《コンセントレイト》抜きでも戦えるキャラが作れたりします。

 オルクスの《幸運の守護》など、ドッジエフェクトにも転用できる〈RC〉を精鋭に指定しておくと、雑魚戦で意外と役に立つ事があります。
 〈交渉〉でも同じ事が言えますが、〈交渉〉アタッカーは攻撃力不足を補う為に他のDロイスを選んでいる事が殆どですね。
 ちなみにエフェクトアーカイブ導入なら、ブラックドッグ《ゲットダウン》の利用で〈白兵〉〈射撃〉でもドッジが可能になっています。

 ワークス制限があるDロイスなので、レネゲイドビーイングの達成値を伸ばす《オリジン:~》シリーズとは、一緒に取得出来ない点に注意です。
  


caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.11.7更新1体】上級ルールのDロイス解説その3/秘密兵器/古代種/復讐者/安定体/触媒@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181107110146j:plain
[秘密兵器/古代種/復讐者/安定体/触媒]

 上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その3です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。




◆◆No.11 秘密兵器(トイボックス)◆◆
【LM変更あり】

 専用の強力なアイテムを一つ使えるようになります。

 派手な一撃必殺力はありませんが、成長や大きな追加コストが不要で、カッコよく、コンスタントに便利です。
 財産点を使わずにすむ(=情報収集力を確保しやすい)点も大きいです。

 私はミドルフェイズ重視のプレイングを好むので、アタッカーをする際には実験体に次いで利用率が高いです。

 特に武器系はどれもオススメです。傾向として、武器作成の無い白兵ハヌマーン・射撃ブラムストーカー・射撃エンジェルハイロゥ…等のキャラに適合率が高いです。

 LMでは種類が増えた上に、経験点を使って最大3つまで持てるようになりました。性能が向上したものもあります↓
 レイジングブレイド 命中ペナ-3から-2へ
 フォールンシールド 侵蝕2から1へ
 特殊装甲義肢 攻撃+4から+6へ
 レジェンドウェポン 攻撃+3から+5へ



◆◆No.12 古代種(エンシェントレネゲイド)◆◆
【LM変更あり】

 不老の体になります。年齢何千才でもオーケーです。
 専用エフェクト11種類(LMで+3種)を習得できるようになります。

 強くも弱くもないという風情で、エフェクトのパワーというより、フレーバー要素を重視して選ばれるDロイスです。


 オススメエフェクトをいくつか。

《フラットシフト》
 コンボ一つの侵蝕上昇を一回だけ0にします。古代種の目玉エフェクトです。
 重い必殺コンボ持ちのキャラなら、このエフェクト取得の為だけでも古代種にする価値があります。

 判定のあるメジャーアクションなら、120%エフェクトにもコンボできるので、ノイマン《戦神の祝福》、オルクス《ナーブジャック》、ハヌマーン《神速の鼓動》、モルフェウス《ギガノトランス》などを侵蝕0で使う事もできます。


《デジャヴュ》
 ノイマンの《インスピレーション》と同様の効果で、GMに質問できます。


《ルーラー》
 セットアップ発動・シーン選択でダイス-6個ペナルティー@3回。ダイスペナルティーマニア垂涎の一品です。

 


◆◆No.13 復讐者(アヴェンジャー)◆◆

 ゲーム中一回だけ、自身の負っているダメージ数値を、算出ダメージに上乗せする事ができます。

 強すぎず弱すぎず、使用にコツが必要で、フレーバーにロマンもある…という"良いDロイス"です。

 HPの高い白兵キャラ向きのDロイスです。特にHPをコストに攻撃力を上げる、サラマンダーの《終末の炎》と相性抜群です。

 HPを伸ばすエフェクト…キュマイラ《巨人の生命》、ブラックドッグ《ペインエディター》、エグザイル《異形の刻印》…も、ダメージ増加の役に立ちます。

 ブラムストーカーの、各種HPをコストにするエフェクトは、メインプロセス終了時=ダメージ算出の後にHPが減るので、このDロイスとのシナジーはありません。

 ゲーム中一回しか使えないので、ダメージスルーや判定キャンセルエフェクトを多用するGMの下では、気持ち良く使えない可能性があるのが難点です。



▼サンプルキャラ(コンストラクション)
"終末の復讐者"

サラマンダー×キュマイラ
能力値 8112  (HP37)

2《炎の剣》1LV  2.4
2《終末の炎》2LV  10.15
4《フルパワーアタック》2LV  10.15
3《灼熱の砦》1LV  3.6

100%/侵蝕14/攻撃力46(ワイヤーウィップ)/ダイス11

 タイタス復活の後に《終末の炎》を使用してHPを3まで落としてから、復讐者を発動。ダメージを+34にできます。
 これで攻撃力固定値が実質80になるので、命中達成値分も足せば、期待値でダメージ100に届きます。




◆◆No.14 安定体(スタビリティ)◆◆

 二倍振りまでのバックトラック判定を、一回だけ振り直す事ができます。

 …バックトラック成功率は確かに上がりますが、二回目に成功するともかぎりません。

 正直、アテに出来ないDロイスです。バックトラック系なら【生還者】の方がはるかにオススメです。
 フレーバーも弱く、取得しているキャラを見たことがありません。




◆◆No.15 触媒(カタリスト)◆◆
 
 自分以外の仲間一人を"行動消費なしで"イニシアチブに行動させます。

 先制の雑魚殲滅や復活ボスへのダメ押しなどに利用できるため便利で強力ですが、諸刃の剣です。

 これで行動した仲間は一人だけ侵蝕率が突出して高くなってしまう事が多く、ジャーム化の危険性やバックトラック倍振り(=経験点減少)の可能性が跳ね上がります。
 つまり、自分ならまだしも、他のプレイヤー一人だけにワリを喰わせる形になるのです。
 折り込み済みでのチームデザインや、全員が【触媒】使いならば良いのですが…

 "これを使わないと勝てないようなボスには出会わない"とも思われます。

 非推奨のDロイスです。
 


caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.12.31更新2体】上級ルールのDロイス解説その2/戦闘用人格/特権階級/生還者/複製体/伝承者@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20181107004550j:plain
[戦闘用人格/特権階級/生還者/複製体/伝承者]

 上級ルールで紹介されているDロイスの解説記事その2です。

 【LM変更あり】の項目は、後発のサプリメント"リンケージマインド"でデータ変更があったDロイスです。

 シリーズ記事は↑の[Dロイス]タグからご覧下さい。





◆◆No.6 戦闘用人格(デュアルフェイス)◆◆
【LM変更あり】

 侵蝕率100%で、判定ダイスが4増えますが、バックトラックのダイスが一つ減ります。
 (LMではダイス+5&攻撃力+5!)

 フレーバーは良いのですが、性能は正直微妙です。

 【実験体】の様に、能力値の底上げによるステータスアップの効果は無いですし、【賢者の石】の様に大ダメージを叩き出すこともないので、戦闘早期終結の直接の役にも立ちません。

 さらに、バックトラック一倍振り成功の確率も落ちます(経験点を得にくくなります)。オフラインセッションをする場合に、用意しなければならないダイス数が増える&判定に時間がかかるという物理的デメリットもあります。

 あえて実験体ではなく、戦闘用人格をデータ面でチョイスするビルドを考えるなら、クライマックスのドッジ用ダイスを少しでも稼ぎたいキャラとなります。ドッジ二回成功でロイス収支の元がとれる計算になります。
 ダイスが増やしにくい肉体以外の…社会や精神や感覚基準のドッジを、初期から運用したいキャラには特にオイシイかもしれません。

 ダイスが多い《完全獣化》を使うキュマイラのダイスを更に増やすのも、コンセプトビルドとして面白いかもしれませんね。
 普通に20D以上振れる事になります。クリティカル値10のドッジでも、一回はクリティカルしてくれそうです。

 フレーバーの話しになりますが、基本殺すしかないジャーム相手に、非情になりきれなかったり、ビビりな性格のキャラクターがこのDロイスを利用すると、ロールプレイと戦闘行動にいい感じの整合性とコントラストの演出を差し挟めます。そういった意味ではかなりオススメです。


◆キャラクター例
サラマンダー×ハヌマーン@戦闘用人格
"陽炎"
【コンストラクション】

▼能力値
肉体7 〈白兵〉1 〈回避〉+2
感覚1
精神2 〈意志〉+1
社会2 〈調達〉1+1

▼エフェクト
3《炎神の怒り》1LV +3D
2《リフレックス:サラマンダー》2LV
5《80%:マシラのごとく》1LV 20 -5D
4《100%:クロスバースト》2LV 12 -2D

▼100%コンボ
侵蝕14/攻撃力37(日本刀)/ダイス6+4/HP-3

ドッジ/侵蝕5/ダイス13+4/修正2/HP-3
期待値38.5


 せっかくなので、あえてダイスペナルティの多い攻撃エフェクトをチョイスしてみました。




◆◆No.7 特権階級(ハイロード)◆◆

 タイタスの効果を他人に使えるようになります。
 
 多くの場合ボス戦で仲間を復活させるのに使う事になりますが、ダイスペナルティーやバッドステータスなどの不利な状況の解除や達成値支援など、活かすチャンスは多岐に渡ります。

 特にロイスを失いにくいガードキャラにオススメのDロイスです。
 直接の殲滅力には繋がらないので、アタッカーには向いていません。
 支援キャラも侵蝕率がバカにならないので、いざというとき生かしにくいです。

 どのタイミングで誰にどの効果で使うか?仲間の侵蝕率と残ロイス・バックトラック成功率や戦況などを判断しての的確な運用ができないと、無駄使いをして自分の首を絞めることになりかねません。
 的確な運用をすればかなり心強いDロイスなのですが、利用には慣れが必要です。

 エフェクトアーカイブ環境なら、"メモリー"によってバックトラックの成功率が担保できるので、実質的に使えるロイスが増え、更に利用価値が上がります。
 
 リンケージマインド環境の場合「固定ロイスの特殊効果"白"」で、誰でもやろうと思えば他人にダメージゼロ効果を二~三回飛ばせるので、相対的にこのDロイスの価値は下がっています。


◆キャラクター例
キュマイラ×エグザイル@特権階級
"ノーロストキング"
【コンストラクション】

▼能力値
肉体5 HP32
感覚1
精神2 〈意志〉1+2
社会4 〈調達〉1+3

▼エフェクト
2《崩れずの群》1LV
3《イージスの盾》3LV
4《命のカーテン》1LV
2《鋼の肉体》1LV  2D+5

最大ガード力 4D+12(クリスタルシールド)

 
 メジャーアクションは鋼の肉体でHP回復します。
 コンストラクションのディフェンダーとしては、かなりしぶといビルドです。
 遠隔ガードが届かなかったり、範囲攻撃を受けてカバーリングしきれなかった仲間を、必要ならタイタスで復活させます。




◆◆No.8 生還者(リターナー)◆◆

 バックトラックで3Dの侵蝕率を下げます。

 普通のロイス一つ分(1D)と比べると、期待値で+11の効果があります。

 バックトラックの成功率を確かに底上げしてはくれるのですが、3rd editionでは侵蝕率をガッツリ下げられる"メモリー"やEロイスルールが加わった為、すっかり影が薄くなってしまいました。

 リンケージマインド環境になると、固定ロイスがDロイス並みの性能に上がった為、さらに取得価値が下がってしまいました。

 とは言うものの、初心者さんのキャラクターの安全装置として"とりあえず"持たせておくには良いDロイスです。

 タイタス効果のダイス+10が使えなくなるペナルティーを忘れがちなので、GMをする時も注意しましょう。


 

◆◆No.9 複製体(デュプリケイト)◆◆

 侵蝕率制限(80%とか100%とか)の無いタイプのエフェクトを、どのシンドロームからでも一つ習得します。トライブリードでも最大レベル制限はありません。
 だだし、ロイス一つを犠牲にしている上に、使用時の侵蝕コストが上乗せになるエフェクトなので、計画的に利用しないと危険です。

 同様の効果を手広くデフォルトで持っているウロボロスシンドロームの出現により、すっかり影が薄くなってしまったDロイスです^^;

 このDロイスを取得しているキャラは、誰かのコピーとして生を受けた存在となります。
 オリジナルキャンペーンシナリオのネタとしては、充分なポテンシャルです!
 PC・NPCを問わず、ロストしたキャラクターを再登場させる理由付けにも使えます。


 最もよく選ばれるエフェクトは、ブラックドッグの《ハードワイヤード》です。タイミング:常時のエフェクトはウロボロスでコピーできないので、需要があります。
基本侵蝕が合計+7にはなってしまいますが…
 ノイマンピュア六刀流にアームブレードを供給したり。
 サイレン使いにRCブースター(判定固定増加)を供給したり。
 etc 便利に手広く利用可能です。ピュアブリードの弱点補強に効果的と言えます。


 その他のエフェクトだと…

 範囲攻撃が出来ない白兵アタッカー(キュマイラ×ブラックドッグなど)に、ハヌマーンの《獅子奮迅》。
 装甲無視が出来ない物理アタッカー(キュマイラ×エグザイルなど)にモルフェウスの《ペネトレイト》。RCならハヌマーンの装甲無視《振動球》。等が、効率上選ばれやすいと思います。

 ピュアブリードの弱点補強にも効果的です。サラマンダーピュアのガードキャラに、バロールの《セットバック》など、オートアクションのバッドステータス回復エフェクトを持たせたり、キュマイラピュアの射程延長に《伸縮腕》を持たせたりetc

 
 


◆◆No.10 伝承者(サクセサー)◆◆
【LM変更あり】

 達成値+3D10、HPを5失う、シナリオ1回。
 (LMでは、クリティカル-1、HPを10失う、シーン1回、使用回数3回)

 微妙な効果です。
 正直、使っているキャラを見たことがありません。

 あえて使うなら、サラマンダーの《氷壁》やノイマンの《守りの弾》など、判定キャンセルエフェクト使いに持たせて、とっさのブーストに使うくらいでしょうか。

 判定技能を固定しなければならないので、攻撃・回避・情報収集に転用できる〈RC〉が有利と言えば有利です。


●【LM版】について
 ミドルフェイズの戦闘では《コンセントレイト》3LVを前提に切り札として使えますが、シーン一回のためボス戦でも一回しか使えません。
 イマイチ感が否めませんが、変更前よりはマシです。
 3シーンも戦闘が有ることは希ですし、あったとしても全てに参加したら侵蝕率がとんでもない事になるので、使用回数一回は戦闘以外で使えれば余らせずにすみそうです。

 リンケージマインドでは、固定ロイスで達成値+15なんて効果も出てきてしまったので、ますます存在意義が怪しくなってしまいました。




caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.11.21更新5体】上級ルールのDロイス解説その1/賢者の石/起源種/変異種/対抗種/実験体@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20181105192735p:plain
[賢者の石/起源種/変異種/対抗種/実験体]

 上級ルールブックで追加された"Dロイス"52種類それぞれについて、有効利用方法などを解説してみたいと思います。五個づつの10記事シリーズになります。

 後続のサプリメント"リンケージマインド"で効果が変わったもにも言及します。これについては、Dロイス名の下に【RM変更あり】と付記します。詳細データを明記出来ない点はお察し下さい^^;


 ちなみにDロイスとは、上級ルールブックから登場した追加ルールで、7つあるロイス枠のひとつ(初期設定の固定ロイス枠)を費やす代わりに、特殊な設定とそれにまつわる能力やアイテム入手できる…というものです。

 Dロイスがあるとキャラクター作成の幅が広がりますし、データ的にも強くなります。その分普通のロイス枠が6つに減ってしまうため、バックトラックの難易度が上がってしまいます。諸刃の剣と言えるでしょう。

 しかし、上級ルールブック導入環境では九割以上のキャラがDロイスを持っている為、ゲームランス自体がDロイスありきで設定されるのが通例になっています。つまるところDロイスを持つデメリットはほぼ無いと言えます。

 Dロイスを持っていないから弱い…ともならないので、基本ルールユーザーの諸氏はご安心下さい。
 バックトラックが有利・攻防共に役立つタイタス使用回数が多いというのは、Dロイスよりも応用が利く堅実な選択肢です。




◆◆No.01 賢者の石(レネゲイドクリスタル)◆◆

 クリティカル-2。判定が大幅に有利になります。

 《完全獣化》でダイスを増やせるキュマイラや、《フルインストール》があるブラックドッグに、《リミットリリース》でクリティカルを下げられるハヌマーンを合わせたクロスブリードで使うのが、王道ですね。

 侵蝕100%の《コンセントレイト》4LV 、ハヌマーンの《リミットリリース》@下限値5と合わせると、クリティカル値を3にできます。
 
 例えばダイス14クリティカル3なら、達成値が大体80~100位になります。200に達するのも珍しくありません。
 ダメージにして、50~100ほど上乗せされる可能性があるわけです。
 侵蝕が1D上がるとは言え、他のDロイスと比べても破格の効果です。

 タイタスを追加で使って、ダイス14クリティカル2にすると、達成値は250辺りをメインに、最大で700位まで伸びます。

 オルクスのダイス目を10にするエフェクト《妖精の手》との相性が最高なので、コンビ打ちを視野に入れたパーティー編成を推奨します。
 ±1ながら三回も出目を操作できるバロールのDロイス【時使い】も、まさにここが使い時となります。


 《リミットリリース》とコンボさせず、《コンセントレイト》のみと合わせる場合、侵蝕率100%以上でも、下限値の問題でクリティカル値は5にしかなりません。
 上と同じダイス14だと、達成値は60辺りが目安になります。派手さには劣りますが、Dロイス一つの効果としては充分と言えます。  


 このDロイスをはじめとしたゲーム中一回の"決め技"に対して、GMはくれぐれも考え無しに《時の棺》やダメージ0化エフェクトで対応しないようにしましょう。
 カタルシスを挫くマスタリングは悪手です。
 

▼サンプルキャラ1
ブラックドッグ×ハヌマーン@賢者の石
【コンストラクション】
"クリスタルブレイカー"

能力値 7221

5《フルインストール》2    9d
6《リミットリリース》1
2《アームズリンク》1    2d
4《MAXボルテージ》1   -1d
2《コンセントレイト・ブラックドッグ》3

100%/侵蝕15+1D/攻撃力5(刀)/ダイス21/クリティカル5(-2)

 《フルインストール》でダイスを増やすパターンです。燃費がものすごく悪いですが、ボスのHPをごっそり奪えます。
 達成値は大体100~200辺りに収まります。ダメージにして+50~100位を見込めます。
 《MAXボルテージ》は、賢者の石コンボを使わない時の継戦能力を担保するために取得してあります。
 


▼サンプルキャラ2
ハヌマーン×キュマイラ@賢者の石
【コンストラクション】
"クリスタルビースト"

能力値 8112
2《コンセントレイト・ハヌマーン》3
6《リミットリリース》1
5《獣の魂》1 5D
2《音速攻撃》2 2.3D
2《獣の力》1 2.4

100%/侵蝕17+1D/攻撃力14(両手剣)/ダイス19/cr5-2

 コンストラクション・単発セッションでの使用なら《完全獣化》より《獣の魂》を利用した方が効率的です。




 
◆◆No.2 起源種(オリジナルレネゲイド) ◆◆

 侵蝕率上昇に伴うダイスボーナスが無くなる代わりに、エフェクトのレベルが早く上昇するようになります。

 自身の判定のダイスが増えなくても支障の無い、支援キャラの鉄板Dロイスですが、無くても困らないと言えば困りません。ぶっちゃけ、GMの用意する敵がその分強くなるだけです。

 性能の底上げにはなるのですが、ブレイクスルーにはならないので、支援キャラのDロイスなら私としては、タイタス級の効果が望める【特権階級】【記憶探索者】【触媒】等の方が使いがいがあります。

 ガードキャラでもよく選ばれますが、この場合[精神]が低いと衝動判定が苦手になり、肝心なときに暴走でカバーリングやガードができなくなってしまいかねません。〈意志〉技能と共に強化を忘れないようにしましょう。

 80%の段階で《リザレクト》も2LVになるため、2D回復の2D侵蝕率上昇になります。忘れがちなので注意しましょう。




◆◆No.3 変異種(イレギュラー)◆◆
【RM変更あり】

 特殊なエフェクトを利用出来るようになる代わりに、その特殊エフェクトをコンボしないとダイスペナルティーを受けてしまいます。

 各シンドローム専用のものは、"常用はアレだけど、更なる一手を追加してくれる"といった風情のマニアックなものが揃っています。

 追加習得も可能な変異種"特殊"エフェクトもありますが、これを目当てにDロイスを取得する程の魅力はありません。

 変異種エフェクトは、GMとしてエネミーに使わせると考えると、プレイヤーに「うわ、そう来るかー」と言わせるのに利用できそうなエフェクトとも見ることができます。

 リンケージマインドでは、いくつかのデータ変更が行われています。
 《破邪の瞳》 侵蝕4から5へ
 《コキュートス》 ダイスペナルティ3から2へ
 《ハードラック》 最大レベル3から5へ
 《ピアシング》 ダメージ-10か-5へ
 《ウロボロス用》《80%制限》《100%制限》の三種類追加

 特にオススメできるものをいくつか挙げてみます。というか、これら以外を使ってるPCを見た記憶が私は無いかもしれません…



モルフェウスドッペルゲンガー
 RC攻撃もガード不可にできるレアなエフェクトです。ダメージも増えます。ポン付けで役に立ちます。

▼ビルド例
モルフェウス×エンジェルハイロゥ@変異種

能力値 1911

2《光の手》1
2《砂の刃》1 4
2《パラライズ》1 範囲選択 硬直
4《クリスタライズ》3 12
5《Dドッペルゲンガー》1 5

100%/侵蝕17/攻撃力21/ダイス12/装甲無視/ガード無視/範囲選択/硬直

 装甲ガード無視の範囲攻撃というコンセプトです。とは言え《クリスタライズ》は《マスヴィジョン》にした方が攻撃力が安定します。
 《陽炎の衣》も付ければ、キャンセルエフェクトも受けなくなります!
 火力は落ちますがシーン攻撃の《スターダストレイン》を使うこともできます。
 RCアタッカーとしては、最も応用性が高いビルドと言えます。



ノイマン《プレディクション》
 攻撃をドッジ不可にできます。必中です。ピュア以外のビルドでハヌマーンの《サイレンの魔女》を強制的に当てるのに利用できます。
 《マルチウェポン》《ヴァリアブルウェポン》コンボの攻撃修正ペナルティーを、乗り越えるのにも使えます。



●サラマンダー《コキュートス》
 複数回使えてクリティカルもするシーン攻撃です。程よく強すぎない感じが好感触です。
 ダイスペナルティーもありますが、ピュアブリードの《結合粉砕》と合わせれば充分実用可能です。

▼ビルド例
 サラマンダーピュア@変異種
 コンストラクション
 能力値 4152

 4《結合粉砕》3    +3/4d
 4《コキュートス》1  3.6 -3d
 3《灼熱の砦》1   3.6
 1《焦熱の弾丸》1   3.4

 100%/侵蝕14/攻撃力16/ダイス9/シーン/装甲無視

 ダイスが少ないので、仲間に支援キャラがいると助かりますね。 



●特殊《アクティベイト》
 HPをコストにして達成値を伸ばします。達成値で勝負するクロスブリード《サイレンの魔女》使いや、達成値が不安な《マルチウェポン》使いだと利用価値が出てきます。

 《オリジン~》のエフェクトで固定値を伸ばせるレネゲイドビーイングや、ブラックドッグの《アタックプログラム》《ハードワイヤード》との相性も良好です。

 使用回数制限や組合せ技能制限がないので、ミドルフェイズの調達や情報収集やFS判定にも利用できる、隠れ便利エフェクトです。



●特殊《ハードラック》
 ダイス一つを振り直せます。最大使用回数4回・侵蝕3で手軽に使えるので、比較的ではありますが追加習得にオススメです。
 15ダイス・クリティカル値7なのに、一つもクリティカルしないとか普通に起こりますので…
 



◆◆No.4 対抗種(カウンターレネゲイド)◆◆

 レネゲイド関連の相手に与えるダメージがいつも+2D。メインプロセス終わりにHPを3失う。

 侵蝕率が上がらず手軽に攻撃力を上げられるので、用いられる頻度がとても高いDロイスです。
 厨二フレーバーが濃いので、演出もはかどります。

 ”HPを3失い“ますが、HPが1の時でも効果が発動します(メインプロセス終わりまでにHPを4以上にしておかないと倒れる事になりますが)。
 相手がレネゲイド関連のエネミーなら、不必要な時にも必ず発動してしまう点に注意が必要です。
 ブラムストーカーの命中時にHPを回復するエフェクト《乾きの主》と相性抜群です。
 
 ブラムストーカーなどの“HPを消費する”=HPが無いと発動できないエフェクトとは違う点を、把握しておきましょう。ダブルクロスのまぎらわしいルールのひとつです。





◆◆No.5 実験体(ロストナンバー)◆◆
【RM変更あり】

 能力値+3、基本侵蝕率+3
 (リンケージマインド版は、能力値+4、基本侵蝕率+5)

 キャラクター作成時にシンドロームの能力値相性が悪くて実現困難だった、あんなビルドやこんなビルドが可能になる、とても便利なDロイスです。

 優秀な能力値配分を更に伸ばしたり、アタッカーの[社会]に割り振って情報収集や常備化を強化するような使い方も乙です。

 一般的なダイス増加系Dロイスと比べても、能力値自体が増えることによるHPや行動値等のパラメーターの増加が得られる分優れていると言えます。

 フルスクラッチで用いる場合、能力値3=経験点30に値するので、エフェクトレベルを伸ばすビルドに役立ちます。
 効率の良さは全Dロイスの中でも随一です。


▼ビルド例
 ブラックドッグピュア 実験体
 コンストラクション
 能力値 4281

1《イオノクラフト》1
2《雷の槍》1    6.8 -1D
3《雷神の鎚》2   6
4《MAXボルテージ》1 10 -1D
2《コンセントレイト》3

100%/侵蝕11/攻撃力24/ダイス9/至近不可・範囲選択

 実験体を使えば、ブラックドッグピュアのRCビルドも充分実用レベルになります。
 ダイスペナルティーの多いシーン攻撃《フラッシングプラズマ》の運用も、視野に入れる事が可能になります。



 
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.12.28更新1体】基本ルルブしかないけどドッジ(回避)したい!@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20181102023353j:plain

 ダブルクロスのシステムに慣れてくると、ドッジ(回避)は費用対効果に劣るので、あまり選択肢には入らない事が分かります。

 本項は、そんなドッジを基本ルールブック環境でなんとか有効活用してみたい!という記事であります。



●まずドッジはなんでダメなのか

 ロイスを削ってくるボスの攻撃をドッジできてナンボなのですが、そもそもボスは侵蝕の高さに比例してダイスが多いので、PCが判定値で競争するのは基本的に不利です。

 基本的にドッジには《リフレックス》と《ドッジエフェクト》の二つのエフェクトが必要になり、その分のリソースを、敵を倒す為の力に廻せなくなる不利が生じます。

 ダブルクロスは戦闘が長引くほどに・行動するほどに侵蝕率が上がり不利になるゲームなので、攻め手が衰えるという不利は看過できません。
 …その"長引いた戦闘"に仲間全員を巻き込む事になるからです。

 ドッジ用のコンボは侵蝕コストにして4~5ですが、これはダメージを受けて倒れてから《リザレクト》した場合の侵蝕上昇期待値と大差ありません。

 上手くドッジ出来ればよいですが、失敗した場合でも侵蝕率は上がります。そこに加えてフォローのために《リザレクト》や、タイタス昇華も必要になったりします。
 …ドッジが成功しないと、ドッジに回したコスト・リソースが全てムダになるわけです。



●ドッジする事の価値とは?

・ボス以外のエネミーの攻撃をドッジする場合なら、成功率も悪くないはずなので、愚策とは言えません。しかし、この場合往々にして同じコスト(経験点・侵蝕率)をガードエフェクトにつぎ込んだ方が安定します。
 

・当たらなければどうという事はない。
 痛いのはイヤですよね。キャラクターの心情を思いやるなら、当たって死んでもどうせ生き返るんだから良いだろ。とは言えません。


・コストとしてのHPを守る。
 避けてしまえばHPは減りません。ブラムストーカーの《ブラッドバーン》、サラマンダーの《終末の炎》、バロールの《時間凍結》など、HPをコストにするエフェクトを使う場合は、《リザレクト》するより戦いやすくはなります。


・ロイス消費をおさえる。
 クライマックス戦においては、ロイスひとつの侵蝕率の価値が、バックトラックの倍振りに比例して上がります(5.5→11→16.5)。
 バックトラックを二倍や三倍で行うようなシビアな戦闘を想定するなら、侵蝕率5上昇でもドッジを試みる価値が出てきます。
 一倍振りでバックトラック成功できる見込みがあるような戦闘なら、避け損ねてリソースを無駄にする可能性があるドッジは、選択肢に入りません。



●ドッジをするキャラのビジョン
 
 経験点が潤沢にあり、戦闘性能も充分なキャラが、選択肢のひとつとして修める。…ここら辺が妥当なラインかと思います。



●とは言え最初からドッジできるキャラを使いたい!
 
⇒ドッジに使えるダイスはクライマックスで14は欲しい。
⇒ 回避技能もなるべく高く。
⇒攻撃力も仲間からクレームが出ないレベルで欲しい(20以上)。

…これらを満たすラインを探ってみます。


 
●エグザイル×サラマンダー
【コンストラクション】

能力値 8112

3《炎神の怒り》2LV
2《リフレックス:サラマンダー》2LV
4《クロスバースト》1LV 4.8
5《ジャイアントグロウス》1LV 2D

100%この/侵蝕13/攻撃力15+2D(日本刀)/ダイス13/範囲選択/HP-3

100%ドッジ/侵蝕5/ダイス15/HP-3/期待値35.2+〈回避〉


 白兵アタッカーとしての攻撃力を確保すると共に、ドッジを行おうとすると、行動値を伸ばすまでリソースが残りません。
 …素早く避ける事はできますが、行動が敵の後手に回ってしまうという、ちょっと残念な形になってしまいます。

 エフェクト枠を節約するために、攻撃にもドッジにも使える《炎神の怒り》をチョイスしました。HPは減るものの、ダイスボーナスもある優秀エフェクトです。
 このエフェクトは、FSシーンや一般判定にも使えるので、とっさの力仕事での活躍も可能です。

 全体的な侵蝕上昇の高さもあるので、ドッジは極力成功させたい所です。
 回避技能はなるべく伸ばしておきましょう。



●基本ルルブのドッジビルド総評

 スピードと言えばハヌマーンですが、ハヌマーンのドッジビルドは、コンストラクション初期ビルドでは安定した攻撃力が確保できないので、向いていません。

 その他のドッジエフェクトのあるシンドロームだと、初期段階ではボスに通用するレベルのドッジ力が確保しにくいです。ほぼダイス増加にまでリソースが廻せません。

 …GMが手加減してくれれば通用するとは思いますが…

 自分的には、やはり成長させる前提のセッションでなら、運用可能という感触です。

 ソラリスの《抗いがたき言葉》などのダイスペナルティエフェクトや、特にオルクスの《奈落の法則》を使うキャラとコンビで戦うと、ドッジの成功率は跳ね上がります。試してみても面白いと思います。



サプリメント導入環境でのドッジ

 エフェクトアーカイブにて、ドッジエフェクトの侵蝕率が軒並み下がりました。

 エンジェルハイロゥには、仲間の代わりにドッジするエフェクト《鏡の中の人形》。
 ブラムストーカーには、リアクションクリティカルを下げる《血霧の盾》。
 一般エフェクトには、ドッジ成功時に追加行動を得る《朧の旋風》。
 等のエフェクトが追加され、だいぶテコ入れされた観があります。

 上級ルールやリンケージマインドもあれば、能力値を上乗せできる【実験体】などのDロイスも使えます。

 サプリメント導入環境では、総じてドッジが運用しやすくなると言えるでしょう。




●参考↓
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com


以上!

【18.10.25更新3体】オススメのトライブリード@ダブルクロス

 f:id:caunserahomare:20181024213152j:plain

 基本ルール1・2を使って"トライブリードで強い"をコンセプトに、ビルドしたキャラを集めてみました。


 ちなみに

 上級ルールやリンケージマインド掲載のDロイスには、トライブリードの弱点(パワー不足)を補えるものがいくつかあります。
 
 エフェクトアーカイブ以降のサプリメントを導入すると、トライブリードはリミットエフェクトという強力なエフェクトを取得しやすいというメリットが生まれます。

 レネゲイズアージに掲載されているアージエフェクトの数々も、パワー不足を補ってくれます。

 上記の諸々はこの記事で使用しませんが、興味のある方はサプリメントもオススメです。
 



▼ブラックドッグ×ハヌマーン+ノイマン
"多刀流@高汎用型"
【コンストラクション】

能力値7221
3《マルチウェポン》1
3《ヴァリアブルウェポン》1
+4《ハードワイヤード:アームブレード》3
4《獅子奮迅》1

100%/侵蝕12/攻撃力27(+5刀調達)/ダイス10/修正0/ガード-15/範囲

 範囲攻撃《獅子奮迅》・射程延長《かまいたち》・エンゲージ突破《影走り》を積んで汎用性を伸ばせます。





●ブラックドッグ×モルフェウス+ノイマン
"多刀流@水晶の剣"
【コンストラクション】

能力値7311

+4《ハードワイヤード》3
3《マルチウェポン》1 18
3《ヴァリアブルウェポン》1 27.32
3《水晶の剣》1 6.12

100%攻撃/侵蝕8(準備12)/攻撃力39(+5刀調達)/ダイス10/修正0/ガード-15

 クライマックスの四本目用に刀一本は常備化しておきます。
 侵蝕コストは12もかかりますが、ミドルフェイズ中にセッション中持続の《水晶の剣》でアームブレードをそれぞれ強化しておきます。
 ミドルから三刀流で攻撃力33!を発揮します。
 成長して、アームブレード四本+《水晶の剣》3LVになれば、攻撃力固定値は54に達します。




ソラリス×オルクス+ブラックドッグ
"高速支援!"
【コンストラクション】

能力値 1425

2《導きの華》1
3《要の陣形》1
5《狂戦士》2
1《加速装置》2

100%/侵蝕11/支援cr-1/ダイス+6/達成値+4/三体/行動値は22/

 《加速装置》のおかげで、素早い射撃キャラにも支援が間に合います。
 メジャー支援エフェクトは《狂戦士》と限らず、トライブリードでも充分な効果が上がります。
 フルスクラッチが可能なら《コンセントレイト》を外せるので、イージーエフェクトを沢山搭載したり、《妖精の手》を取得したりできます。



●参考↓
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com





以上!



caunserahomare.hatenablog.com

【19.1.18更新5体】初心者オススメキャラ@ダブルクロス

f:id:caunserahomare:20181101122910j:plain
 ルールブック1・2のコンストラクションで作成できる、初心者オススメキャラを紹介します。

 ダイスを多目に調整、コンセントレイトは最初から3LV、範囲攻撃を標準装備。安定した使用感を重視したビルドになっています。

 [社会]と〈調達〉にもウェイトを置いて、財産ポイントを情報収集に廻せるようにし、安定した情報収集能力を確保してあります。

 ミドルフェイズ~クライマックスフェイズの全編を通して、安定した活躍が見込めると思います。




◆◆◆射撃アタッカー◆◆◆
エンジェルハイロゥ×モルフェウス
【EA適合】
"バレットストライカー"

▼能力値 感覚のワークス
 肉体1
 感覚8 〈射撃〉1+2
 精神1
 社会2 〈調達〉1+3


▼エフェクト
2《天からの眼》1LV ダイス増加
3《ハンドレッドガンズ》1LV 6 武器作成
3《ギガンティックモード》1LV 範囲攻撃
4《マスヴィジョン》2LV 15 必殺技
2《コンセントレイト・エンジェルハイロゥ》3LV

100%/侵蝕11(準備3)/攻撃力21/ダイス13/範囲選択


▼アイテム 常備化12/残9
・コネ:UGN/噂/裏社会(3) 


▼解説
 射撃武器を作り出して戦うキャラです。
 素早い範囲攻撃が可能で、戦闘力も十分です。

 フルスクラッチにするなら、感覚を7に下げて、その分でイージーエフェクトを覚えたり、マスヴィジョンのレベルを上げると良いでしょう。
 イージーエフェクトの《天使の外套》や《テクスチャーチェンジ》を使えば、変身ヒーローも可能です。



◆◆◆RCアタッカー1◆◆◆
バロール×サラマンダー
"灼熱の重力弾"

▼能力値 精神のワークス
肉体2
感覚1
精神7 〈RC〉1+2
社会2 〈調達〉1+3


▼エフェクト
1《黒の鉄槌》1LV 6
3《因果歪曲》1LV
4《プラズマカノン》2LV 15
1《斥力跳躍》1LV
2《コンセントレイト・バロール》3LV

100%/侵蝕10/攻撃力21/ダイス10/クリティカル7/範囲選択


▼アイテム 常備化12/残9
・コネ:UGN/噂/裏社会(3)


▼解説
 灼熱の重力弾で敵を殲滅します。
 RCで戦いたいなら、こちらのキャラクターがオススメです。
 戦闘性能的には前述の射撃キャラのほぼ下位互換ですが、射程の長さと侵蝕上昇の低さでは勝っています。
 エフェクトアーカイブに適合させる場合、《斥力跳躍》の性能が変更になります。

 イージーエフェクトを取得するなら《ディメンジョンゲート》や《ポケットディメンジョン》が便利です。




◆◆◆白兵アタッカー1◆◆◆
キュマイラ×ハヌマーン
【EA適合】
"ソニックブレイカー"

▼能力値 肉体のワークス
肉体7 〈白兵〉1+2
感覚1
精神1
社会3 〈調達〉1+3


▼エフェクト
2《音速攻撃》1LV +2D
4《フルパワーアタック》2LV 15
4《獅子奮迅》1LV 範囲選択
2《軍神の守り》1LV カバーリング
2《コンセントレイト・ハヌマーン》3LV

100%/侵蝕12/攻撃力21(ワイヤーウイップ)/ダイス12/クリティカル7/範囲選択


▼アイテム 常備化14/残3
・コネ:UGN/噂(2)
・ワイヤーウイップ(8)
・ウェポンケース(1)


▼解説
 白兵ビルドの使いやすいキャラ。
 射程10mという利便性を優先してワイヤーウイップを採用していますが、イメージを重視するなら両手剣や日本刀などでもオーケーです。
 武器に財産ポイントを使っている分、他のキャラより情報収集に廻せる財産ポイントが少ないですが、その分社会の能力値を高くなる(ダイスが増える)ようにデザインしています。




◆◆◆白兵アタッカー2◆◆◆
キュマイラ×ハヌマーン
【EA適合】
"ソニックビースト"

▼能力値
肉体8 〈白兵〉1+2
感覚1
精神1
社会2 〈調達〉1+3


▼エフェクト
2《一閃》1LV 移動攻撃
4《獅子奮迅》1LV 範囲攻撃
4《フルパワーアタック》2LV 15
3《破壊の爪》1LV 10
2《コンセントレイト・ハヌマーン》3LV


▼100%コンボ
侵蝕12(準備3)/攻撃力25/ダイス11/範囲選択

 
▼アイテム 常備化12/残9
・コネ:UGN/噂/裏社会(3)


▼解説
 《破壊の爪》で腕を変化させて戦うタイプです。学生など普段から武器を所持していないキャラならこちらがオススメです。
 さらに《完全獣化》を使いたい場合は、範囲攻撃《獅子奮迅》との入れ換えになります。この場合は《フルパワーアタック》を《神獣撃》に替えるのも面白いです。

 モルフェウスの《インフィニティウェポン》を使いたい場合は、トライブリードにして《破壊の爪》と入れ換えるだけでもオーケーです。さらに《獅子奮迅》を《ギガンティックモード》に差し替えれば完璧です。




◆◆◆RCアタッカー2◆◆◆
バロール×ノイマン+ブラックドッグ
"はじめて遊ぶプレイヤーさんでも使いやすい"


▼能力値 精神のワークス
肉体1
感覚1
精神8 〈RC〉1+2
社会2 〈調達〉1+3


▼エフェクト
1《黒の鉄槌》1LV  4.6
2《雷の槍》2LV  8.10
1《斥力跳躍》1LV
2《雷光撃》1LV  2.4
2《コンセントレイト・ブラックドッグ》3LV

100%/侵蝕7/攻撃力20/ダイス10/クリティカル7/射程視界・至近不可/


▼アイテム 常備化12/残9
・コネ:UGN/噂/裏社会


▼解説
 ルールの理解が進んでいない人でも使いやすいキャラクターです。

 戦闘では必要なら《斥力跳躍》で間合いをとりつつ、《雷の槍》《雷光撃》《黒の鉄槌》コンボを撃ち込むだけです。
 侵蝕はフルコンボでも7しか上がらないので、ジャーム化の心配もまずありません。
 戦闘力も、サンプルキャラと比べてなら、エースクラスと言えます。

 《コンセントレイト》が3なので、攻撃力(14)とも相まってミドル戦闘では結構活躍できるはずです。
 成長させるなら、範囲選択かつ攻撃力の上がる《雷神の鎚》がオススメです。

 このキャラクターも、エフェクトアーカイブに適合させる場合《斥力跳躍》のデータが変更になります。





●関連記事
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

以上!



caunserahomare.hatenablog.com