ダブルクロス3rdあれこれ

モンハンじゃないよTRPGだよ

【トップ表示・目次ページ】基本ルールだけでコンストラクションしてます

f:id:caunserahomare:20180411000244j:plain

基本ルールブック1と2のみを使って、キャラクターを造ります。

フルスクラッチではなく、オンラインセッション等でもレギュレーション適合性の高いコンストラクションによる作成がメインです。

サプリメントを使用しなくても充分な性能が出ます。

自動取得のエフェクトや細かい技能などは、得に必要な場合を除き、表記していません。


タイトル下のカテゴリータグ【EA適合キャラ有】からリンクした記事内には、タイトルに【EA適合】と記してあるビルドが紹介されています。

これらのビルドは、EA(エフェクトアーカイブ)で変更されていないデータで組まれており、基本ルールのみによる作成ながら、無改造でエフェクトアーカイブ環境で使用することが可能です。


《目次》 随時リンクを貼ります。



◆◆◆◆ガチビルド◆◆◆◆


●白兵 攻撃力特化タイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●白兵 範囲&装甲ガード無視タイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●白兵 ガードタイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●白兵 《マルチウェポン》多刀流タイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●射撃 範囲攻撃タイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●射撃 《要の陣形》三体攻撃タイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●RC 《光の手》感覚RCタイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●RC 《サイレンの魔女》ピュアブリードタイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●RC 《サイレンの魔女》クロスブリードタイプ
caunserahomare.hatenablog.com



●支援 《先手必勝》高速支援タイプ
caunserahomare.hatenablog.com



◆◆◆◆ゆるビルド◆◆◆◆


●思いつきで作ったキャラいろいろ
caunserahomare.hatenablog.com




●サンプルキャラ的レギュレーション
caunserahomare.hatenablog.com




◆◆◆◆◆実験的ビルド◆◆◆◆

●ルールブック1のみ使用した場合
caunserahomare.hatenablog.com



●《時の棺》を使いたい
caunserahomare.hatenablog.com



●ヴィークルを使いたい
caunserahomare.hatenablog.com



●従者を使いたい
caunserahomare.hatenablog.com



●基本ルールでエフェクトアーカイブ環境キャラを作る。
caunserahomare.hatenablog.com



◆◆◆◆よもやま記事◆◆◆◆

caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

【18.5.21更新4体】エフェクトアーカイブ環境で使える、基本ルールビルドキャラ

f:id:caunserahomare:20180521202031j:plain 

 

「基本ルールブックしかない人でも、エフェクトアーカイブを使っているセッションに参加できるようにしたい。」

 

 というわけで、

 

 エフェクトアーカイブで性能変更を受けたエフェクトを使わずに、実用性が高いキャラクターを考えてみます。

 コンストラクションです。

 

 

 一つ前の記事↓で、ルールブック1と2の中から、変更のあったエフェクトを洗い出しました。

caunserahomare.hatenablog.com

 

 これらのエフェクトを使わずに、キャラクターデータをビルドしていきます。

 

 

 

◆◆このレギュレーションの特徴◆◆

 

▼基軸エフェクトが抜けた、支援タイプとガードタイプはビルドが難しいので、アタッカーを組むことにします。

 

 ・支援はオルクスの《導きの華》がレギュレーション落ち。

 

 ・ガードはサラマンダーの《氷盾》《氷雪の守護》が、レギュレーション落ちしています。

 

 

▼RCアタッカーは、ただでさえ強くなかったのが、さらに厳しくなりました。

 

 ・エンジェルハイロゥの感覚RC《光の手》がレギュレーション落ち。

 

 ・バロールはマイナー移動の《斥力跳躍》がレギュレーション落ちです。

 

 

▼《マルチウェポン》が使えません。

 定番ビルドのノイマン多刀流がビルドできません。

 

 

▼範囲攻撃ができてナンボ@射撃ビルドのガード無視は、実質《バリアクラッカー》頼みになります。

 

 ハヌマーンのガード無視《浸透撃》も射撃と組めますが、範囲攻撃と装甲無視のできるシンドロームモルフェウスとの射撃ビルド相性がイマイチ悪く、実用火力が伸ばしにくいのです。

 

 射撃の勇エンジェルハイロゥは、このレギュレーションでは範囲攻撃ができません。

 そして、ガード無視エフェクトを持つハヌマーンとブラックドッグは射撃を範囲化できません。

 

 したがって、エンジェルハイロゥが火力の《マスヴィジョン》と、ガード無視エフェクトをコンボさせる場合、単体アタッカーとして割り切る事になります。

 

  

 

◆◆◆◆ ビルド例紹介 ◆◆◆◆

 

 別ページになりますが、本ブログ既存のビルドデータでそのままエフェクトアーカイブ環境において使用できるものは、データ欄の頭に【EA対応】の表記があります。

 

 ブログ記事タイトルの下にある、小さな灰色の文字 "EA対応キャラ有" タグを選択すると、EA対応のビルドを紹介している記事の一覧を検索できます。

 

 

 以下、レギュレーションに特化したビルドをいくつか紹介いたします。

 

 

 

◆◆◆◆ 射撃アタッカー ◆◆◆◆

 

▼範囲攻撃タイプ 【EA適合】

ブラムストーカー×ブラックドッグ

 

能力値 3621

 

エフェクト

《滅びの一矢》1

《血の宴》1

《ブラッドバーン》3

《バリアクラッカー》1

 

100%/侵蝕15/攻撃力21(大型拳銃)/ダイス12/範囲/装甲無視/ガード無視/HP-7

 

 

▼解説

 

 速攻範囲射撃×装甲ガード無視…だとこのビルドになります。

 

 フルコンボの燃費は悪いですが、範囲アタッカーとしての性能は高いです。

 また、80%からフルコンボを使えるのは、侵蝕管理の上で一つの強みになります。

 

 攻撃力を伸ばそうとすると、さらに燃費が悪くなるので悩ましいところです。

 …《ハードワイヤード》&《ポルターガイスト》や、《MAXボルテージ》を利用する事になります。

 

 侵蝕が80%より低いときの攻撃力も伸ばしたい所ですが…ブラムストーカーの攻撃力×2エフェクト《赤き弾》が利用できない為、頼りにできるエフェクトはブラックドッグ邪毒の《雷の残滓》くらいです。

 バッドステータスはボスに効かない事もありますので、雑魚用と割りきって使うか、《コンセントレイト》を3LVにしてから射撃技能を地道に伸ばしましょう。

 

 《冥府の柩》でバステ対策もできるので、万全なキャラに成長できます。

 

 

 

//////////////////

 

 

▼範囲攻撃タイプ 【EA適合】

エンジェルハイロゥ×ブラムストーカー

 

能力値 1722

 

エフェクト

《滅びの一矢》1

《血の宴》1

《小さな塵》1

《マスヴィジョン》3

 

100%/侵蝕13/攻撃力29/ダイス13/範囲/HP-2

 

 

▼解説

 

 ガード無視は諦めて、火力で勝負するビルドです。

 単発セッションなら、このビルドで十分です。

 ダイスも十分、社会も十分でセッション耐性が高いです。

 

 武器は大型拳銃を用います。

 

 範囲攻撃をしないなら《滅びの一矢》をコンボしなくても攻撃力が落ちないので、クライマックスでの侵蝕コントロールが楽なキャラです。

 

 成長させる場合は、装甲無視の《ピンポイントレーザー》、さらなる攻撃力の《ブラッドバーン》を確保しす。 

 

 

 

◆◆◆◆ 白兵アタッカー ◆◆◆◆

 

▼単体→範囲攻撃タイプ 【EA適合】

キュマイラピュア

 

能力値 8112

 

エフェクト

《ハンティングスタイル》1

《破壊の爪》1

《銘無き刃》1

《フルパワーアタック》3

 

100%/侵蝕7(準備3)/攻撃力33/ダイス11/単体

 

 

▼解説

 

 レギュレーション落ちの影響が少ないキュマイラをピュアを使います。

 

 範囲攻撃の《増腕》

 MAXダイス+8Dの《完全獣化》

 MAX8D攻撃力Upの《神獣撃》

 

 等の優秀な攻撃エフェクトで、戦い抜きます。

 

 ガード対策は、ガード相手に係数×5ダメージ上乗せの《鬼の一撃》で、行います。鍛えればMAX40点乗せられるので、まあ何とかなるでしょう^^;

 

 

//////////////////

 

 

▼範囲攻撃タイプ 【EA適合】

ブラムストーカー×ブラックドッグ

 

能力値6321

 

エフェクト

《鮮血の一撃》1

《血の宴》1

《ブラッドバーン》3

《バリアクラッカー》1

 

 100%/侵蝕15/攻撃力26(両手剣)/ダイス12/装甲ガード無視/範囲/HP-7

 

 

▼解説

 

 範囲攻撃と攻撃力を確保しやすいブラムストーカーと、《バリアクラッカー》のブラックドッグのクロスです。

 射撃タイプと同様の安定感です。

 

 

 

 

エフェクトアーカイブ―ダブルクロスTHE 3RD EDITIONデータ集

エフェクトアーカイブ―ダブルクロスTHE 3RD EDITIONデータ集

 

 

基本ルールのみで、エフェクトアーカイブ環境に適応する!

f:id:caunserahomare:20180517012546j:plain



 

 既存のダブルクロスユーザーのほとんどは、アップデートデータ集であるところのエフェクトアーカイブを導入したレギュレーションで遊んでいます。

 

 基本ルールブックしか持っていない新規ユーザーが、既存ユーザー達に加わってセッションに参加するのは、なにかと難しい環境になっているのが、ダブルクロス3rdの現状です。

 

 そこでこの記事では、

 

 基本ルールしか持っていない方でも、

 

 エフェクトアーカイブで変更があったデータを利用しないことで、

 

 エフェクトアーカイブ環境のセッションに参加できるキャラを作成できるようになる事を目指します。

 

 キャラクターをエフェクトアーカイブ環境にアップデートしたいときの、指針にもできると思います。



 当ブログで紹介しているビルド例の見出しに【EA適合】とあるものは、基本ルールによる作成ながら、エフェクトアーカイブ環境で使用することが可能なデータとなっています。


 このブログのタイトルの下にある小さな灰色の文字 "EA適合キャラ有" のタグを選択すると、EA環境に適合したビルドを紹介している記事の一覧が検索できます。

 

 

 

◆◆◆この記事のデータ変更の定義◆◆◆

 

 ・用語の変更

 ・文面構成の違い

 ・読み仮名の違い

 ・FAQ対応の追記

 

 これら四点は、データの違いとは見なさない事にします。

 

 

 ちなみに参照したルールブックは、

 

 ・基本ルールブック1・2

  公式エラッタ全適用済み、

  平成29年発行の16版(1)と13版(2)。

 

 ・エフェクトアーカイブ

  公式エラッタ全適用済み、

  2017年発行の第九版。

 

 です。

 

 

 

◆◆◆【参考】◆◆◆

 

 当記事では、細かい変更点までは扱いません。

 どーせ使わないので、知らなくても問題無い…というスタンスです。

 気になる方は↓のサイトをご覧ください。

 

細かい変更点が分かる記事

http://hougen.dtiblog.com/?i&no=785

 

 有用な記事なのですが、初版を元にしているので、エラッタが適用されていない解説になっている事に注意です。

 また、一部勘違い↓も修正されていません。

 

モルフェウスで運転攻撃できない

 →《巨匠の記憶》で可能

 

・《バリアクラッカー》は白兵のみ

 →射撃でも可能

 

 ほかもちらほら

 

 

 

◆◆◆変更されたエフェクトリスト◆◆◆

 

 以下、シンドローム毎に、基本ルールと性能が変わったエフェクトを列挙します。

 これらを使わなければ、エフェクトアーカイブ環境で遊べるキャラを作れるという算段です。

 

 一般的に使用頻度の高いエフェクトは◆ ◆で印しています。

 

 

◆◆◆エンジェルハイロゥ◆◆◆

 

●ルールブック1

《神の眼》知覚ドッジ

《水晶の目》知覚ブースト

《120%:光の守護》被ダメージ0化

 

●ルールブック2

オプティカルレンズ》単体攻撃Up

《ガラスの剣》隠密攻撃強化

◆光速の剣◆ガード突破

《シャインブレード》武器強化

◆光の手◆感覚でRC判定

《見えざる死に神》隠密攻撃強化

ミラーコート》ドッジ強化

 

 

▼総括

 

 ガード突破《光速の剣》の性能変更が射撃タイプに痛手です。

 ハヌマーンの《浸透撃》、ブラックドッグの《バリアクラッカー》を使うか、エグザイルの《デビルストリング》でガードエフェクトを打ち消す事になります。

 

 《光の手》を使えないので、感覚RCタイプがビルドできません。これまた痛手です。

 

 

 

◆◆◆バロール◆◆◆

 

●ルールブック1

◆孤独の魔眼◆範囲攻撃縮小化

《斥力障壁》ダメージ減少

◆斥力跳躍◆マイナー移動

《冥界の檻》移動妨

《120%:黒星招来》被ダメージ0化

 

●ルールブック2

《インビジブルハンド》範囲RC攻撃

死に神の瞳》次ダメージブースト

赤方偏移世界》行動値Up

《停滞空間》行動値0化

《120%:黒星粉砕》大ダメージ

 

 

●総括

 

 割と利用頻度の高い《孤独の魔眼》《斥力跳躍》が抜けたので、注意が必要です。

 

 

 

 ◆◆◆ブラックドッグ◆◆◆

 

●ルールブック1

《ウェポンマウント》武器常備化

《球電の盾》ガード小Up

《ライトカスタム》能力値強化

《120%:電磁反応装甲》被ダメージ-20

 

●ルールブック2

◆加速装置◆行動値強化

《電撃収束》単体攻撃Up

《見えざる僕》RCドッジ

《メタルフュージョン》HP回復

《120%:自爆装置》自爆

 

 

▼総括

 

 《加速装置》が無いのは残念ですが、そこまで大きな影響はないです。

 

 

 

 ◆◆◆ブラムストーカー◆◆◆

 

●ルールブック1

《赤き剣》HP削って武器作成

◆赤き弾◆射撃攻撃小Up

◆渇きの主◆装甲無視素手殴りHP回復

《不死者の恩寵》HP回復

《120:不死不滅》復活

 

●ルールブック2

《赤き鎧》HP削って防具作成

《死者の肉体》意思でドッジ

《死の紅》装甲弱体化

《破壊の血》赤き剣強化

《封印の呪》判定妨害

 

 従者専用エフェクト

《意志無き者の舞》ドッジ

 

 

▼総括

 

 《渇きの主》が抜けたのが残念!

 射撃の要《赤き弾》も抜けてしまいました。

 

 

 

◆◆◆キュマイラ◆◆◆

 

●ルールブック1

◆獣の力◆白兵攻撃小Up

《魔獣の咆哮》判定妨害

《龍鱗》装甲大Up

 

●ルールブック2

《獣の誇り》ガード中バステ無効

《120%:魔獣の証》復活

 

 

▼総括

 

 《獣の力》が抜けたので、ピュアでは武器攻撃を《コンセントレイト》に繋ぐ場合、攻撃力が上がるエフェクトが利用できなくなりました。

 攻撃力を上げるなら、素手で《銘無き刃》を使う事になります。

 

 《龍鱗》が抜けたのも残念です。

 

 

 

 ◆◆◆エグザイル◆◆◆

 

●ルールブック1

《壁に耳あり》情報判定強化

《螺旋撃》リアクション妨害

《120%:透過》ダメージ0化

《がらんどうの肉体》ダメージ減少

 

●ルールブック2

《異形の祭典》複数対象攻撃

《ウルトラボンバー》自爆攻撃

◆貫きの腕◆ガード突破

《蛇の動き》ドッジ

《120%:融合》合体エフェクト使用

 

 

▼総括

 

 《貫きの腕》が抜けたのがイタいですね。

 

 

 

◆◆◆ハヌマーン◆◆◆

 

●ルールブック1

◆吠え猛る爪◆装甲無視

《120%:空蝉》被ダメージ0化

 

●ルールブック2

アースシェイカー》ダイスペナルティー

《アクティブソナー》知覚判定強化

《アクロバット》ドッジ

《影走り》エンゲージ突破移動

《残像》ドッジ強化

《ベーシックリサーチ》情報判定強化

 

 

▼総括

 

 《吠え猛る爪》が抜けました。白兵武器の装甲無視は実質、モルフェウスの《ペネトレイト》か、ブラックドッグの《バリアクラッカー》を頼る事になります。

 

 サイレン使いは問題なく運用できます。

 

 

 

 

 

◆◆◆モルフェウス◆◆◆

 

●ルールブック1

《黄金錬成》財産ポイントUp

サイコメトリー》情報判定強化

《120%:魂の錬成》復活

 

●ルールブック2

《エースドライバー》運転攻撃

《巨匠の記憶》芸術判定等強化

◆砂の加護◆判定ダイスブースト

《砂の盾》ガード小Up

《ダブルクリエイト》武器二つ作成

《守りの砂》RCドッジ

 

 

▼総括

 

 運転攻撃ができません!

 得意の情報判定エフェクトも無いです。

 万能だった《砂の加護》もないです。

 とは言え、その他戦闘性能に影響はないです。

 

 

 

◆◆◆ノイマン◆◆◆

 

●ルールブック1

《ブラックマーケット》財産ポイントUp

◆マルチウェポン◆武器二つ同時使用

 

●ルールブック2

《アナライズ》ドッジ

《生き字引》情報判定強化

◆ヴァリアブルウェポン◆複数武器使用

《急所狙い》攻撃力小Up

《戦局判断》行動値支援

《戦士の知恵》ガード小Up

《知識の泉》精神判断強化

《確定予測》リアクション妨害

 

 

▼総括

 《マルチウェポン》コンボが使えなくなります!

 

 

 

◆◆◆オルクス◆◆◆

 

●ルールブック1

《ジャミング》判定妨害

◆導きの華◆達成値支援

《完全なる世界》攻撃判定強化

 

●ルールブック2

《幸運の守護》RCドッジ

《惑いの一撃》ドッジペナルティ

《隆起する大地》範囲ダメージ減少

《領域の声》情報判定強化

オーバーロード》武器攻撃力強化

《120%:復讐の領域》ダメージカウンター

《絶望の領域》シーンにダイスペナルティ

 

 

▼総括

 

 《導きの華》がないので、実質的にこのレギュレーションでは支援キャラが成立しませんorz

 

 

 

◆◆◆サラマンダー◆◆◆

 

●ルールブック1

《氷の塔》範囲RC攻撃

《氷炎の剣》武器作成

 

●ルールブック2

《氷の戒め》RCダイスペナルティ攻撃

《氷の回廊》マイナー飛行移動

《灼熱の結界》ガード小Up

◆氷盾◆ガード大Up

◆氷雪の守護◆ダメージ減少

《融解》ドッジ

 

 

●総括

 

 《氷盾》がないので、サラマンダーのガードキャラは成立しませんorz

 《氷雪の守護》が抜けたのも残念です。

 

 《氷の回廊》が抜けました。バロールの《斥力跳躍》抜けと合わせて、サラマンダー×バロールはマイナー飛行移動ができません!

 

 

 

◆◆◆ソラリス◆◆◆

 

●ルールブック1

《毒の刃》攻撃力小Up

《トランキリティ》精神判定強化

オーバードーズ》エフェクトLVUp

《120%:アクアウィターエ》復活

◆女王の降臨◆自己強化支援

 

●ルールブック2

《アクセル》行動値支援

《アドレナリン》肉体判定強化

《命の盾》交渉ドッジ

《完全抗体》リアクション強化

《彫像の声》行動値ペナルティ攻撃

《群れの召喚》交渉ドッジ強化

 

 

▼総括

 

 ピュアブリードアタッカーの強みがなくなりました。

 

 

 

◆◆◆一般エフェクト◆◆◆

 

●ルールブック1

《アタックボーナス》攻撃力強化

《ショックアブソーブ》ダメージ減少

 

●ルールブック2

《ウェポンマスタリー》武器強化

《リサーチマスター》情報判定強化

 

 

▼総括

 

 無問題

 

 

 

◆◆◆レネゲイドビーイング◆◆◆

 

●ルールブック2

《オリジン・コロニー》装甲強化

 

 

●総括

 

 無問題

 

 

 

◆◆◆ポイントまとめ◆◆◆

 

・《導きの華》が抜けて、オルクスを使う支援キャラが実質成立しなくなりました。

 

・《氷盾》《氷雪の守護》が抜けて、サラマンダーを使うガードキャラが成立しなくなりました。

 

・《光速の剣》が抜けて、エンジェルハイロゥが、射撃のテッパン選手から落ちました。

 相対的にブラックドッグの《バリアクラッカー》の価値が上がりました。

 

・ドッジエフェクトが軒並み抜けて、ドッジキャラが難しくなりました。

 

・《光の手》を使った高速RCアタッカー、《マルチウェポン》を使った多刀流アタッカーなど、定番の強力ビルドが成立しなくなりました。

 

・マイナー飛行エフェクトが抜けた事により、バロール×サラマンダーのテッパンRCビルドが難しくなりました。

 

 

 …以上こんな感じです。

 

 参考になれば幸いです。

 

 

技能レベルアップのススメ

 f:id:caunserahomare:20180429163625j:plain

 通常技能が、そのLVに達するのに必要な経験点を表にしてみました。

 正直、ルールブックの記述だけではちょっとわかりにくいし運用しにくいので。


 目標LVのexp-現在LVのexpの計算をすれば、必要な経験点がわかります。

 例)
  現在LV4/exp8
  目標LV11/exp27
  必要な経験点は19点。



LV exp
1  2  係数2
2  4
3  6
4  8
5 10
6 12 ここが間違え易い5→6は2点でok

7 15  係数3
8 18
9 21
10 24
11 27

12 32  係数5
13 37
14 42  
15 47
16 52
17 57
18 62
19 67
20 72
21 77

22 87  係数10
23 97
24 107
25 117




【参考記事】

ダブルクロスの達成値の確率計算
http://d.hatena.ne.jp/rero/touch/20050612/p3

 ダイスを1増やすより、技能を1増やす方が概ね費用対効果に優れていることが、わかります。


 ダイス19/cr7/修正0

 ダイス7/cr7/修正10

 期待値(31以上が出る確立約70%)だけで言うなら、この二つはほぼ等価値です。


 常用頻度の高いcr7を例に取ると、ダイス12以降のコストは、達成値上昇に回した方が高効率となります。


 安易にエフェクトに注ぎ込むより、まずは侵蝕コスト0の常時効果(技能LVアップ)で、安定命中の達成値+10=確実なダメージ+1Dを身につけた方がいいかもしれません。

【参考】ルールブック2にある、利用価値の高いエフェクト

f:id:caunserahomare:20180427153430j:plain

【参考】ルールブック2にある、利用価値の高いエフェクト


●エンジェルハイロゥ
 《光の手》:感覚でRC
 《光速の剣》:ガード無視


●バロール
 《グラビティガード》:ガードアップ
 《瞬速の刃》:白兵射撃ダイスアップ
 

●ブラックドッグ
 《加速装置》:行動値ブースト
 《サイバーアーム》:素手を武器に
 《磁力結界》:ガードアップ
 《ハードワイヤード》:武器内蔵
 《バリアクラッカー》:装甲ガード無視
 《ポルターガイスト》:攻撃力中アップ


●ブラムストーカー
 《紅の刃》:RC単体攻撃
 《鮮血の網》:RC範囲攻撃
 《赤色の従者》:従者召喚
 《滅びの一矢》:射撃ダイスアップ


●キュマイラ
 《一角鬼》:5m素手武器
 《復讐の刃》:白兵カウンター
 《増腕》:ピュア範囲攻撃

●エグザイル
 《異形の守り》:オートバステ回復
 《命のカーテン》:遠隔カバー
 《爪剣》:白兵攻撃力アップ
 《貫きの腕》:ガード無視
 《デビルストリング》:オートエフェクトキャンセル
 《貪欲なる拳》:白兵ダイスアップ
 《命の剣》:攻撃力中アップ


ハヌマーン
 《音速攻撃》:白兵射撃ダイスアップ
 《影走り》:エンゲージ突破
 《かまいたち》:射程視界化
 《浸透撃》:ガード無視
 《スタートダッシュ》:セットアップ移動
 《先手必勝》:行動値ブースト
 《波紋の方陣》:遠隔ダメージ軽減
 《疾風迅雷》:ピュア必中


モルフェウス
 《インスタントボム》:装甲無視攻撃
 《ヴィークルモーフィング》:乗り物造り
 《砂の加護》:ダイス補助
 《砂の祝福》:遠隔カバー
 《砂の刃》:RC攻撃
 《パラライズ》:RC範囲攻撃
 《サポートデバイス》:ダイス大アップ


ノイマン
 《生き字引》:意志で情報収集
 《ヴァリアブルウェポン》:武器多数扱い
 《支援射撃》:ダイス補助
 《ファンアウト》:セットアップ移動
 《守りの弾》:攻撃キャンセル
 《勝利の女神》:達成値ブースト
 《常勝の天才》:ピュア攻撃力大アップ支援


●オルクス
 《形無き剣》:白兵射撃ダイスペナルティ
 《茨の戒め》:至近可のRC攻撃
 《妖精の手》:判定ダイス補助
 《力の法則》:ダメージダイスブースト


●サラマンダー
 《氷の回廊》:マイナー飛行移動
 《灼熱の砦》:攻撃力アップ
 《氷盾》:ガードアップ
 《氷雪の守護》:ダメージ軽減
 《炎の加護》:マイナーダイスアップ
 《炎の刃》:白兵射撃攻撃力アップ
 《クロスバースト》:攻撃力大アップ
 《閃熱の防壁》:遠隔ダメージ軽減


ソラリス
 《タブレット》:射程視界化
 《奇跡の雫》:オートで復活


◆一般エフェクト
 《マインドエンハンス》:精神社会クリティカル-1


◆レネゲイドビーイング
 《ヒューマンズネイバー》:衝動判定ダイスアップ
 《オリジン・アニマル》:素手攻撃力アップ
 《オリジン・コロニー》:バステ回復
 《オリジン・サイバー》:社会達成値ブースト
 《オリジン・プラント》:感覚達成値ブースト
《オリジン・レジェンド》:精神達成値ブースト

 
 ざっくりこんな感じです。


 これらが無いと…

 サラマンダーガード
 ノイマン多刀流
 サイレン使い
 エンハイ感覚RC
 オルクス物理アタッカー
 
 …等のセオリービルドが成立しません。


 ルールブック1のみの場合、アタッカーはガード無視エフェクトが無い為、固定値で押し切るビルドが求められます。

 支援キャラは、《加速装置》などで行動値ブーストができないのと、《妖精の手》や《力の法則》等のオートアクションエフェクトが無いのが寂しいところです。





caunserahomare.hatenablog.com

【18.5.8更新・16体】ルールブック1しかない人の為の強いコンストラクションビルドを考えてみました

f:id:caunserahomare:20180427150121j:plain

 とりあえずルールブック1だけ買った!
 でも、サンプルキャラは微妙。
 手っ取り早くどんなビルドが強いか知りたい!

 …という需要に向けての記事です。



●アタッカーなら射撃ビルドがテッパン

 行動の遅さと移動の手間を、わずかな攻撃力上昇にトレードオフするなら白兵という選択もありです。

 RC(レネゲイドコントロール=魔法的攻撃)に至っては、性能だけで言うならほとんど見るべきところがありません。

 キュマイラピュアのサンプルキャラ"不確定な切り札"君。アレはアレで一つの完成形なので、使っても大丈夫です。



●支援キャラはサンプルで充分

 サンプルキャラの"深緑の使徒"さんでテッパンです。
 《妖精の手》とか《力の法則》とか《加速装置》とか無いので、いじりようが無いです。



●防御や回避やペナルティ付加は不要

 上手に使えば一定の効果は期待できますが、それらに廻すコストを攻撃力に回した方が、戦闘終了を早め、結果的に生存率を高めます。
 基本的にそういうゲームバランスです。




以下、ビルド例。



◆◆◆◆ 射撃ビルド ◆◆◆◆

 まずは、使いやすくて強いテッパンの射撃ビルド。

 白兵より圧倒的に行動順が早く、接近しなくても攻撃できます。デメリットも特に無しです。データだけでいうなら、これにしない理由はありません。

 エンジェルハイロゥ・《小さな塵》《マスヴィジョン》を軸に構成していくのが基本となります。





●エンジェルハイロゥ×ブラムストーカー
"射撃単体アタッカー"

能力値1821

《小さな塵》1 2.4
《赤き弾》1 2.4
《ブラッドバーン》1 4.8
《マスヴィジョン》3 20

100%/侵蝕14/攻撃力41/ダイス11/HP-8

 武器は大型拳銃(攻撃力5)を使用。
 ウェポンケースも常備化しましょう。

 技能は〈調達〉4となるべく〈射撃〉ですね。

 ルールブック2無しでも問題無いエフェクト構成が可能です。

 オートバステ回復《瞑府の棺》、範囲化《血の宴》、ガード無視《光の剣》、装甲無視《ピンポイントレーザー》など、基本ルールブックだけで十二分な成長性も担保されています。
 
 Dロイスやアージエフェクトなど、拡張ルールに頼らなくても安定した高火力が発揮できます。

 
 



●エンジェルハイロゥ×ブラムストーカー
"射撃範囲アタッカー"

能力値1821

《小さな塵》1 2.4
《赤き弾》1 2.4
《血の宴》1 
《マスヴィジョン》3 20

100%/侵蝕13/攻撃力33/ダイス11/範囲/HP-3

 武器は大型拳銃(攻撃力5)を使用。
 ルールブック2無しでも問題無いエフェクト構成が可能です。

 上記のキャラのエフェクトを変えた範囲攻撃バージョンです。
 この記事の中でのイチオシビルドです。





●バロール×エンジェルハイロゥ
"射撃単体アタッカー@時の棺"

能力値1731

《小さな塵》1
《マスヴィジョン》3
《時の棺》1
《孤独の魔眼》1

100%/侵蝕10/攻撃力29/ダイス10

 大型拳銃(攻撃力5)を使用します。

 《時の棺》はボスの攻撃を一回潰せる≒仲間全員分のロイスを一つ守る事ができる…という、大変利用価値の高いエフェクトです。

 敵の範囲攻撃を一人で受ける《孤独の魔眼》も、自己犠牲ながらパーティーリソースを守るために(全員揃ってエンディングを迎える為に)利用価値が高いエフェクトです。

 どんなパーティーに入っても、しっかり活躍できます。






●ブラムストーカー×バロール
"範囲射撃アタッカー@時の棺"

能力値1731

《赤き弾》1 2.4
《血の宴》1
《ブラッドバーン》3 12.16
《時の棺》1

100%/侵蝕11/攻撃力25(大型拳銃)/ダイス10/範囲/HP-8

 範囲射撃の仕事をしつつ《時の棺》も使える優れたキャラです。
 装甲無視とガード無視が無いので、将来的に伸び悩みますが、単発使用なら問題ありません。


 


●エンジェルハイロゥ×モルフェウス
"範囲射撃アタッカー"【EA適合】

能力値1812

ハンドレッドガンズ》1 5.6
ギガンティックモード》1 
《小さな塵》1 2.4
《マスヴィジョン》3 20

100%/侵蝕11/攻撃力30/ダイス11/範囲

 武器を持ち歩かなくて良いので、学生キャラなどにオススメのビルドです。

 前出のエンジェルハイロゥ×ブラムストーカーバージョンよりも若干攻撃力が劣りますが、範囲攻撃に回数制限が無い・情報収集力が高いという利点があります。

 範囲攻撃さえしなければ、侵蝕8でクライマックス火力を廻せるのも、使いやすさにつながっています。

 初心者にもオススメのビルドです。

 《ハンドレッドガンズ》は飛び道具ならなんでも良いので、カードでもスリングでもダーツでも弓矢でもOKです。
 GMの許可が出れば、スチールトランプやネビュラチェーンや居合いの真空刃やヨーヨーやエアロスミスやミサイルなどでもOKです!
 キャラの個性を出すのに大いに利用しましょう。




●ブラムストーカー×モルフェウス
"範囲射撃アタッカー"

能力値2811

《赤き弾》1
《血の宴》1
《ブラッドバーン》3
《砂の結界》1

100%/侵蝕11/攻撃力25(大型拳銃)/ダイス11/範囲/HP-7

 範囲攻撃とカバーリングで活躍するシブイキャラです。
 《時の棺》はちょっとえげつないなあ…という方にオススメです。




 



◆◆◆◆ 白兵ビルド ◆◆◆◆

 キュマイラの《フルパワーアタック》と、長射程白兵武器・ワイヤーウィップの利用が基本となります。

 ルールブック1にはガード無視エフェクトが無いので、パワーで押し切るスタイルが上等となります。

 接近戦で戦うスタイルにこだわりがあるので無い限り、射撃ビルドの方が、早くて接近の手間も無いのでオススメです。




●キュマイラ×サラマンダー
"白兵単体アタッカー"

能力値8112

《獣の力》1 2.4
《炎の刃》1 2.4
《終末の炎》1 5.10
《フルパワーアタック》3 15.20

100%/侵蝕12/攻撃力44/ダイス11/HP-10

 攻撃力特化ビルドです。

 武器はワイヤーウィップ(攻撃力6)を利用する事になります。

 ルールブック2があれば、《炎の刃》1《終末の炎》1《クロスバースト》1《フルパワーアタック》3、武器は両手剣、攻撃力52(侵蝕14)。…というより尖った構成にできます。

 より応用性を上げるなら《獣の力》を、カバーリングエフェクトの《軍神の守り》にするのもオススメです。
 




●キュマイラ×ブラムストーカー
"白兵範囲アタッカー"【EA適合】

能力値6213

《鮮血の一撃》1 
《血の宴》1 
《ブラッドバーン》1 4.8
《フルパワーアタック》3 15.20

100%/侵蝕15/攻撃力34/ダイス12/範囲/HP-8

 武器はワイヤーウィップ(攻撃力6)を使います。

 HPをコストにする&燃費がイマイチ…なので、運用に馴れが必要です。




●キュマイラ×ハヌマーン
"白兵範囲アタッカー"【EA適合】

能力値8112

《一閃》1
《獅子奮迅》1
《破壊の爪》1 9.10
《フルパワーアタック》3 15.20

100%/侵蝕11/攻撃力30/ダイス11/範囲

 上記のキャラより性能は劣りますが、武器を持ち歩かなくて良いので、学生キャラなどには向いています。





●エグザイル×キュマイラ
"白兵範囲アタッカー"

能力値8112

《獣の力》1 2.4
《フルパワーアタック》3 15.20
ジャイアントグロウス》1 2D
《崩れずの群れ》1

100%/侵蝕13/攻撃力30+2D/ダイス11/範囲

 ミドルフェイズで範囲攻撃はできませんが、燃費と攻撃力のバランスが良いです。
 カバーリングエフェクトを持つ余裕もありました。
 白兵としてはイチ押しのビルドです。




●バロール×キュマイラ
"白兵単体アタッカー@時の棺"

能力値7122

《獣の力》1
《フルパワーアタック》3
《時の棺》1
《孤独の魔眼》1

100%/侵蝕8/攻撃力30/ダイス10

 《時の棺》を使いたい場合@白兵バージョンです。





【参考】
●ブラムストーカー×バロール
"白兵範囲アタッカー@時の棺"【EA適合】

能力値5331

《鮮血の一撃》1 +2.+3d
《血の宴》1
《ブラッドバーン》3 12.16
《時の棺》1

100%/侵蝕11/攻撃力22/ダイス11/範囲/HP-7/

 範囲攻撃役がいなかった&射撃キャラがかぶる…時のための白兵範囲ビルドに、お守りの《時の棺》を持たせたキャラ。
 参考までに。









◆◆◆◆ RCビルド ◆◆◆◆

 《光の手》×《マスヴィジョン》コンボが使えない為、RCタイプはどうしても《プラズマカノン》頼りになります。




●サラマンダー
ピュア
"RC単体アタッカー"【EA適合】

能力値4152

《焦熱の弾丸》1 3.4
《終末の炎》1 5.10
《プラズマカノン》3 20
《結合粉砕》1

100%/侵蝕14/攻撃力34/ダイス10/装甲無視

 ルールブック2無しでも問題無いエフェクト構成が可能。

 基本ルール1で、運用安定性も含めたRC単体攻撃最強を目指すとこうなる。

 これだけ頑張っても(侵蝕14)、他ビルドの範囲攻撃レベルの攻撃力しか出せていない。

 射撃ビルドに勝るのはわずかに射程の長さのみ。

 ^^;…





●バロール×サラマンダー
"RC単体アタッカー@時の棺"【EA適合】

能力値2172

《焦熱の弾丸》1
《終末の炎》1
《プラズマカノン》3
《時の棺》1

100%/侵蝕9/攻撃力34/ダイス10

 時の棺を使いたい場合@RC

 装甲無視はないけれど、上記のキャラより燃費が良いため運用しやすい。


 



●サラマンダー×バロール
"RC範囲アタッカー"

能力値2172

《斥力跳躍》1
《黒の鉄槌》1 4.6
《因果歪曲》1 
《プラズマカノン》3 20

100%/侵蝕10/攻撃力26/ダイス10/範囲


 ルールブック1のみの場合、複数回使用可能なRC範囲化の手段はかなり限られてしまいます。
 実質、バロールの《因果歪曲》もしくは、"対象-"を構成して使うブラックドッグの《雷神の鎚》しかありません。

 性能的には、射撃範囲タイプの下位互換に甘んじる事になってしまいます。




【参考】
●ブラックドッグ×ノイマン
"RC範囲アタッカー"【EA適合】

能力値2181

《イオノクラフト》1 
《雷の槍》1 6.8
《雷神の鎚》2 6
《MAXボルテージ》2 10

100%/侵蝕11/攻撃力24/ダイス9/範囲

 上記のサラマンダー×バロールの方が安定して使えます。




【参考】
●サラマンダー×オルクス
"RC三体攻撃"【EA適合】

能力値2163

《縮地》1 
《大地の牙》1 3.4
《要の陣形》1
《プラズマカノン》3 20

100%/侵蝕10/攻撃力24/ダイス9/三体攻撃

 ルールブック1のみの場合、オルクスのRC攻撃は至近不可のものしかありませんorz
 おまけにこのブリードだと、移動エフェクトはゲーム中LV回の《縮地》しかない。
 ダイスも増やしにくい。
 だいぶ茨の道になります。




""
能力値
《》《》《》《》
100%/侵蝕/攻撃力/ダイス/////



参考

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

caunserahomare.hatenablog.com

【18.5.2更新・4体】ちょいサポキャラ@サンプルキャラレギュレーション

f:id:caunserahomare:20180422081915j:plain


 サンプルキャラくらいの強さで、

 アタッカーもこなしつつ、

 仲間をサポートできるエフェクトを運用する。

 そんなキャラの提案です。

 サンプルキャラを使う人と同卓の時に使います。


元ネタ記事↓
caunserahomare.hatenablog.com





 サンプルキャラレギュレーションとは?
 
 ざっくり説明すると、以下の通りです。




1. 攻撃力制限

 単体なら21
 複数体なら10



2.武器制限
 
 市販武器はエフェクト武器が設定されていない場合か、エフェクト武器の補助としてのみ常備化可能。



3.エフェクト制限

 武器エフェクト以外で攻撃力の上がるエフェクトは最大二つまで。





 そんなわけで、サンプルキャラレギュレーションのちょいサポキャラについて。

 サンプルキャラレギュレーションは、性能要求が高くないので、工夫次第でビルドに余裕が生まれます。

 余裕分を、周囲のサポートに回せれば、よりサンプルキャラレギュレーションの意義(不慣れな人とたのしくあそぶ)を達成しやすくなります。
 助け合い。いいですよ。特にダブルクロスは。



 何を以ってちょいサポかというと、オートアクションやセットアップで、仲間に有利に働きかけるエフェクトを運用する事を指します。

 メジャーアクションを使わないサポートなら、アタッカーをしながらでもこなす事ができます。




 具体的なエフェクトは…

・各種カバーリングエフェクトや
《孤独の魔眼》《ミスディレクション


・判定ダイスを増やす
《砂の加護》《支援射撃》


・ダメージダイスを増やす
《力の法則》


・ダメージを軽減する
《波紋の方陣》《閃熱の防壁》


・判定キャンセル
《時の棺》


・達成値ブースト
勝利の女神》《妖精の手》


 …等々です。
 


 以下、キャラビルド案の紹介です。

 サンプルキャラレギュレーションの戦闘力要求基準を満たしつつ、ちょいサポエフェクトを使います。

 1LVで仕事のできるエフェクト(カバーリングや時の棺など)は、大した工夫無しでも積めるので、3LV以上から旨味の出るエフェクトの運用を目指します。

 サンプルキャラレギュレーションの一般的なキャラと比べると、装甲無視エフェクトとサポートエフェクトをトレードオフする形のビルドになります。

 攻撃エフェクトに振り分けられるレベルが少ないので、RCビルドで性能を確保するのは至難の業となります。



◆◆◆◆◆◆◆◆


 
 
●キュマイラ×ハヌマーン
"範囲白兵+遠隔ダメージ軽減" 【EA適合】

能力値8112

《破壊の爪》1
《一閃》1
《獅子奮迅》1
《波紋の方陣》3

100%/侵蝕8/攻撃力10/ダイス11/範囲

ダメージ軽減5Dが飛ばせます。
白兵はかなり組みにくいです^^;

《獅子奮迅》を《フルパワーアタック》にすれば、単体白兵キャラとして運用できます。




●エンジェルハイロゥ×モルフェウス
"範囲射撃+ダイスブースト"

能力値1911

《小さな塵》1
ハンドレッドガンズ》1
《ギカンティックモード》1
《砂の加護》3

100%/侵蝕7/攻撃力10/ダイス12/範囲

判定ダイスブースト4Dが飛ばせます。
仲間はもちろん、自分にも使えます。
情報収集や購入にも活躍してくれます。




●エンジェルハイロゥ×オルクス
"単体射撃+ダメージダイスブースト" 【EA適合】

能力値1722

《光の銃》1
《小さな塵》1
《マスヴィジョン》1
《力の法則》3

100%/侵蝕8/攻撃力18/ダイス10

ダメージブースト5Dが飛ばせます。




ノイマン×ブラムストーカー
"範囲射撃+達成値ブースト"

能力値1281

《コントロールソート》1
《赤き弾》1
《血の宴》1
勝利の女神》3

100%/侵蝕9/攻撃力9(大型拳銃)/ダイス11/範囲/HP-3

達成値ブースト12点
ミドルから使える《支援射撃》にしても良いですね。
《血の宴》を《ブラッドバーン》にすれば、単体射撃キャラとしても使えます。





能力値
《》
《》
《》
《》
100%/侵蝕/攻撃力/ダイス///


能力値
《》
《》
《》
《》
100%/侵蝕/攻撃力/ダイス///




【参考】
caunserahomare.hatenablog.com

【18.4.21更新・8体】射撃@サンプルキャラレギュレーション

f:id:caunserahomare:20180421204027j:plain

「初心者と同卓する玄人さん向けのキャラビルド提案」
 
 …というコンセプトの記事を受けての、

 射撃ビルド紹介ページです。



 元ネタの記事↓
  
caunserahomare.hatenablog.com



レギュレーションは以下の通りです。


1. 攻撃力制限

 単体なら21
 複数体なら10


2.武器制限
 
 市販武器はエフェクト武器が設定されていない場合か、エフェクト武器の補助としてのみ常備化可能。


3.エフェクト制限

 武器エフェクト以外で攻撃力の上がるエフェクトは最大二つまで。





◆◆射撃 単体◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 このレギュレーションにおける、鉄板のビルドです。



●エンジェルハイロゥピュア 【EA適合】
"射撃単体攻撃" 
能力値1821
《光の銃》1   3.4
《小さな塵》3  6.8
《マスヴィジョン》1   10
《ピンポイントレーザー》1  -4.-3

100%/侵蝕10/攻撃力19/ダイス11/装甲無視

 "夢の守り手"さんと同じくピンポイントレーザーを外すと攻撃力があがりますね^^;

 発展性も高いのでキャンペーンでの使用に適しています。
 



モルフェウス×エンジェルハイロゥ+ノイマン
能力値1911

ハンドレッドガンズ》3   7.8
《ダブルクリエイト》1   1.2
《マルチウェポン》1    16.20
ペネトレイト》1 
《コンセントレイト・ノイマン》2

100%/侵蝕8(準備6)/攻撃力20/ダイス11/装甲無視

 閃光の双弾さんが、ルールブック2まで待てたら、こうなっていましたね。

 武器準備にコストはかかりますが、クライマックス燃費も良くミドルからも強い。
 好みによる調整の余地もあります。
 良ビルドですね。

 このレギュレーションにおける、単体攻撃アタッカーとしては、最高の性能です。

 ただし、育てようとすると火力が伸び悩むので、キャンペーン向きではないです。



●ブラムストーカー×モルフェウス
能力値2811
ハンドレッドガンズ》1 
《赤き弾》2
《ブラッドバーン》1
ペネトレイト》1
《コンセントレイト・モルフェウス》3

100%/侵蝕11/攻撃力20/ダイス10/装甲無視/HP-8

 ミドルフェイズでの戦闘力が高いです。

 《ブラッドバーン》と《ペネトレイト》のコンビを、《カスタマイズ》と《クリスタライズ》に入れ替えるビルドも考えられます。

 ミドルの装甲無視はなくなりまが、HP-5コストが無くなり、ダイス+3、攻撃力-2…となります。




●エンジェルハイロゥ×ブラムストーカー 【EA適合】
能力値1821
《小さな塵》3
《マスヴィジョン》1
《光の銃》1
《ピンポイントレーザー》1
 
100%/侵蝕10/攻撃力19/ダイス11/装甲無視

 このレギュレーションでは、ブリードの良さが生かせませんね。
 大型拳銃を持って《小さな塵》1《赤き弾》1《ブラッドバーン》1《マスヴィジョン》3…とかにできると、倍以上の攻撃力が出せるのですが。

 



◆◆射撃 範囲◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 こちらも範囲攻撃ビルドの鉄板です。


●ブラムストーカー×モルフェウス
能力値2811
《赤き弾》1
ハンドレッドガンズ》1
《血の宴》2
ペネトレイト》1
《コンセントレイト・モルフェウス》3

100%/侵蝕10/攻撃力10/ダイス10/範囲/装甲無視/HP-3

 このレギュレーションにおける範囲射撃ビルドの標準モデルといえます。



★エンジェルハイロゥ×モルフェウス 【EA適合】
能力値1911
《小さな塵》2
ギガンティックモード》1
《光の銃》1
ペネトレイト》1
《コンセ・エンジェルハイロゥ》3

100%/侵蝕10/攻撃力10/ダイス11/装甲無視/範囲

 このブリードは相変わらず安定してます。

 《ハンドレッドガンズ》だと、攻撃力がレギュレーションを超えてしまいます^^;

 社会を2にしても大丈夫なので、実用性が高いキャラクターです。

 このレギュレーションにおける、範囲攻撃アタッカーとしては、最高の性能です。



●オルクス×エンジェルハイロゥ 【EA適合】
能力値1722
《要の陣形》2
《形無き剣》1
《光の銃》1
《小さな塵》2

100%/侵蝕9/攻撃10/ダイス10/三体/ドッジ-2D

《要の陣形》のコンボでは、装甲無視と攻撃力がの両立が難しいですね…




モルフェウス×オルクス+サラマンダー 【EA適合】
能力値1713
ペネトレイト》1
《フレイムリング》3
《形無き剣》1
《要の陣形》1

100%/侵蝕10/攻撃力10/ダイス9/装甲無視/三体/ドッジ-2D

 無理矢理感あふれるトライブリード^^;
 単発セッションなら、こんなキャラもアリかもしれません。

【18.4.21更新・11体】白兵@サンプルキャラレギュレーション 

f:id:caunserahomare:20180421203811j:plain

 
caunserahomare.hatenablog.com


 「初心者と同卓する玄人さん向けのキャラビルド提案」
 というコンセプトの記事↑を受けての、
 白兵キャラ紹介ページです。

 
 レギュレーション的には、
 大まかに言って…


1. 攻撃力制限

 単体なら21
 複数体なら10



2.武器制限
 
 市販武器はエフェクト武器が設定されていない場合か、エフェクト武器の補助としてのみ常備化可能。



3.エフェクト制限

 武器エフェクト以外で攻撃力の上がるエフェクトは最大二つまで。


…というレギュレーションです。





◆◆白兵 単体◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 サンプルキャラの"不確定な切り札"君が十分に優秀です。

 キュマイラ×ブラックドッグの能力値構成9111をトライブリードで利用するのがオイシイです。

 トライブリードにモルフェウスを混ぜて、攻撃力が下がらない装甲無視《ペネトレイト》を利用するのもセオリーです。

 同じくブラムストーカー白兵装甲無視《渇きの主》も利用価値が高いです。

 《吠え猛る爪》は、攻撃力が下がるのでこのレギュレーションだと、ちょっと使いづらくなります。



●キュマイラ×ブラックドッグ+ブラムストーカー
能力値9111
《完全獣化》1
《渇きの主》1
《破壊の爪》1
《ハンティングスタイル》1
《オリジン・アニマル》1+2

100%/侵蝕6(準備12)/攻撃力18/ダイス16/装甲無視/HP8回復

 このレギュレーションのセオリー盛り盛りビルドです。
 侵蝕率をコストに、不確定な切り札君が一回り強化された感じになりました。

 レネゲイドビーイング《オリジン・アニマル》は、《破壊の爪》《ハンティングスタイル》との相性が抜群です。
 エフェクト枠に余裕がうまれるので《完全獣化》を取得できました。ここは、カバーリングエフェクトでもいいですね。

 …そもそもこの記事の意義に立ち返ると、あんまり使用をオススメできるキャラじゃないですね^^;
 



●ブラックドッグ×キュマイラ+ノイマン
"マルチ・アームブレード"
能力値9111
《ハードワイヤード・アームブレード》2
《マルチウェポン》1
《》1
《》1
《コンセントレイト・ノイマン》3

100%/侵蝕5/攻撃力18/ダイス12/ガード-10

 相変わらずの安定感です。

 空欄には、
 ダイス増加《コンバットシステム》
 カバーリング《マグネットフォース》
 答えを聞く《インスピレーション》
 装甲大アップ《竜鱗》
 装甲ガード無視《バリアクラッカー》
 …等々をお好みで積めます。



●サラマンダー×ブラックドッグ
能力値8121
《サイバーアーム》1
《炎の刃》1
《マグネットフォース》1
《氷盾》3

100%/侵蝕4/攻撃力9/ダイス11
100%カバーガード/侵蝕5/ガード25

 ガードしながら殴っても、そこまで燃費が悪くはなりません。
 サンプルキャラの紫電さんは、なんであんなふうになってしまったんやろ?



●キュマイラ×ブラックドッグ+モルフェウス 【EA適合】
能力値9111
《インスタントボム》3  6.8
《フルパワーアタック》1  5.10
《》1
《》1

100%/侵蝕9/攻撃力18/ダイス12/装甲無視

 アタッカー性能は確保できているので、エフェクト残り二枠は自由に使えます。
 移動に《ハンティングスタイル》、カバーに《砂の結界》、情報に《サイコメトリー》、装甲に《竜鱗》あたりがオススメでしょうか。

 キュマイラ×エグザイル+モルフェウスにして、《伸縮腕》を利用するのもいいですね。



●ブラックドッグ×キュマイラ+モルフェウス
能力値9111
《ヴィークルモーフィング》2
《エースドライバー》1
《レインフォース》2
《ハンティングスタイル》1

100%/侵蝕6(準備2)/攻撃力18/ダイス14

モーフィングカーⅡ/攻撃力12/装甲12/行動-2

 装甲無視はないものの、低燃費・高ダイスに十分な火力と装甲が付いてきます。
 このレギュレーションだと光るものがあります。





●キュマイラ×オルクス+モルフェウス
能力値7113
《緑の鞭》1 3.4
《フルパワーアタック》1 5.10
《獣の力》2 4.6
ペネトレイト》1

100%/侵蝕11/攻撃力20/ダイス9/装甲無視

 《緑の鞭》の長射程(20m)を活かしたビルド。トライブリードがはかどります。



●キュマイラ×エグザイル+ブラムストーカー
能力値8112
《破壊の爪》1 9.10
《渇きの主》1
《伸縮腕》1
《餓鬼玉の使い》1
《オリジン・アニマル》1+2 6.8

100%/侵蝕8/攻撃力18/ダイス10/装甲無視/視界/HP+8

 カバーリングエフェクトの代わりに、邪毒9点なエフェクトを搭載。







◆◆白兵 範囲◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 白兵の利点である攻撃力の高さが生きないため、射撃ビルドに対する優位性がありません。残念。



●キュマイラ×ブラックドッグ+バロール
能力値9111
《因果歪曲》2
《漆黒の拳》1 
《一角鬼》2
《斥力跳躍》1

100%/侵蝕8/攻撃力10/ダイス12/装甲無視/範囲

 オプショナルシンドロームを使い倒しています^^;




●キュマイラ×エグザイル+モルフェウス 
能力値8112
《インスタントボム》2
ギガンティックモード》1
《獣の力》1
《伸縮腕》1
《コンセントレイト・モルフェウス》3

100%/侵蝕12/攻撃力10/ダイス10/範囲/装甲無視/視界

 《フルパワーアタック》無しでも、レギュレーション上の火力がクリアできます。
 使用回数制限の無い、遠隔・範囲・装甲無視攻撃はなかなか利用価値が高いです。




●キュマイラ×エグザイル+ブラムストーカー
能力値8112
《破壊の爪》1
《渇きの主》1 
《血の宴》2
《伸縮腕》2

100%/侵蝕11/攻撃力10/ダイス11/装甲無視/範囲/視界/HP+8

 これまた盛れるだけ盛ったバージョンです。
 《破壊の爪》は単品1LVで攻撃力10になるので、このレギュレーションだと非常に使いやすいエフェクトです。



●ブラックドッグ×キュマイラ+モルフェウス 【EA適合】
能力値9111
《インフィニティウェポン》2
ギガンティックモード》1
ペネトレイト》1
《ハンティングスタイル》1
《コンセントレイト・モルフェウス》3

100%/侵蝕8/攻撃力10/ダイス11/装甲無視/範囲

 剣を使い捨てながら戦います。
 絵的に結構楽しそうなキャラです。
 能力値構成の為だけに、ブラックドッグのトライにしてあります。

【18.4.21更新・12体】RC@サンプルキャラレギュレーション

f:id:caunserahomare:20180421203711j:plain

 「初心者と同卓する玄人さん向けのキャラビルド提案」
 というコンセプトの記事↓を受けての、
 RCキャラ紹介ページです。

 
caunserahomare.hatenablog.com


 サンプルキャラと同じ組み方をします。
 大まかに言って、


1. 攻撃力制限

 単体なら20
 複数体なら10


2.武器制限
 
 市販武器はエフェクト武器が設定されていない場合か、エフェクト武器の補助としてのみ常備化可能。


3.エフェクト制限

 武器エフェクト以外で攻撃力の上がるエフェクトは最大二つまで。


…というレギュレーションです。





◆◆RC 単体◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 往々にして、火力を侵蝕制限エフェクトに頼る構成になります。
 ミドル火力の低さという弱点も露呈します。
 …頑張って使う雰囲気のビルドになります。



●エンジェルハイロゥピュア
能力値1821
《光の手》1
《光芒の疾走》1
《マスヴィジョン》2
《光の弓》1
《コンセ・エンハイ》3

100%/侵蝕9/攻撃力19/ダイス11

装甲無視が積めませんでした。これなら、射撃バージョンを使った方がよいですね^^;



ハヌマーン×サラマンダー 【EA適合】
能力値3162
《振動球》2
《プラズマカノン》2
《バトルビート》1
《炎陣》1

100%/侵蝕11/攻撃力18/ダイス11/装甲無視

 ミドルフェイズ火力がいまひとつですが、100%では安定した性能になります。
 オマケにカバーリングエフェクトもついています。



●サラマンダーピュア 【EA適合】
能力値4152
《炎陣》1
《結合粉砕》2
《焦熱の弾丸》1
《プラズマカノン》2

100%/侵蝕11/攻撃力19/ダイス11/装甲無視

 ピュアでも組んでみましたが、ハヌマーンクロスとどっこいの性能です。
 システムバランスが絶妙ですね。




モルフェウス×エンジェルハイロゥ
能力値1911
《砂の刃》1
《クリスタライズ》3
《光の手》1
《砂の結界》1
《コンセントレイト・モルフェウス》3

100%/侵蝕10/攻撃力16/ダイス12/装甲無視/ガード-5

 攻撃力自体は低めですが、ダイスも多めで使いやすいです。
 オマケの《砂の結界》は、《サイコメトリー》などの情報エフェクトに変えてもいいですね。

 



●ブラックドッグ×バロール
能力値2271
《雷の槍》3    10.12
《黒の鉄槌》1   4.6
《斥力跳躍》1
《雷の加護》1

100%/侵蝕7/攻撃力18/ダイス11

 装甲無視が積めませんでした。
 トライにして《振動球》を積むとレギュレーションオーバーです^^;
 燃費は良いものの、特にビリビリが使いたい場合以外は出番がなさそうです。



f:id:caunserahomare:20180503135857j:plain







◆◆RC 範囲◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 火力の低さが問題にならないので、割と組みやすいです。
 


●バロール×ハヌマーン
"RC範囲攻撃"
能力値1272
《斥力跳躍》1
《振動球》1
《黒の鉄槌》2
《因果歪曲》2

100%/侵蝕10/攻撃力10/ダイス10/範囲/装甲無視

 ものすごく標準的な性能です。
 「迷ったらコレを使え」



●バロールピュア
能力値1272
《インビジブルハンド》1
《黒の鉄槌》2    
《黒星の門》2
《時の棺》1

100%/侵蝕8/攻撃力10/ダイス11/範囲/飛行解除

 装甲無視はありませんが、回数制限無しで範囲攻撃を使えます。
 そして棺も積んでます。




●サラマンダーピュア 【EA適合】
能力値4152
《ブリザードブレス》1
《灼熱の砦》1
《炎陣》1
《結合粉砕》3

100%/侵蝕12/攻撃力8/ダイス9/範囲/装甲無視

 使用回数制限無しの範囲攻撃で装甲無視もできますが、燃費がイマイチ!



●ブラムストーカー×ノイマン+ハヌマーン 【EA適合】
能力値1281
《ブラッドバーン》1
《振動球》1
《蝕む赤》2
《鮮血の網》2

100%/侵蝕12/攻撃力10/ダイス11/範囲/装甲無視/邪毒9/HP-5

 邪毒でダメージを稼ぎます。
 能力値の為だけに、トライでノイマンを入れてあります^^;




ハヌマーンピュア 【EA適合】
能力値2262
《サイレンの魔女》1
《さらなる波》1
《疾風迅雷》3
《マインドエンハンス》1
《オリジン・レジェンド》1

100%/侵蝕13/攻撃力10/ダイス9/クリティカル9/シーン/装甲無視/ドッジ不可

 やはり、このレギュレーションでも抜きん出た性能です。

 


●オルクス×バロール
能力値1263
《要の陣形》2
《茨の戒め》1 
《黒の鉄槌》2
《斥力跳躍》1

100%/侵蝕7/攻撃10/ダイス9/三体/硬直

 かなり地味ですが、燃費がよいです。



ソラリス×オルクス 【EA適合】
能力値1128
《絶対の恐怖》1 
《大地の加護》3
《領域調整》1
《要の陣形》1

100%/侵蝕10/攻撃力10/ダイス13/装甲無視/三体


 行動値は低いですが《要の陣形》ビルドでは、一番優秀です。

 


以下工事中





能力値
《》
《》
《》
《》
100%/侵蝕/攻撃力/ダイス///

ダブルクロスを遊ぶコツあれこれ

 f:id:caunserahomare:20180416113435j:plain

 ルールブックやリプレイだけではよくわからない、実際プレイしたときのコツについて書いていきたいと思います。


0、サイコロ準備。
 オンラインセッションじゃなければ、用意した方がいいですね。

 最近ではネットで簡単に買えますね。いい時代になりました。

 色も多彩で集めるのも楽しいですが、実用重視なら、クリアー(特にイエローと透明)やマーブル素材は見にくいので、選ばないほうが良いです。

 黒10個、白5個、赤5個…のように三色の20個で揃えておくと便利です。
 侵蝕や支援やペナルティーなどで、頻繁に変動するダイス個数に対応しやすくなります。

 ダイストレーは必須と言ってよいでしよう。ニトリなどでも手に入る、折りたたみ式のレザートレイが便利です。
 イエローサブマリンでは、ダイスポーチがトレーに変形するスグレモノを扱ってます。

 周囲の許可が得られれば、ダイスアプリを使うのも良いかもしれませんね。
 

 



 
1・プレイ開始準備

▼PCナンバーを決めます。
 少ない数字のキャラクター程、メインストーリーに絡みます。

 初めてだからPC1は遠慮しておこうとか、考えなくていいです。
 うまくやろうとか、カッコイイせりふ言わなきゃとか考えなくてもいいです。
 自然に出てくる貴方の言動こそが、唯一無二のストーリーを形作るTRPGという遊びの魅力につながるからです。

 だだし、PC1が支援キャラやガードキャラというパターンはほぼ見ないので、そういったキャラを使いたいときはGMに相談してみましょう。





▼キャラクターデータを決めます。

 GMが提示したハンドアウトの推奨キャラや、レギュレーションに沿って決めればOKです。

 サンプルキャラを使うような、明らかな初心者がいるパーティーに、許されたレギュレーションだからといって、極端に強すぎるキャラを投入しないようにしましょう。

参考↓
caunserahomare.hatenablog.com


 キャラクターが出揃ったら、全員で戦闘の連携について軽く話しておくとよいですね。


 

▼想像を膨らませます。

 まずは、自分のキャラクターデータやライフパスを見て、どんな性格か妄想します。

 キャラクターが出揃ったら、それぞれのキャラとどんな絡みができそうか考えます。

 余裕があれば、ハンドアウトに登場しているNPCとの絡みも考えます。

 可能ならばキャラクターシートを見せてもらって、キャラクターライフパスの共感できる部分や相反する部分を掴んでおくと、絡んだ時に印象に残る良いシーンが作れます。

 それについて、相手プレイヤーさんと話をしておくのも良いですね。

 裏表でどんな感情を設定するかまでメモっておくと、ミドルフェイズでロイスをスムーズに設定できるので、プレイがスムーズになります。

 まだデータの固まりであるキャラクターに心を吹き込む大事な段取りです。

 オンラインセッションなど、事前に十分に時間が取れる場合ならよいですが、コンベンションなどの一見セッションでは、プレイヤー同士も初対面だったりしてなかなか難しい部分ではあります。



 慣れてない人が、事前準備無しでロイスを結ぼうとすると、その都度感情表とにらめっこすることになり、プレイのスムーズさや集中力を疎外する要因になります。
 なので、ロイス結びの準備は結構おろそかにできない段取りになります。



 いろいろ書きましたが、とりあえずなら、

 "P好奇心/N不信感"

 …で取得しておくと、誰が相手でも概ね当たり障りがないです。
 仲間ならPを表に、敵ならNを表にチェックしておきます。

 慣れてきたらランダムで決めて、後付け設定やロールプレイを楽しむのもアリです。
 




2・ミドルフェイズ


▼侵蝕アップでダイスが増える。
 60%で+1D
 80%で+2D
 
 得に60%は忘れがちなので覚えておこう。



▼ロイスを結ぼう!

 7つあるロイスリストは、オープニングが終わった時点で3つの空欄があります。
 コレをなるべくクライマックスまでに埋める事が必要になります。

 プレイ中に接したキャラクターを指定して、意識して取得して行きましょう。

 結び忘れがあっても、後からGMにお願いすれば大丈夫ではありますが、プレイのスムーズな流れで結べるようになると、カッコイイです。
 ここで、前項の準備が生きてきます。
 


 ボスへのロイスは、たいてい倒した瞬間にタイタス化してしまい、バックトラックに利用できません。
 もし持っていたら、ボス戦中に使ってしまいましょう。
 



▼登場しよう

 自分がシーンプレイヤーでなくても、絡みたい状況を見つけたら、侵蝕率なんか気にしないで登場しましょう。

 その時は、登場する目的をしっかり伝えて、シーンが始まる前にGMや他プレイヤーとの意思統一をはかりましょう。

 ~と、ロイスを結びたい。
 ~と、こんな会話をしておきたい。

 など。

 コンセンサス無しで登場しても、ただ登場分の侵蝕が上がっただけで終わってしまいかねません。



 登場したときの注意点として、シーンプレイヤー以外のプレイヤーキャラと絡み過ぎないようにするというのがあります。
 「このシーンではコレをする」という、GMの設定したシーンの主題がブレてしまい、メリハリの無いシーンになってしまいます。





▼情報収集をしよう

 シーン演出の引き出しがある人は、ロールプレイを楽しんでも良いですが、不慣れなうちは、無理せずGMの指示に従ってただ判定するだけでもよいです。

 足りない達成値は、財産ポイントで補えます。使い所なので忘れないようにしましょう。



 GMテクニックになりますが、演出後付けという事にして、目標値や情報の技能は公開してしまうのがオススメです。
 メタではありますが、プレイのスムーズ化に大きく貢献できる手法です。



 キャラクター同士の情報の共有が意外とネックになったりします。
 電話で登場するだけでも侵蝕が上がってしまいますしね^^;

 私がGMをする時は、LINEや掲示板やメーリングリストを活用した事にして、特にプレイヤーの考えのもとに秘匿するものでなければ、シーンを使わなくても共有できている事にしています。 

 ただし、情報をネタに話し合うなら、シーンを用意してキャラクター同士として会話をしてもらいましょう。



 情報収集シーンを廻すテクニックの一つとして、「情報収集を終えたキャラクター同士が集まって会話をしているシーン」を、いきなり始めてしまう。というものがあります。

 「俺の調べによると…(判定)…(GMからの情報出し)…らしいぜ」
 という会話を、各々が行うわけです。
 調査と共有を1シーンで出来てしまいます。




▼購入判定をしよう

 プレイの流れを疎外しないようにシーンが終わった所で、GMに購入判定してよいかどうか確認してみましょう。

 購入する品は事前にある程度リストアップしておいて、ささっと判定を済ませてしまいましょう。

 ●オススメアイテム
 ・応急手当てキット 購入8
 ・レザージャケット 購入7
 ・防弾防刃ジャケット 購入10
 ・鎖帷子 購入10
 ・UGNボディアーマー 購入12




3・クライマックス

 侵蝕管理がキモになります。

 参考↓ 
caunserahomare.hatenablog.com

 

 次の一撃で倒せる敵へ攻撃を行う場合以外は、侵蝕100%を超えるまで、あえて行動を遅らせ、攻撃を受け《リザレクト》を活用してから手番を行うのが一種のセオリーになっています。

 侵蝕100%未満でまだ《リザレクト》を使えるキャラが、侵蝕100%オーバーのリザレクトを使えないキャラをカバーリングするのもセオリーです。

 カバーリングエフェクトによる助け合いは、ロールプレイの良いきっかけになるので、どんどん活用しましょうo(^-^)o




 「どんなに同情に値する事情があろうとも、ジャームは殺すしかありません」
 
 話し合いは通じません。
 助ける裏技もありません。

 苦しく悲しいことですが、これがダブルクロスの魅力の一つです。

 ロールプレイを楽しみましょう。

f:id:caunserahomare:20180417112148j:plain
 


 

4・エンディング

 ミドルで登場するときと同様に、GMや他のプレイヤーとの打ち合わせをしてから、エンディングのシーンを演出しましょう。

 ミドルで振った約束などの伏線を回収できるとおいしいですね。



随時更新
 

RAH(リアルアクションヒーローズ) MGM 美樹さやか(1/6スケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア)

RAH(リアルアクションヒーローズ) MGM 美樹さやか(1/6スケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア)

サンプルキャラ的レギュレーションのビルドについて

f:id:caunserahomare:20180422050538j:plain

 サンプルキャラを使う人がいる卓に、コンストラクションやフルスクラッチのキャラを持ち込める場合。

 たまにありますよね。

 コンストラクションだとしても"普通"にビルドするだけで、サンプルキャラよりはだいぶ強くなってしまいます。

 結果的にサンプルキャラを使っている人の、見せ場や存在価値を喰ってしまう事になりかねません。

 長くTRPGをやっている方なら経験あるのではないでしょうか。
 …自分が初心者で入っている卓で、オレツエー無双されてシラけた経験。
 もしくはやってしまった黒歴史

 まあまあそんなわけで、
「性能をサンプルキャラ以下に押さえる、コンストラクションビルド」の提案です。


 サンプルキャラを検証した結果、以下に示すレギュレーションに倣えば良い感じになるかと思います。



1.対象単体コンボの攻撃力は最大21。
 対象単体以外コンボの攻撃力は最大10。

 範囲攻撃キャラと単体攻撃キャラは、明確に作り分けされています。

 基本ルールブック以外のサンプルキャラだと、範囲攻撃の攻撃力が最大13のキャラクターもいます。



2.市販武器はエフェクト武器を取得している場合のみ、追加という形で常備化可能とする。

 適合する技能で扱える武器エフェクトを持たないブリードならば、この条件を無視しても構わない。
 例・ノイマンピュアやブラムストーカーピュアで、飛び道具を使うビルド。
 ハヌマーンピュアやソラリスピュアで、白兵攻撃を行うビルド。



3.武器エフェクト以外で攻撃力の上がるエフェクトは最大二つまで。

 
 以上こんな感じです。
 結構厳しいですよね^^;

 このレギュレーションを下敷きにサンプルキャラ達を見ると、最適に近いビルドに作られている事がわかると思います。



●レギュレーションの特性

 組んでみると分かるのですが、侵蝕制限のあるエフェクトは、"侵蝕が上がらないと性能が発揮できない"というデメリットが強調される感じになります。 

 侵蝕制限の無いエフェクトを組み合わせて、100%未満の戦闘力を保つビルドにした方が優位性の高いキャラクターに仕上がります。

 そういった意味で、侵蝕制限エフェクトが利用しにくかったトライブリードの欠点が目立たず、その多彩性や能力値構成の融通という利点が生きてきます。

 厳しい制限の中での性能追求という観点から、レネゲイドビーイングの利用価値も高まります。


 攻撃力にキャップがあるので、白兵キャラはアタッカーとしての優位性が殺される形になっています。

 同じ攻撃力ならば、素早く動けて射程も長い射撃ビルドの方が当たり前に優秀です。

 同じ理由で、性能だけを見るなら射撃ではなくわざわざRCビルドを選ぶ理由も薄いです。
 

 …^^;


 色々書きましたが、この記事の意義は「初心者と同卓する玄人さん向けのキャラビルド提案」です。

 初心者さんをうまくサポートできるよう、パーティーの機能を補完するキャラを念頭にビルドしましょう。
 支援キャラ・カバーリング・《力の法則》など、他のキャラをもり立てる機能の搭載を前提にビルドするのもいいかもしれません。



 というわけで、上記レギュレーションに沿って作ってみたキャラクター達を記載していきます。

 白兵・射撃・RC

 それぞれ

 単体タイプ 範囲タイプ

 かなりパターンがあるので暇つぶしがてら、際限無く追加されまくると思われます。



caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com
caunserahomare.hatenablog.com

基本ルール 従者を使いたいの心だー【6体】

f:id:caunserahomare:20180408195412j:plain

 従者についての記事です^^;

 巷では評判があまり芳しくないようですが、実用レベルの従者使いをビルドできないか、検証してみたいと思います。

 召喚した従者のデザインは自由なので、いろいろイメージが広がりますo(^-^)o
 にゃんこまみれの従者使いとかも楽しいですよ(≧∇≦)
 イージーエフェクトも楽しいものが揃っています。

 従者の能力値は平均に高くもできるので、いざという時ミドルフェイズでも活躍してくれます。
 購入とか情報収集とか^^;
 演出はご自由に!


 余談ですが、従者エフェクトは数が多いのに、名称から効果がわかりにくいものばかりです。
 4thエディションが出るなら、変なこだわりは捨てて《従者:HP増加》《従者:召喚数増加》《従者:能力値増加》みたいにしてほしいものです。


 以下、コンストラクション作成のキャラクターデータです。
 ガードタイプと自爆アタッカーの2タイプに加えて、実験的に白兵タイプとそれをアレンジした射撃タイプも作ってみました。

 …サンプルキャラよりは強いデスヨ。



f:id:caunserahomare:20180410144128j:plain


●ブラムストーカー×サラマンダー
"ガード従者使い"

▼コンセプト

 従者をカバーリングで使い潰しても、ロイス一つを守れたならば割に合います。
 侵蝕5でほとんどの攻撃を防げると考えれば!

 本体もガードキャラなら、メジャーアクションを召喚に使っても問題ありません。

 ガードキャラなら能力値判定をする機会が無いので、従者持続中の能力値-3ペナルティーも気になりません。

 行動済みで召喚される従者も、カバーリングエフェクトがあれば問題無く仕事ができます。
 
 いい感じゃないですかー
 従者使いはカバーリングガードビルドと相性が良いですね。

 



●能力値・技能
肉体3/感覚2/精神2/社会5

技能は調達4、残りは意志へ。
常備化15のクリスタルシールドを持つ。

 

●エフェクト

▼《赤色の従者:召喚》1LV
 侵蝕5/HPはLV×5+10

▼《声無き者共:召喚数増加》1LV
 基本侵蝕+7/100%で三体召喚可能

▼《氷盾》3LV
 侵蝕3/ガード+15→20

▼《炎陣》1LV
 侵蝕2/カバーリングする

 1メインプロセス中1回という回数制限があるので注意。
 例えば【自分・従者・仲間・仲間】という構成のエンゲージに範囲攻撃が飛んできた時。
 仲間二人をカバーリングしたい場合でも、《炎陣》でのカバーリングは、本体か従者のどちらか片方しか行えない事になります。



●運用
 
 ひたすら従者を召喚しつつ、仲間を従者と共にカバーリングガードしまくります。

 従者は生き残れそうな攻撃の時だけ《炎陣》や《氷盾》を効率良く利用しましょう。
 本体でも耐え切れなさそうな攻撃は、従者に身代わりになってもらいましょう。

 社会が5と情報収集も得意なので、ミドルフェイズでも活躍できます。

 ホント、一つのスタイルとしてわるくないとおもいます。



●成長・カスタマイズ

 《氷の回廊》を覚えて、ガード従者を離れた仲間にデリバリーしやすくすると、運用の幅が広がります。
 マイナー飛行離脱→メジャー全力移動でも、ガードキャラなら運用上問題ありません。

 サラマンダーのかわりにキュマイラを入れると《氷盾》の安定感には頼れなくなりますが、装甲大アップの《龍鱗》や、効率良くHPを伸ばせる《巨人の生命》、HP大回復の《鋼の肉体》、エンゲージ突破の《ハンティングスタイル》等々を利用できるようになります。
 こちらのビルドもだいぶ面白そうです。

 レネゲイドビーイングの《オリジンミネラル》を利用して、装甲を付けるのもアリですね。

 普通車(常備化8・装甲6)に搭乗してから、車内に召喚すれば車の装甲を共有できますね。
 従者使いのクルマ乗りというレアなキャラが遊べますぜ!
 





f:id:caunserahomare:20180409061400j:plain
 


●ブラムストーカーピュア
"自爆従者使い" 【EA適合】


●コンセプト

 本体の活躍は諦めて、従者専用自爆エフェクト《闇夜の呪い》を使うビルドです。

 起動が遅くて射程も短いけど、成長するとエグイRC範囲攻撃アタッカー…てな感じのキャラです。

 

●能力値・技能

肉体2/感覚4/精神2/社会4

調達4あとは自由。
クリスタルシールドを持つのも良い。



●エフェクト

▼《赤色の従者:召喚》1LV
 侵蝕5/HPはLV×5+10

▼《闇夜の呪い:自爆》2LV
 侵蝕2/範囲選択/攻撃力LV×5

▼《声無き者共:召喚数増加》1LV
 侵蝕基本+7
 100%で3体

▼《赤河の従僕:能力値増加》2LV
 侵蝕基本+3
 能力値5に。行動値は15。
 戦闘移動は20m


●コンボ
"基本:闇夜の呪い!"
侵蝕4/ダイス5/修正0/攻撃力10/範囲選択/至近

"100%:闇夜の呪い!"
侵蝕4/ダイス8/修正0/攻撃力15/範囲選択/至近

…なんとか実用レベルになります。


 
●運用
 従者が撃墜されることをなるべく防ぐため、行動を遅らせてから召喚する。
 …1ラウンド目は攻撃行動ができない。 

 召喚された従者は行動順が来たら、マイナーで移動などしてターゲット付近で自爆。
 もしくはロイスを守れるならカバーリング
 行動順前にやられたらご愁傷様!まあ、ターゲットを受け持ったという事で。



●成長

 従者の行動順が遅いと攻撃前に撃墜されてしまうので《赤河の従僕:能力値増加》やHPは、優先的に伸ばしたい。

 従者を確実に攻撃させるためにはカバーリングガードするのが良い。一般エフェクトの《カバーディフェンス》を利用しよう。

 このビルドの真骨頂、100%エフェクト《愚者の軍団:複数同時召喚》を取得すれば、闇夜の呪いの同時多発爆撃が可能になる。
 最終的には攻撃力30が同時に七回とか飛ばせる。えげつなく侵蝕上がるけど^^;
 この技をボスに使わせてはならない。



●カスタム

 ピュアの特典最大LV+2をあきらめて、クロスブリードにするのも悪くないです。

 バロールとのクロスにすれば、従者に機動力を与える《斥力跳躍》、従者を護る《時の棺》《孤独の魔眼》などが運用できる。
 運用の確実性をとるなら、このブリードがいいでしょうね。

 ハヌマーンとのクロスだと、エンゲージ突破《影走り》、装甲無視《振動球》が便利ですが、ピュアの利点とトレードする程ではないですね。

 キュマイラクロスなら、カバーリング《軍神の守り》、装甲大アップ《竜鱗》、エンゲージ突破《ハンティングスタイル》等が利用できます。

 レネゲイドビーイングの《オリジンレジェンド》を利用して、RC判定を補助できるようにするという手もあります。

 フルスクラッチにするなら、社会を1にして経験点30を作り、お好みで強化すると良いでしょう。





f:id:caunserahomare:20180410172143p:plain



"白兵従者使い"


▼コンセプト
 PCが使う白兵従者の実験的ビルドです。

 結論から言うと、
「従者をカバーリングして守りながら使えば、3ラウンド目でプラスマージンが生まれる」
 という感じです。

 1度に召喚できる数をやすほど、効率の上がるビルドではありますが、それで戦うと燃費が悪くなりすぎます。

 落とし所としては、従者を使ってボス戦で2ラウンド攻撃ができれば、本体の攻撃とも合わせて3ラウンドで4回攻撃ができる計算なので、効率の観点からプラスマージンが生まれる事になります。

 …検証の結果、従者の能力値や行動値やHPを強化して立ち回るよりも、本体を使ってカバーリングガードをするのが、最も確実かつ効率が良い事がわかりました。

 どうせの倒れるタイミングです。エフェクト一枠と侵蝕2点の投資で、+1回行動が買える…と思えば悪くないです。

 
 結果的に白兵従者使いビルドの課題をまとめると以下の4点になります。

・従者作成に1ラウンド消費する。 
・術者と従者が動き出せるのは2ラウンド目から。
・術者は能力値-3。
・従者を守る能力の確保。

 これらの課題をクリアして、費用対効果の帳尻を合わせる事・ならではの強さを発揮できる事…が求められます。



●白兵従者使い

ブラックドッグ×ブラムストーカー+ノイマン

 ハードワイヤードとマルチウェポンで攻撃力を確保するスタイルです。


●能力値・技能
肉体6/感覚3/精神2/社会1

技能は白兵4と、なるべく調達。
なるべく良い防具を常備化しておきたい。



●エフェクト

▼《赤色の従者》1LV
 侵蝕5 HPはLV×5+10
 行動値は9 戦闘移動は14


▼《鮮血の一撃》2LV
 侵蝕2 ダイス+LV+1 HP-2

 本体のダイスペナルティーを乗り越える為と、従者のダイス確保の為に利用します。
 トライブリードでも最大LV4まで伸ばせるので頼りにできます。
 

▼《マルチウェポン》1LV
 侵蝕3 武器を二つ同時に使う


▼《ハードワイヤード:アームブレード》2LV
 基本侵蝕+4
 アームブレード 攻撃力9 修正-1


▼《コンセンレイト:ノイマン》2LV
 本体のみの時に《マルチウェポン》からでもクリティカルさせるために、このチョイスです。



●コンボ
 本体と従者の性能的な違いは、技能修正の値だけになっています。


"基本・従者維持中の本体"
侵蝕7/攻撃力18/ダイス6/CR8/修正2/HP-2

"100%・従者維持中の本体"
侵蝕7/攻撃力18/ダイス10/CR7/修正2/HP-2


"基本・従者"
侵蝕7/攻撃力18/ダイス6/CR8/修正-2/HP-2

"100%・従者"
侵蝕7/攻撃力18/ダイス10/CR8/修正-2/HP-2

…サンプルキャラクラスの戦闘力にはなっています^^;



●運用

 初ターンは行動を遅らせて従者を召喚し、あとは二人で敵を殴ります。


●成長

 早速の課題として、カバーリングエフェクト《マグネットフォース》を習得して、従者を守る必要があります。
 ガードを上げる《磁力結界》や、シーン1回ながら強力な《電磁障壁》等も利用すると良いでしょう。

 幸い、攻撃力強化には《ハードワイヤード》+2LVと《ヴァリアブルウェポン》1LV…経験点25点しかかからないので(攻撃力36)、守りの強化に経験点を廻しやすくなっています。

 《血の宴》を使って範囲攻撃をできるようにすると、従者との連携攻撃がさらに強力になります。



●射撃ビルドに改造!

・能力値を感覚に振る。3621
・《鮮血の一撃》を《滅びの一矢》に
・《ハードワイヤード》をリニアキャノン(攻8/修正-2)に

 以上で、射撃キャラとして運用できます。
 

 攻撃力は若干落ちますが、射程が長いのでターゲット選択の幅が広がりますし、隣接が不要なので狙われにくい位置取りもしやすくなります。

 しかし従者にとっては特に、《マルチウェポン》で-4となる命中修正が重いので、レネゲイドビーイング《オリジン・プラント》を利用して補助してやる必要が出てきます。




f:id:caunserahomare:20180410230949j:plain



 
●サラマンダー×ブラムストーカー

 ガード力の高いサラマンダーとのクロスブリードを組んで、性能を確認してみました。



"サラマンダー白兵従者使い" 【EA適合】

能力値6222
《赤色の従者》1
《鮮血の一撃》2
《愚者の兵装・爪(攻8)》1
《ブラッドバーン》2

100%本体/侵蝕8/攻撃力22(大剣)/ダイス10

100%従者/侵蝕8/攻撃力20/ダイス10


 初プレイ時のクライマックスで、ボスの行動値が高い場合、召喚してもどうせすぐやられてしまうので、従者を使うタイミングは来ないでしょう。

 成長で、カバーリング《炎陣》や、ガードアップ《氷盾》などを取得して、従者のサバイバビリティを鍛えて行きましょう。


 
●射撃ビルドに改造! 【EA適合】
ブラムストーカー×サラマンダー
能力値3621

《赤色の従者》1
《滅びの一矢》2
《愚者の兵装・弓(攻7)》1
《ブラッドバーン》2

100%本体/侵蝕8/攻撃力19(ショットガン)/ダイス10

100%従者/侵蝕8/攻撃力19/ダイス10

 攻撃力は若干落ちますが、汎用性から考えると、こちらの方が運用しやすいですね。



●RCビルドに改造! 【EA適合】
ブラムストーカー×サラマンダー
能力値3261
《赤色の従者》1
《紅の刃》1
《プラズマカノン》2
《ブラッドコントロール》2

100%本体/侵蝕9/攻撃力18/ダイス9

100%従者/侵蝕9/攻撃力18/ダイス9

 100%にならないとポンコツなビルドですが、《血の宴》を取得すればプラズマカノンを範囲攻撃にできるようになります。



亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

基本ルール 《マルチウェポン》×《ハードワイヤード》アタッカー【4体】

f:id:caunserahomare:20180415005854j:plain

●コンセプト
 ノイマンの《マルチウェポン》とブラックドッグの《ハードワイヤード:アームブレード》のコンボを利用するビルド。

 育てるとすぐに攻撃力9の武器を最大5つ同時に使う=攻撃力固定値45という、一線級の性能になります。
 基本ルール環境では、一つの定番となっているビルドです。

 後発サプリによるエフェクト性能の変更で使いにくくなった為(詳細うろ覚え)、基本ルール環境でしかこのデータで運用できません。

 後半には、リニアキャノンを使う射撃型を紹介しています。

 

ノイマン×ブラックドッグ
"アームブレード多刀流"


●能力値

肉体6/感覚1/精神4/社会1


●推奨ワークス

 肉体の上がるもの。
 技能は白兵重視。次点で調達。

 財産ポイントは残しておいて、武器の購入判定に回したい所です。


●エフェクト

▼《マルチウェポン》1LV
 侵蝕3/武器二つを同時使用する

▼《ヴァリアブルウェポン》1LV
 侵蝕3/武器をLV個追加で同時使用する

▼《ハードワイヤード》3LV
 基本侵蝕+4/体内に武器や装置を仕込む
 アームブレード×3
 攻撃力9/修正-1/ガード-5

▼100%《ポルターガイスト》1LV
 侵蝕4
 シーン中、武器一つ分攻撃力上昇



●コンボ

▼基本/アームブレード三刀流
 侵蝕8/攻撃力27/修正+1/ダイス6/ガード-15

 ミドルフェイズで発揮できる攻撃力はシステム随一で、このビルドの最大の特徴といっても良いです。
 
 上昇する侵蝕率と使用する経験点コストに比して、高い攻撃力が出る優秀なコンボです。


▼100%/アームブレード三刀流+α
 侵蝕8+4/攻撃力27+α/修正+1/ダイス9/ガード-15
 
 データ的には基本コンボと同じ三刀流のままですが、100%超によるエフェクトLVの上昇等によって、五刀流が可能になっています。

 初期ビルドではその分の武器を、ミドルフェイズでの地道な購入判定で補う事になります。
 
 購入目標値11の日本刀を二本購入し、攻撃力+10を目指します。

 成長で《ハードワイヤード》のLVを二つ上げれば、この手間は不要となります。

 …フルスクラッチで組めば、最初からこの手間を省くビルドにできます^^;



●運用
 シンプルに近づいて殴るだけ。
 ノイマンなのに情報収集が苦手なのはご愛敬^^;

 初期ビルドでフルポテンシャルを発揮するには、ミドルフェイズでの頻繁な武器購入判定が必要になるため…ちょっとめんどくさいです^^



●成長
 《ハードワイヤード》を5LVに
 白兵技能強化
 調達や社会を伸ばして情報収集力強化

 あとはお好みで。
 死にカウンターの《ラストアクション》とか面白いですね。



●カスタマイズ
 キャンペーンでの使用でないのなら、《ポルターガイスト》までの火力は不要です。
 その分、情報収集力を強化すると良いですね。
 《インスピレーション》や《生き字引》など、ノイマンぽいエフェクトの取得がオススメです。
 というか、初期ビルドで《インスピレーション》を積みたいなら、このビルドが一番適しているかもしれません。




●ビルドバリエーション


f:id:caunserahomare:20180408075941j:plain
▼ブラックドッグ×ハヌマーン+ノイマン
"多刀流@高汎用型"

能力値7221
《マルチウェポン》1
《ヴァリアブルウェポン》1
《ハードワイヤード:アームブレード》3
《獅子奮迅》1

100%/侵蝕12/攻撃力32/ダイス10/修正0/ガード-15/範囲

 範囲攻撃《獅子奮迅》・射程延長《かまいたち》・エンゲージ突破《影走り》を積んで汎用性を向上さていけます。
 基本ルール環境では珍しい、使えるトライブリードです。





●ブラックドッグ×モルフェウス+ノイマン
"多刀流@水晶の剣"

能力値7311

《ハードワイヤード》3
《マルチウェポン》1 18
《ヴァリアブルウェポン》1 27.32
《水晶の剣》1 6.12

100%攻撃/侵蝕8(準備12)/攻撃力44/ダイス10/修正0/ガード-15

 クライマックスの四本目用に刀一本は常備化しておきます。
 侵蝕コストは12もかかりますが、ミドルフェイズ中に《水晶の剣》でアームブレードをそれぞれ強化しておきます。
 ミドルから三刀流で攻撃力33!を発揮します。
 成長して、アームブレード四本+《水晶の剣》3LVになれば、攻撃力固定値は54に達します。




◆◆◆◆リニアキヤノン 射撃型◆◆◆◆


f:id:caunserahomare:20180501114613j:plain

▼ブラックドッグ×ブラムストーカー+ノイマン
"射撃マルチウェポン@リニアキャノン"

能力値3621
《マルチウェポン》1
《ヴァリアブルウェポン》1
《ハードワイヤード:リニアキャノン》3
《滅びの一矢》1
《オリジン・プラント》1

100%/侵蝕10(準備2)/ダイス12/修正2/攻撃力24/ドッジ-6D

 射撃バージョンのビルドです。

 ミドルから射撃で火力が出るので、かなり頼もしい戦力になります。

 判定修正がリニアキャノン一つにつき-2になるため、レネゲイドビーイングの《オリジン・プラント》で補助してやる必要が出てきます。

《滅びの一矢》は後々、範囲攻撃の《血の宴》にコンボする為のものです。

 成長させて《バリアクラッカー》をコンボさせたりすると、かなり強力な攻撃が可能になります。↓こんな感じ。

 侵蝕17/攻撃力32/ダイス12/修正2/ドッジ-8D/装甲無視/ガード無視/範囲選択

 …まず避けられないし、装甲もガードも突破して来る上に、範囲攻撃というえげつなさ!




【ちなみに】
 ノイマンピュアで《ハードワイヤード》に頼らずに、購入判定で武器を揃えるビルドも見たことあるけど、まあいろいろ大変です^^;
 シナリオによっては、購入判定自体できない場合もありますしね。

 どーやって多数の武器を扱っているかは、各自のイマジネーションによります。

参考↓
【画像】刀を3本以上使うキャラwwwwwwwww - にゃんこびより - アニメ系ブログ


ソウルイーター 11 (ガンガンコミックス (0801))

ソウルイーター 11 (ガンガンコミックス (0801))

Figma ペルソナ3 アイギス

Figma ペルソナ3 アイギス

基本ルール 乗り物で戦いたいの心だー【7体】

f:id:caunserahomare:20180406113332j:plain

せっかくある運転・ヴィークルのルールを、なんとか使ってみましょうよという記事です。



●ルール的位置づけ

 ダブルクロス3rdにおけるヴィークルのルール的な位置付けは、ザックリ言うと

"アイテムとして武器と防具と移動力を兼ね備える分、大きくルール的冷遇を受けている"

…といった感じです。

 マニアックな人が頑張って使って、やっと並の性能。しかも使える場所も限られる…というイメージです。



●ダメな点

・そもそもかさばるので持ち込めるシーンに自ずと制限がかかる為、メインウェポンとするには汎用性に欠ける。

・運転とコンボするエフェクトが少ない。
 ガード無視も範囲化も射程延長も難しい。それゆえどうしてもアタッカーとしての伸び代が小さい。

・乗るのに手間がかかる
 射程が短いのに、搭乗なり準備なりにマイナーアクションを要する。《クイックダッシュ》《ハンティングスタイル》など、マイナー飛行以外の移動エフェクトがほぼ必須。至近白兵武器より扱い難い。

・利点であるはずの装甲は、そもそもこのシステムにおいてGMの胸先三寸で呆気なく意味が無くなる代物。

・全力移動が上がるけど、そもそも全力移動自体、ほぼ使う機会が無い。

・メインで使う戦闘移動は、伸びるどころか逆に短くなる。



●利点

・装甲が防具と重複するのでおいしい。
 ザコ戦時の安心材料になる。


・同乗すれば一緒に移動できるので…

→みんなで車の装甲を利用できる。

→互いにカバーリングしやすくなる。

→範囲でしか支援が飛ばせないパーティーにうれしい。

→《孤独の魔眼》前提のガードキャラを有効利用したいパーティーにうれしい。

→範囲でダメージを軽減する《隆起する大地》を活用したいパーティーにうれしい。

→近接射程不可と至近射程のキャラが同乗すると、うまく連携できない可能性がある。

 パーティー全員が搭乗して登場できると、少しシュールですが、戦闘ではおもしろい立ち回りができます。


f:id:caunserahomare:20180416081410j:plain






●《ヴィークルモーフィング》で戦うビルド

 そんなこんなで、運転で戦うビルドを考えてみます。

 まずはモルフェウスの《ヴィークルモーフィング》を利用するキャラクターです。
 ヴィークルを持ち(乗り?)運ばなくて良いのと、市販のものより高性能なのが利点です。
 しかし、一人乗り専用ですf^_^;



モルフェウスピュア
"将来的にロボ"
能力値5412
《ヴィークルモーフィング》2
《エースドライバー》1
《クリスタライズ》2
《クイックダッシュ》1

100%:車LV2/侵蝕8(準備3)/ダイス10/攻撃力21(装甲12)/装甲無視

 基本ルールでロボに乗ろうと考えると、モルフェウスピュアにするしかありません。
 作り立てとしては許容範囲のスペックとはなりますが、範囲化もガード無視もできないので、アタッカーとしての伸び代はいまひとつです。

 一般エフェクトの《クイックダッシュ》でセットアップに敵とエンゲージして《ヴィークルモーフィング》を使う事になります。
なんだか乗り物(ロードローラーだッ!)をぶつけて圧殺した方が早い気もしますねー


 …モーフィングヘリを作れば飛べるので、屋外での戦いならクライマックスボス戦からも一人でトンズラできるかもしれませんねー(・∀・)


 まあ、どうせ一人しか乗れないので、造ったヴィークルのテクスチャー(見た目)をロボにしてしまえば、なんでもアリといえばアリですやん(^O^)b
 この場合、下記のビルドでテクスチャロボに乗るのもアリです。



 f:id:caunserahomare:20180416080525j:plain


モルフェウス×キュマイラ
"単体攻撃力タイプ"
能力値7212
《ヴィークルモーフィング》2
《フルパワーアタック》2
《エースドライバー》1
《ハンティングスタイル》1

100%:車LV2/侵蝕8(準備3)/ダイス12/攻撃力27(装甲12)

 この後《クリスタライズ》を付ければ、最大で攻撃力44(侵蝕12)まで上がります。
 攻撃性能に行き詰まったら、カバーリングの《砂の結界》を習得してから、さらにガード力を強化して立ち回るのがいいでしょう。



モルフェウス×キュマイラ+オルクス
"三体攻撃タイプ"
能力値7212
《ヴィークルモーフィング》2
《フルパワーアタック》2
ナイトライダー》1
《ハンティングスタイル》1

100%:車LV2/侵蝕8(準備3)/ダイス12/攻撃力27(装甲12)

 すぐ後に《要の陣形》を覚えて三体攻撃が可能になります。



モルフェウス×キュマイラ+ソラリス
"範囲攻撃タイプ"
能力値7212
《ヴィークルモーフィング》2
《アドレナリン》1
《フルパワーアタック》2
タブレット》1

100%:車LV2/侵蝕11(準備3)/ダイス13/攻撃力27(装甲12)/距離視界/HP-3

 《アドレナリン》でHPを削りながら運転します。
 《ポイズンフォッグ》を覚えれば、長射程&範囲化攻撃が完成します。乗り物とは何かわからんくなるコンボですね。
 《アドレナリン》からの白兵を《タブレット》で射程変更できるか、ルール的に若干微妙なので、GMとのコンセンサスが必要になるビルドです^^;


 コンストラクションがだいぶ煮詰まって来たので、そろそろフルスクラッチの出番ですね。
 いずれ追記します。





f:id:caunserahomare:20180416092443j:plain


●市販ヴィークルを使うビルド

 価格と性能から言って、普通車一択です。バイクは多少持ち込みやすいかもしれませんが、装甲が無い上に同乗できる人数も限られるので、残念ながらデータ的には論外です。
 
sp.nicovideo.jp
カッコイイんですけどねーバイク


普通車のデータは
「攻撃力10 装甲6 行動値-4 常備化8」です。

 常備化8なので、初期ビルドで社会と調達の合計が4以上必要になります。

 車が持ち込めないと役に立たないビルドではGMに負担がかかるので、車が無くても戦えるような工夫も必要になります。

 そうすると、ビルドのエフェクト枠の余裕から考えても、運転技能ではなく肉体能力値を《コンセイトレイト》に繋ぐ事ができるエフェクトをチョイスすることになります。

 具体的にはソラリスの《アドレナリン》、サラマンダーの《炎神の怒り》、ハヌマーンの《電光石火》です。
 いずれもHPをコストに使用するマゾいエフェクトです^^;
 特に《電光石火》は1D10ダメージです。

 ここまでアタッカー前提に話を進めて来ましたが、同乗移動によるカバーリングガードのしやすさを取って、ガードキャラに車を持たせるというビルドも考えられます。

 同乗移動は《ポイズンフォッグ》で、至近範囲に支援をするキャラとも親和性が良いです。

 イメージ的にはノイマンでも運転できればおもしろかったのになー('A`)
 後発のサプリにないのかなー?

 モルフェウスのイージーエフェクト《折りたたみ》や《テクスチャーチェンジ》を使えば、市販ヴィークルでもヴィークルモーフィングのように扱えるかもしれません。GMさんに掛け合ってみてください。



●サラマンダーピュアブリード
"火の車アタッカー"
能力値4125
《炎神の怒り》2  ダイス+1+LV
《氷の回廊》1  マイナー飛行移動
クロスバースト》2 攻撃+LV×4
《終末の炎》1  攻撃+LV×5 

100%:侵蝕11/ダイス9/攻撃力32(武器なら28)

 単体アタッカーとしては充分に優秀です。
 ダイスは間に合ってるので、せっかくのピュアですが《結合粉砕》は後回しです。
 
 カバーリングの旨味を取るなら、どちらかの火力エフェクトを《炎陣》に替えるのもアリです。

 調達4LV+社会5=常備化18-車8=残り10
白兵武器のワイヤーウィップ(攻撃6)とウェポンケースを常備化すると残り1です。

 社会を5にしてまでワイヤーウィップを持ちましたが、これがあると搭乗したターンにも10m以内なら白兵攻撃が届くので、ターンを無駄にしなくて済みます。ワタシ的には必須です。

 結果的に社会が高めなので、アタッカーながら情報収集でもがんばれます。


f:id:caunserahomare:20180416080944j:plain

●サラマンダー×バロール
"車に乗ったガードキャラ"
能力値3135
《孤独の魔眼》1
《氷盾》3
《炎陣》1
《斥力跳躍》1

 初期ビルドで同乗の利点を生かそうとすると、こんな感じの構成になるでしょうか。
 将来的には《グラビティガード》《時の棺》を揃えて手堅いディフェンダーに成長して行けるキャラクターです。
 
 アイテムは車を前提として、常備化8のジュラルミンシールド(ガード6)とウェポンケースを持ちます。
 ミドルフェイズでは防具を調達しましょう。

 車を諦めて、クリスタルシールド(常備化15・ガード12)と自転車(調達5/常備化1)二人乗り作戦という手段も考えられます。

 成長の方向性として、《蒼き悪魔》《暗黒螺旋》などのダメージ反撃エフェクトを主力にするのもありかもしれません。
 普通のガードキャラよりも、同乗効果でカバーリングを生かしやすい分、活用しやすいはずです。




f:id:caunserahomare:20180416080240j:plain


ソラリス×キュマイラ
"車に乗った支援キャラ、カバーもできるよ" 【EA適合】
能力値3324
《狂戦士》2
《ポイズンフォッグ》2
《ハンティングスタイル》1
《軍神の守り》1

常備化14/残0
普通車/8(装甲6/行動-4)
コネ2つ/2
特殊プラスチックシールド(ガード4)/4


 車+支援+ガードという、他にはない個性を持ったキャラクターです。
車の中に狂戦士化毒霧を充満させます(○∇○)

 仲間は同乗したがると思いますが、搭乗にはマイナーアクションを使うため、エフェクトで武装するキャラクターは搭乗するタイミングがありません。事前にすり合わせしておきましょう。

 移動距離を稼ぐ為に、社会だけではなく、感覚にも能力値を割り振っています。
 カバーリングエフェクトを活かすため、衝動判定対策に精神にも割り振りました。

 同乗の利点を生かして、足止めのかからない移動エフェクト《ハンティングスタイル》を取得しました。
 至近アタッカーを乗せていても、離脱からのエンゲージ侵入ができるので安心です。
 至近アタッカーがパーティーにいないなら、ソラリス×バロールというブリードにした方が便利なビルドにできます。

 成長ではガード強化の《イージスの盾》や、装甲の上がる《竜鱗》を取得しても面白いですね。
 同乗の利点をとことん活かすビルドになります。



ポピニカ魂PX-03 金田のバイク

ポピニカ魂PX-03 金田のバイク

侵蝕率はどこまで上げられるの?

f:id:caunserahomare:20180406224543j:plain

 最初にこのゲームを遊ぶとき、誰もが思う疑問ですね。

 自分は「バックトラック目安表」なるものを作って、プレイ中参照していました。


ロイス数  ×1   ×2    ×3
 1     4    8    12 
 2     8    16    24
 3    12   24    36
 4    16   32    48
 5    20   40    60
 6    24   48    72
 7    28   56    84


 こんな感じの表です。

 例えば、残りロイスが4なら、侵蝕が48までなら×3バックトラックの成功見込みがある…というふうに見ます。

 バックトラックダイスの期待値は、安全マージンを考慮して4に設定しています。
初版では期待値5.5で運用していたのですが…(察して下さいorz)



 もしザックリ許容侵蝕について説明するなら、期待値5.5基準で…

"楽な戦闘でも、フル経験点ゲットを狙えるのはせいぜい30まで"

"二倍振りでも侵蝕経験点が欲しいなら実質40くらいまで"

"厳しめの戦闘で経験点をあきらめるとしても、50あたりがボーダーライン"

…といったところでしょうか。



実プレイ感覚から言うと、

たいていDロイスを積んでいる
+
ロイスは2~3個消費する
(ボス戦は2~4ラウンドで終る)

…ので

 残ロイス4の侵蝕40辺りを落とし所にして、立ち回っていました。

 侵蝕100%を越えたら、1ラウンドあたりの侵蝕上昇アベレージを、10前後にする感じです(コンボを組むときの重要なコツでもあります)。

 この基準で行けば、うっかりロイス3まで削られても、まだ戻ってこれる目がありますし、運良く被害が少なければ、一倍振りで帰ってこられるレベルの運用ができます。



Project BM! 島鉄雄(1/6スケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア)

Project BM! 島鉄雄(1/6スケール ABS&ATBC-PVC塗装済み可動フィギュア)